意外と似てる?FXとビットコインの違いと共通点

2017年の大きな値上がりから
ビットコインを始めとする仮想通貨も
投資対象として大きな注目を
集める様になりました

仮想通貨への投資は
実際の通貨への投資と比べて
違いはあるのでしょうか?

ココでは通貨に投資するFXと
仮想通貨に投資するビットコイン取引の
違いと共通点、仮想通貨取引の注意点などを
紹介したいと思います

FXって何と言う人は
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

FXとビットコイン

FXとは

FXは外国為替証拠金取引の略で
様々な国のお金、通貨同士を交換する
取引
のことです

海外へ旅行するときに
手数料を払って円とドルや円とユーロを
交換したことはあるでしょうか?

FXとはこうしたお金同士の両替を
行うものとイメージしておきましょう

ビットコインとは

ビットコインは実際には存在していない
データ上の通貨
、仮想通貨の一種です

仮想通貨では全ての取引が記録され
ブロックチェーンと呼ばれる暗号化によって
偽造や二重の取引等が起こらないようになっています

FXとビットコイン取引の共通点

一般的なFXもビットコインに代表される仮想通貨も
通貨に対して投資を行っているという点は共通しています

FXとビットコインは似ている部分も多いので
まずは共通点を確認してみましょう

利益の狙い方

FXで利益を狙う場合

1ドル100円のときに1万ドルを買っておいて
1ドル101円のときに1万ドルを売れば

100万円で買ったドルが
101万円で売れることになり
1万円の利益となります

仮想通貨なのか
現実に流通している通貨なのか
と言う違いはありますが

ビットコインの取引もFXと同じで
取引レートの変動によって利益を狙います

1BTC100万円のときにビットコインを買ったとすると
1BTC101万円のときにビットコインを売れば

100万円で買ったビットコインが
101万円で売れることになり
1万円の利益が出ることになります

レバレッジ

FXでは資金以上の取引を行える
レバレッジと言う仕組みが採用されています

レバレッジを利用すれば最大で資金の25倍までの取引、
4万円で100万円分の取引を行うことができます。

ビットコインの取引でも
FXと同様にレバレッジを
利用できる場合があります

ビットコインの場合も
最大のレバレッジは25倍
ですが

ビットコインを取引する会社によって
使える最大のレバレッジが異なる
ので

レバレッジを利用する予定のときは
口座開設前に利用できる最大のレバレッジを
確認しておきましょう

レバレッジを利用しない
ビットコインの現物取引に対して

レバレッジを利用したビットコイン取引は
ビットコインFXと呼ばれています

FXのレバレッジは危険!?レバレッジのメリット・デメリットを理解しよう
少ない資金でも大きな利益を狙えるFXのレバレッジ取引。でも気を付けないと思わぬデメリットが?FX初心者が失敗しやすいレバレッジの注意点を解説!レバレッジを正しく理解して効率よく利益を上げる方法とは。

少額から取引できる

株式投資などの投資を始める場合
最低でも十万円から数十万円程度の
資金を用意する必要があります

対して大きなレバレッジを利用できる
FXやビットコインFXでは少額から
取引を始めることができます。

FXの場合、ドル円の取引では
1万通貨なら約4万円、
1000通貨なら約4000円から
取引を行うことができ
FX会社によっては100通貨や1通貨でも
取引を行えます

ビットコインFXも取引所によって
約1000円から1万円程度で始めることができます

FXもビットコインも他の投資商品より
少額から始められるので、気軽に始められる
始めやすい投資となっています

FXの1000通貨とは?4000円から始められる秘密
FXを始めるのには必要な最低資金はいくら?1000通貨取引対応なら4000円からFXを始めることが出来ます。FX初心者には1000通貨取引がおすすめの理由とは?FXの1000通貨取引と1000通貨対応のFX会社について解説します。

ロスカットには注意

FXでは売買中の通貨ペアの損失が
資金に対して一定以上の割合になると
強制ロスカットとなり自動的に取引が
終了してしまう
仕組みがあります

ビットコインFXでも
このロスカットと言う
仕組みが採用されているので
損失の割合によっては自動的に
取引が終了してしまいます

強制ロスカットになってしまえば
資金の大半を失ってしまう
ことになり

急激な値動きが起こると
用意した資金以上の損失が発生してしまい
追加の入金を迫られてしまうことも
あるので、注意が必要です。

ビットコインFXは値動きが激しいので
強制ロスカットにならないように
資金やレバレッジには特に注意しましょう

FXのレバレッジは危険!?レバレッジのメリット・デメリットを理解しよう
少ない資金でも大きな利益を狙えるFXのレバレッジ取引。でも気を付けないと思わぬデメリットが?FX初心者が失敗しやすいレバレッジの注意点を解説!レバレッジを正しく理解して効率よく利益を上げる方法とは。

FXとビットコイン取引の違い

スプレッドの金額

スプレッドは通貨を取引する際の
両替手数料のような物で

FXの場合ではドル円取引では
0.3-1銭程度となっており

100万円分の取引でも
30円から100円程度
です

対してビットコインの取引では
100万円の取引を行うために
1万円
ほどのスプレッドが
掛かってしまいます

ビットコインの取引コストは
FX比べて割高になっているので
取引回数が多くなってしまいそうな場合
注意が必要です。

取引コストの面ではFXの圧勝といえるでしょう。

スワップポイントの有無

FXでは取引している通貨間に金利差がある場合
金利差を埋めるためにスワップポイントと言う
仕組みを利用しています

低金利の通貨を買っている場合は
スワップポイントを支払う必要がありますが

高金利の通貨を買っている場合は
スワップポイントを毎日受け取ることが
できる
ので通貨を買っているだけでも
利益を狙うことができます。

ビットコインの取引では金利差がないので
当然スワップポイントは存在しません

しかし、レバレッジを利用した
ビットコインFXでは毎日0.04-0.05%を
レバレッジを利用するための手数料として
支払う必要があります

ビットコインFXでポジションを持ち越す場合
レバレッジの手数料にも注意が必要です。

スワップポイントで利益を狙う場合は
FXの取引を行うことになります。

FXのスワップポイントとは?為替差益だけじゃないFXの利益
FXのスワップポイントとは? スワップポイントとは、FX取引で得られる利益のひとつです。 FXでは、ポジションを保有してる期...

値動きが大きい

ビットコインの取引ではFXの取引に比べると
値動きが非常に大きい物となっています。

FXでもスイスフランやトルコリラなどを含む
取引量の少ない通貨ペアの取引レートが
一日で10-30%変動することはありましたが

ドル円などの取引量が多い通貨ペアが
10%以上変動する可能性は極めて低くなっています

リーマンショックの影響で
7円の値動きが起こったときや
イギリスがEUの離脱を決める選挙を
行っていたときの8円近い値動きも
大きなニュースにはなりましたが
10%には届きませんでした

対してビットコインの値動きは
一日10%程度なら日常茶飯事といっても
差し支えないでしょう

2017年の初めは
1BTC10万円程度だったビットコインも
年末には200万円を超える程値上がりしたり

2018年の初めには中国での規制強化の影響で
約170万円から100万円程度まで一日で暴落するなど
値動きの激しさは比べ物になりません

ビットコインの取引では値動きが大きい分
大きな利益を狙える可能性もありますが

一瞬で資金を失ってしまう可能性もある
ハイリスクはイリターンな取引といえるでしょう。

取引時間の違い

FXもビットコインも
24時間取引を行うことができますが

FXでは土日は取引を行うことができません

対してビットコインは土日でも変わらず
24時間取引を行うことが可能
になっています

平日、日中は仕事で夕方以降も忙しく
取引時間が取れないという人にとっては

土日に取引を行えると言うのは
大きなメリットになるかもしれません

通貨ペアを選べるか

FXの取引では複数の通貨ペアを選ぶことによって
いろいろな国の通貨を取引することが可能になっています

各国の経済の動向やチャートの分析から
売買のタイミングを計ることができるので

複数の通貨ペアから取引でする通貨を選ぶことで
通貨ペアの数だけ売買のタイミングを増えることになります

対してビットコインの取引ではでは
ビットコインを売買するしかありません

他の仮想通貨がFXで言う通貨ペアにあたりますが
聞いたことのない仮想通貨をいきなり売買するのは
やはり不安が残ります

選択肢が多いということは
それだけ売買のチャンスが多くなる
と言うことなので、複数の通貨ペアを選べる
FXはその分有利
といえるかもしれません。

経済指標の影響

ビットコインと比べると
FXの値動きは世界経済の動向と深く関わっており
各国の経済状況の影響を大きく受けることになるので、

経済指標を始めとする情報などから今後の値動きを
予想することが可能
になっています。

またFXで取引を行っていると
自然と経済ニュースに詳しくなるので
取引以外でも経済知識が役立つ場面が
増えてくるはずです

ビットコインの注意点

サーキットブレイカー

値動きの激しい
ビットコインを始めとした
仮想通貨の取引では

急な取引レートの変動から
顧客を守るために
サーキットブレイカー
と言う仕組みを採用している
取引所があります

サーキットブレイカーは
短時間に大きな値動きが起こると
発動し取引が停止
してしまいます

しかし、本来顧客を守るための制度なのですが

実際にこのサーキットブレイカーが
発動したときに、取引が全くできない状態に
なってしまい、口座にあった資金の
倍以上の損失が出るまで一切取引が
できなかった方もいたそうです。

値動きの激しさから大きな利益を狙える
ビットコインFXですが、反面大きな損失が
発生してしまう可能性も高くなっています。

資金以上の損失が出てしまう可能性も考慮して
レバレッジや取引量には特に注意が必要でしょう。

盗難のリスク

一時ニュースで取り上げられていましたが
ビットコインを始めとする仮想通貨は
ハッキングなどによる盗難のリスクが
伴います

また、まだ普及して間もない仮想通貨は
チェック体制に甘いところがあり

取引を行う取引所によって
セキュリティーよる安全性に
違いが出る
可能性があります

盗難事件以降金融庁が
新たにチェックの強化を行い
チェックの甘い取引所に
指導を行っているので

口座を開設するときは
その取引所が金融庁の
すでに認可を得ているのか
みなし業者のままなのか
などは最低限確認
しておきましょう

信託保全の有無

信託保全とは
顧客から預かっている資産を
守るための仕組みです

信託保全を行っていると
預かった顧客の資産と自社の資産を
分けて管理することになるので

たとえ会社が倒産したとしても
分けて管理している顧客の資産は
そのまま顧客に返還することが
できる
ようになっています

国内で営業している金融庁に認可されたFX会社は
顧客の資産の信託保全が義務付けられています

対してビットコインを始めとする
仮想通貨の取引所では

金融庁に認可されていたとしても
信託保全は義務化されておりません

巨額の盗難事件などで倒産してしまった場合
会社の方針や資産状況によっては
損失が補償されない可能性がある
ということです

2018年の盗難事件以降
セキュリティー強化などと合わせて
自主的に信託保全を始める取引所も
出てきている様なので、万が一にも
失えない金額の取引を予定している場合は
信託保全の有無にも注意した方がいいでしょう

FXとビットコインまとめ

・FXは通貨の両替のイメージ

・ビットコインは実際には存在しないデータ上のお金

・売買価格の変動を利用して利益を狙う

・レバレッジを利用して少額取り引き可能

・ロスカットによる取引終了に注意

・取引コストはFXの方が圧倒的に安い

・FXはスワップポイントでも利益を狙える

・ビットコインはレバレッジ利用料にも注意

・値動きが大きいビットコインはハイリスク、ハイリターン

・ビットコインは土日も取引できる

・経済の影響はFXの方が大きい

・ビットコインはサーキットブレイカーで取引が行えなくなることも

・ハッキングによる仮想通貨の盗難リスクは理解しておこう

・仮想通貨では資産が保障され可能性も

以上、FXとビットコインの違いや共通点
注意点などをご紹介しました

FXと比べるとビットコインを始めとする仮想通貨の取引は
まだまだ安全に取引できる制度が整いきっていない用に感じます

値動きに大きさに魅力を感じて
ビットコインの取引を考えている場合は

様々なリスクを良く理解したうえで
取引を行うようにしましょう