FXの1000通貨とは?4000円から始められる秘密

1000通貨とは?通貨単位を学ぶ

1000通貨とは?通貨単位を学ぶ

FXの比較サイトや公式サイトでも打ち出されている「1000通貨」という単語。
初めてFXをする方にはあまり馴染みのないワードかと思います。

実はこの1000通貨に対応しているかどうかで、
少額から始められるか、最低いくらからなのかというのが決まってきます。

今回はそんな「1000通貨」単位について、詳しく見ていきたいと思います。

FXの大事な通貨単位

FXには通貨単位というものが存在します。

例えば今回のテーマである「1000通貨」。
他にも「1万通貨」や「100通貨」、最低では「1通貨」まで存在します。

これらは一体何を指しているのでしょうか?

FXは外国為替の取引です。
ドルやユーロと言ったお馴染みの外貨を交換して利益を目指します。

交換するからには2つの通貨が必要であり、この2つの通貨の組み合わせを通貨ペアと呼んでいます。

例えば、米ドルと日本円の組み合わせなら
「米ドル/円」(USD/JPY)
というようにスラッシュを入れて表記をすることになります。

このときスラッシュを挟んだ左側の通貨を主軸に捉えて、通貨単位を増やしていきます。
今回であれば米ドルの通貨単位を考えます。

1000通貨単位であれば、1000ドルの購入から。
1000ドル刻みでの売買になりますので、2000ドル、3000ドル…という風に単位が増えていくのです。

あくまで米ドルの数量で見ていきますので、初めに日本円で●●円分購入するという仕組みではないことに注意が必要です。

どこのFX会社も基準は1万通貨だった

FXの取引単位は、FX会社や口座ごとに異なっています。

実は、従来では1万通貨単位が一番メジャーな単位でした。

1万通貨は他にも1枚1Lotという名称で呼ばれることもあります。
2枚であれば2万通貨、と数が対応して増えていきます。

1000通貨の場合であれば、基本的に0.1Lotと表記するのが一般的です。
※一部会社では1000通貨=1Lotとして扱う場合もあるようです。

その数量の表し方からも、基準になるのは1万通貨であることが伺えます。
1000通貨はより小さい単位である印象を持ちそうですね。

現在でも1万通貨からの取引のみを認め、それ以下は対応していないFX会社は存在しています。

そもそもFX会社で対応していないのであれば、必要資金のハードルを下げること出来ません。

そのためFX会社選びの際には、FX初心者の方は特に通貨単位の対応をしっかりと確認して始める必要があります。

どうして4000円からでOKなのか

どうして4000円からでOKなのか

ではどうして最低資金が4000円程度で済むのでしょうか?

通貨単位の話でもある通り、FXでは通貨を通貨単位ごとに購入、または売却します。
米ドル/円を例に考えるなら、ドルを基準に考えているのが特徴です。

米ドルを1000通貨単位で取引しようとするとき、一番少額で購入して1000ドルです。
では為替が1ドル=100円のとき、日本円でいくら必要でしょうか?

答えは
100(円)×1000(ドル)=100,000円(10万円)
ということになります。

最初に4000円って言ったのに、10万円?話が違う!
と思ってしまった方、もう少し待ってください。

確かに1000ドルを購入して手元に置いておこうと思えば満額10万円が必要です。
しかし、FXにはもっと少額で取引できる仕組み「レバレッジ」があります。

このレバレッジのおかげで最低資金を4000円まで下げることが出来ているのですね。

ではレバレッジの仕組みを見ていきましょう。

FXのレバレッジとは

レバレッジとは、日本語で「てこ」という意味の言葉です。

てこはその仕組みによって、小さいもの・軽いものでも重いものを持ちあげることが出来ます。

FXでは資金に適用して、少ない資金で大きな額の取引を動かせるようにしようというのがレバレッジです。
現在レバレッジは最大25倍までが適用可能です。

先ほど満額で10万必要だったとしても、

10万(円)÷25(倍・レバレッジ)=4000円

というように、実際よりも少ない金額で取引を始めることが出来るのです。

レバレッジはFXの特徴とも言える仕組みです。

実は、FXでは実際に通貨の購入から売却が行われている訳でなく、
その過程で発生した差額のみが支払われています。

利益が出ればFX会社から支払われ、逆に損が出れば我々がFX会社に支払うことになります。

元々外貨の保有を目的としていないので、この方法の方がよりスムーズで利便的なのですね。

また、為替は大きく動いたとしても1日に数円程度です。
1円動いた時の損益は、1000通貨の場合1000円となります。

もし損が出ても差額分のみ支払うため、4000円だとしても十分な額が口座に入っているという見方ができます。

少額から始めるメリット

少額から始めるメリット

1000通貨から少額で始めることは、思っている以上の恩恵を受け取ることが出来ます。

どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

通常の10分の1と少額から始めることが出来る

通常であれば、FXの取引単位は1万通貨です。
このとき必要な最低資金は、レバレッジ最大で考えると4万円ということになります。

初めて投資を始める方には、少し敷居の高い値段になってしまうかもしれませんね。

しかし、1万通貨の10分の1である1000通貨から始めれば、初期資金も10分の1の約4000円から。

4000円程度であれば、お小遣いレベルからというイメージが持てますし、
何より損が出てしまったとしてもマイナスが超過するようなことはありません。

ひとつケタが違うだけで、FXはかなり身近なものになってきます。

リスクを減らすことが出来る

通貨単位を下げることで、少額から始められるという点について書いてきました。

実は、通貨単位によって損益の部分に違いも出てくるのです。

例えば、1万通貨の場合では1円の為替変動で1万円の損益が出ます。

では、1000通貨の場合ではどうでしょうか。
1円の値動きがあれば、1000円の損益になります。

必要証拠金 1円の値動きの損益
1000通貨 4,000円 1,000円
10000通貨 4万円 1万円

利益が減ったという見方が出来る半面、損が大幅に減ったとも取れます。
出来る限りリスクを減らすという点では、少額取引は適していると言えそうです。

因みに勘違いされがちですが、レバレッジ差によって損益に変化が出るということはありません。

取引枚数が同じ場合は、レバレッジ1倍でも25倍でも同じ1万円・1000円の損益になります。

取引枚数を2枚、3枚…と増やした場合のみ、2円、3円…と損益に影響が出ます。
数量を増やしたことによりレバレッジが大きくなり、損益に変化が現れるという場面は存在します。

取引の小回りが利くようになる

最小単位を下げることで、取引調整がしやすくなることもメリットとして挙げられます。

1万通貨であれば1万ドル以上の取引は出来ますが、それ以下に数量を下げることは出来ません。
必ず1万通貨ごとの決済になってしまいます。

しかし1000通貨なら1000通貨ごとの運用が可能。
同じ1万ドルでも、更に細かい決済が出来るようになるのです。

例えば、半分の5000通貨のみを決済して、残りはそのまま取引に使用するケース。
利益確定後も、半分は更なる利益を追求することが出来ます。

逆に損切りから、今後の利益に期待して持ち続けるという方法も。

取引の小回りが利くことは、思っている以上にアドヴァンテージになりますね。

初心者が1000通貨で始めるなら

初心者が1000通貨で始めるなら

それでは実際に1000通貨で取引できるFX会社について見ていきましょう。

もちろん1000通貨で取引できることが大事ですが、それだけではまだ1社に絞り切ることが出来ません。
複数FX会社を使い分ける場合もあります。しかし、初めはメイン口座を1社決めるところから始めましょう。

少額で出来ること以外に優先したいポイントは、以下の通りです。

デモトレード対応社

まず気にしてほしいのは、FXデモトレードに対応しているかどうかです。

デモトレードは無料でFXのお試しが出来る機能です。
仮想のお金が初めからデモ用口座に入っているため、入金しなくても使えるようになっています。

FX初心者の方はまずこのデモトレード対応社で、FXの注文方法や仕組みを肌で感じてみましょう。

サイトのテキストで説明することや、本の解説ではどうしても限界がきてしまいます。
頭では理解しているつもりでも、実際に触ってみると戸惑ってしまいがちです。

そのため本番にいきなり取り組むのではなく、練習でシステムに慣れるというのは大変賢い選択と言えます。

取引に必要な用語も使いながら覚えることが出来ますし、自分に合った取引ルールを見つけられるのも良いですね。

FXに慣れてきた方は、複数FX会社を使いわける前提で使い比べを行うことも出来ます。
ツールの使い勝手・画面の見やすさでぴったりなFX会社を、デモトレードで見つけていきましょう。

システムトレード・自動売買

FXが現在のレベルまで主婦・サラリーマンの副業として親しまれてきた背景には「システムトレード」の功績があります。

システムトレードは、簡単に言ってしまえばプロが作った賢いプログラムが代わって取引してくれる機能です。
感情に振り回されず、ルールに沿った判断を自動で繰り返してくれるのが特徴です。

FXが初めてだと、取引のタイミングを掴みにくいと言われています。
どこで注文をして、どこで決済したらいいんだろう?そんな疑問を取り除いてくれるのがこのシステムトレードです。

特にFXの初心者の方だと、初めての取引では不安を抱いたまま進めてしまうケースがほとんどのようですね。

そうなってしまうと、利益確定のチャンスを逃してマイナスに転落してしまう、など誤った判断をしがち。
いくら感情的になっていないつもりでも、完全に取引をコントロールするのは難しいものです。

システムトレードは利益を100%確定させるものではありませんが、FX初心者の強い味方です。
投資のプロの方でももちろん利用されている方がいます。

実績が気になる方は、デモトレードでの使用可なところを選んでお試しすると良いかと思います。

FX1000通貨のまとめ

ここまで1000通貨と少額取引についてまとめてきました。
もう一度要点をおさらいしてみましょう。

≪取引単位のまとめ≫

  1. FXには取引単位があり、それぞれ対応しているFX会社が決まっている
  2. 通常1万通貨 少額取引向けなのは10分の1の1000通貨
  3. 1万通貨では必要な最低資金は4万円程度 1000通貨では4000円程度
  4. 1円の値動きがある場合、
  5. 1万通貨では1万円の損益、1000通貨では1000円の損益になる

≪1000通貨のメリットまとめ≫

  1. お小遣い程度から始められるので手軽
  2. 少額取引にすることでリスクが小さくなる
  3. 1万通貨に比べて小回りが利きやすい

単位が小さくなっても抵抗がある…という方にはデモトレードでの練習がオススメです。

本番とは心理状況も違いますので、その点を忘れないようにしてお試しをしてみましょう。

1000通貨対応のオススメFX会社

外為オンライン

外為オンライン
おすすめポイント
  1. 初心者に人気!
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. キャッシュバックあり
  5. 外為オンラインの詳細へ

口座開設数50万突破!
初心者にオススメしたいFX会社

4000円と少額から始められるのが、初心者向けFX会社の外為オンラインです。
元AKB48の大島優子さんがイメージキャラクターを務めています。

1000通貨に対応しているので、通常の10分の1の資金から始められるようになっています。
初心者に支持されているのは資金面ではなく、取引の手軽さからもです。

外為オンラインではなんと、賢く代わって自動取引してくれる「iサイクル注文」を搭載!
日中忙しい方や、始めるタイミングに迷っていた方でもお任せでFXが始められてしまいます。

そんな便利な自動売買も、デモトレードで無料練習が可能。

口座開設費などもないので、お試し感覚から始めることが出来ます。

期間限定で5,000円のキャッシュバックキャンペーン中です!

FXブロードネット

FXブロードネット
おすすめポイント
  1. 自動売買が人気
  2. 少額からできる
  3. キャッシュバックあり
  4. FXブロードネットの詳細へ

取引タイミングの悩みから解放してくれるトラッキングトレード

FXブロードネットの最大の特徴は、ユーザーのわがままを実現した賢い自動売買「トラッキングトレード」です。

24時間あなたに代わって、忙しいときや寝ている間も売買を繰り返してくれます。
迷いがちな取引のタイミングをバッチリと掴んで、売買のチャンスを逃がしません。

1000通貨からと少額対応しているほか、使いやすいツールが全て無料なのも嬉しいポイント。

また電話対応から動画セミナーなど、初心者バックアップも万全になっています。

今なら最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中!

またFXに限らず、投資関連では無理ない資金管理が大切です。
取引前にしっかりと不足金はでないか?などの確認を行うようにしましょう。
FXとは?マンガで読めるFX解説 マンガで分かるFX解説