FXとビットコインの違いと共通点。意外に似ている部分も

FXとビットコインの違いと共通点。意外に似ている部分も

過去にはビットコインが注目を浴びる

2017年の大きな値上がりから、ビットコインを始めとする仮想通貨も投資対象として大きな注目を集めるようになりました。

ビットコインを含む仮想通貨への投資はFXのような実際の通貨への投資と比べて違いはあるのでしょうか?

ココでは通貨に投資するFXと、仮想通貨に投資するビットコイン取引の違いと共通点、仮想通貨取引の注意点などを紹介したいと思います。

また↓はウィキペディアでのビットコイン解説です。
ビットコイン:Wikipedia

ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号資産である。

FXって何と言う人は
漫画でFXとは?を優しく学ぶ!おすすめ入門マンガで初心者も安心
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

FXとビットコイン

FXとビットコイン

FXとは

FXは外国為替証拠金取引の略で、様々な国のお金、通貨同士を交換する取引のことです。

海外へ旅行するときに手数料を払って円とドルや、円とユーロなどの通貨を交換したことはあるでしょうか?

FXとはこうしたお金同士の両替を行うものとイメージしておきましょう。

ビットコインとは

ビットコインは実際には存在していないデータ上の通貨、仮想通貨の一種です。

仮想通貨として一番初めに開発され、2009年に登場したのがビットコインです。

紙幣や硬貨は存在していませんが、通貨と同等の価値があるとされていますので買い物や料金の支払い等に使用することもできます。

仮想通貨では全ての取引が記録され、ブロックチェーンと呼ばれる暗号化によって偽造や二重の取引等が起こらないようになっています。

FXとビットコイン取引の共通点

FXとビットコイン取引の共通点

一般的なFXもビットコインに代表される仮想通貨も、通貨に対して投資を行っているという点は共通しています。

FXとビットコインは似ている部分も多いので、まずは共通点を確認してみましょう。

利益の狙い方

FXで利益を狙う場合、

1ドル100円のときに1万ドルを買っておいて、
1ドル101円のときに1万ドルを売れば

100万円で買ったドルが101万円で売れることになり、1万円の利益となります

仮想通貨なのか現実に流通している通貨なのかと言う違いはありますが、ビットコインの取引もFXと同じで取引レートの変動によって利益を狙います。

1BTC100万円のときにビットコインを買ったとすると、1BTC101万円のときにビットコインを売れば

100万円で買ったビットコインが101万円で売れることになり、1万円の利益が出ることになります

レバレッジ

FXでは資金以上の取引を行えるレバレッジと言う仕組みが採用されています。

レバレッジを利用すれば最大で資金の25倍までの取引、4万円で100万円分の取引を行うことができます。

ビットコインの取引でも、FXと同様にレバレッジを利用できる場合があります。

通常、ビットコインの場合も最大のレバレッジは25倍です。

しかし、ビットコインを取引する会社によって使える最大のレバレッジが異なるので、レバレッジを利用する予定のときは口座開設前に利用できる最大のレバレッジを確認しておきましょう。

レバレッジを利用しないビットコインの現物取引に対して、レバレッジを利用したビットコイン取引はビットコインFXと呼ばれています。

FXのレバレッジは危険!?レバレッジのメリット・デメリットを理解しよう
少ない資金でも大きな利益を狙えるFXのレバレッジ取引。でも気を付けないと思わぬデメリットが?FX初心者が失敗しやすいレバレッジの注意点を解説!レバレッジを正しく理解して効率よく利益を上げる方法とは。

少額から取引できる

株式投資などの投資を始める場合、最低でも十万円から数十万円程度の資金を用意する必要があります。

対して大きなレバレッジを利用できるFXやビットコインFXでは、少額から取引を始めることができます。

FXの場合、ドル円の取引では1万通貨なら約4万円、1000通貨なら約4000円から取引を行うことができ、FX会社によっては100通貨や1通貨でも取引を行えます。

ビットコインFXも、取引所によって約1000円から1万円程度で始めることができます。

FXもビットコインも他の投資商品より少額から始められるので、気軽に始めやすい投資となっています。

FXの1000通貨とは?4000円から始められる秘密
FXを始めるのには必要な最低資金はいくら?1000通貨取引対応なら4000円からFXを始めることが出来ます。FX初心者には1000通貨取引がおすすめの理由とは?FXの1000通貨取引と1000通貨対応のFX会社について解説します。

ロスカットには注意

FXでは、売買中の通貨ペアの損失が資金に対して一定以上の割合になると強制ロスカットとなり、自動的に取引が終了してしまう仕組みがあります。

ビットコインFXでもこのロスカットと言う仕組みが採用されているので、損失の割合によっては自動的に取引が終了してしまいます。

強制ロスカットになってしまえば資金の大半を失ってしまうことになり、急激な値動きが起こると用意した資金以上の損失が発生してしまって追加の入金を迫られてしまうこともあるので、注意が必要です。

ビットコインFXは値動きが激しいので、強制ロスカットにならないように資金やレバレッジには特に注意しましょう。

FXのレバレッジは危険!?レバレッジのメリット・デメリットを理解しよう
少ない資金でも大きな利益を狙えるFXのレバレッジ取引。でも気を付けないと思わぬデメリットが?FX初心者が失敗しやすいレバレッジの注意点を解説!レバレッジを正しく理解して効率よく利益を上げる方法とは。

FXとビットコイン取引の違い

FXとビットコイン取引の違い

スプレッドの金額

スプレッドは通貨を取引する際の両替手数料のようなもので、FXのドル円取引の場合で0.3-1銭程度となっています。

これは100万円分の取引でも30円から100円程度の金額です。

対してビットコインの取引では、100万円の取引を行うために1万円ほどのスプレッドが掛かってしまいます。

ビットコインの取引コストはFX比べて割高になっているので、取引回数が多くなってしまいそうな場合は注意が必要です。

取引コストの面ではFXの圧勝といえるでしょう。

スワップポイントの有無

FXでは取引している通貨間に金利差がある場合、金利差を埋めるためにスワップポイントと言う仕組みを利用しています。

低金利の通貨を買っている場合はスワップポイントを支払う必要がありますが、高金利の通貨を買っている場合はスワップポイントを毎日受け取ることができるので、通貨を買っているだけでも利益を狙うことができます。

ビットコインの取引では金利差がないので、当然スワップポイントは存在しません

しかし、レバレッジを利用したビットコインFXでは毎日0.04-0.05%をレバレッジを利用するための手数料として支払う必要があります

ビットコインFXでポジションを持ち越す場合、レバレッジの手数料にも注意が必要です。

スワップポイントで利益を狙う場合はFXの取引を行うことになります。

FXのスワップポイントとは?為替差益だけじゃないFXの利益
FXスワップポイントは為替差益以外で得られるFXの利益のひとつです。通貨の売買のため「安く買って高く売る」取引をイメージしがちですが、実は通貨を持っているだけで利益を生む方法が存在します。通貨を保有するだけという手軽さから、不労所得的な一面も見られるスワップポイントの魅力とは。

値動きが大きい

ビットコインの取引ではFXの取引に比べると値動きが非常に大きいものとなっています。

FXでもスイスフランやトルコリラなどを含む、取引量の少ない通貨ペアの取引レートが一日で10-30%変動することはありましたが、ドル円などのメジャーな取引量が多い通貨ペアが10%以上変動する可能性は極めて低くなっています

リーマンショックの影響で7円の値動きが起こったときや、イギリスがEUの離脱を決める選挙を行っていたときの8円近い値動きも大きなニュースにはなりましたが、10%には届きませんでした。

対してビットコインの値動きは一日10%程度なら日常茶飯事といっても差し支えないでしょう。

2017年の初めは1BTC10万円程度だったビットコインも、年末には200万円を超える程値上がりを記録しました。

2018年の初めには中国での規制強化の影響で約170万円から100万円程度まで一日で暴落するなど、値動きの激しさは比べ物になりません。

ビットコインの取引では、値動きが大きい分大きな利益を狙える可能性もありますが、一瞬で資金を失ってしまう可能性もあるハイリスクはイリターンな取引といえるでしょう。

取引時間の違い

FXもビットコインも24時間取引を行うことができますが、FXでは土日は取引を行うことができません

対してビットコインは土日でも変わらず、24時間取引を行うことが可能になっています。

平日、日中は仕事で夕方以降も忙しく取引時間が取れないという人にとっては、土日に取引を行えると言うのは大きなメリットになるかもしれません。

通貨ペアを選べるか

FXの取引では複数の通貨ペアを選ぶことによって、いろいろな国の通貨を取引することが可能になっています。

各国の経済の動向やチャートの分析から売買のタイミングを計ることができるので、複数の通貨ペアから取引でする通貨を選ぶことで通貨ペアの数だけ売買のタイミングを増えることになります。

対してビットコインの取引では、ビットコインを売買するしかありません。

他の仮想通貨がFXで言う通貨ペアにあたりますが、聞いたことのない仮想通貨をいきなり売買するのは、やはり不安が残ります。

選択肢が多いということはそれだけ売買のチャンスが多くなると言うことなので、複数の通貨ペアを選べるFXはその分有利といえるかもしれません。

経済指標の影響

ビットコインと比べると、FXの値動きは世界経済の動向と深く関わっており各国の経済状況の影響を大きく受けることになるので、経済指標を始めとする情報などから今後の値動きを予想することが可能になっています。

またFXで取引を行っていると、自然と経済ニュースに詳しくなるので取引以外でも経済知識が役立つ場面が増えてくるはずです。

ビットコインの注意点

ビットコインの注意点

サーキットブレイカー

値動きの激しいビットコインを始めとした仮想通貨の取引では、急な取引レートの変動から顧客を守るために”サーキットブレイカー”と言う仕組みを採用している取引所があります。

サーキットブレイカーは、短時間に大きな値動きが起こると発動し取引が停止してしまいます。

しかし、本来顧客を守るための制度なのですが、実際にこのサーキットブレイカーが発動したときに、取引が全くできない状態になってしまい、口座にあった資金の倍以上の損失が出るまで一切取引ができなかった方もいたそうです。

値動きの激しさから大きな利益を狙えるビットコインFXですが、反面、大きな損失が発生してしまう可能性も高くなっています。

資金以上の損失が出てしまう可能性も考慮して、レバレッジや取引量には特に注意が必要でしょう。

盗難のリスク

一時ニュースで取り上げられていましたが、ビットコインを始めとする仮想通貨はハッキングなどによる盗難のリスクが伴います

また、まだ普及して間もない仮想通貨はチェック体制に甘いところがあり、取引を行う取引所によってセキュリティーよる安全性に違いが出る可能性があります。

盗難事件以降金融庁が新たにチェックの強化を行い、チェックの甘い取引所に指導を行っているので、口座を開設するときはその取引所が金融庁のすでに認可を得ているのか、みなし業者のままなのかなどは最低限確認しておきましょう。

信託保全の有無

信託保全とは、顧客から預かっている資産を守るための仕組みです。

信託保全を行っていると預かった顧客の資産と自社の資産を分けて管理することになるので、たとえ会社が倒産したとしても分けて管理している顧客の資産はそのまま顧客に返還することができるようになっています。

国内で営業している金融庁に認可されたFX会社は、顧客の資産の信託保全が義務付けられています。

対してビットコインを始めとする仮想通貨の取引所では、金融庁に認可されていたとしても信託保全は義務化されておりません。

巨額の盗難事件などで倒産してしまった場合、会社の方針や資産状況によっては損失が補償されない可能性があるということです。

2018年の盗難事件以降、セキュリティー強化などと合わせて自主的に信託保全を始める取引所も出てきているようなので、万が一にも失えない金額の取引を予定している場合は
信託保全の有無にも注意した方がいいでしょう。

FXとビットコインまとめ

・FXは通貨の両替のイメージ

・ビットコインは実際には存在しないデータ上のお金

・売買価格の変動を利用して利益を狙う

・レバレッジを利用して少額取り引き可能

・ロスカットによる取引終了に注意

・取引コストはFXの方が圧倒的に安い

・FXはスワップポイントでも利益を狙える

・ビットコインはレバレッジ利用料にも注意

・値動きが大きいビットコインはハイリスク、ハイリターン

・ビットコインは土日も取引できる

・経済の影響はFXの方が大きい

・ビットコインはサーキットブレイカーで取引が行えなくなることも

・ハッキングによる仮想通貨の盗難リスクは理解しておこう

・仮想通貨では資産が保障され可能性も

以上、FXとビットコインの違いや共通点・注意点などをご紹介しました。

FXと比べるとビットコインを始めとする仮想通貨の取引は、まだまだ安全に取引できる制度が整いきっていないように感じます。

値動きに大きさに魅力を感じてビットコインの取引を考えている場合は、様々なリスクを良く理解したうえで取引を行うようにしましょう。

こんな記事も読まれています

 

 

 

 

 

 

 

運営者
運営者:小林 徹
小林 徹@超入門FXブログTwitter
株式会社モフピュアにて超入門FXブログを担当しています。
初心者の頃はチャート見ただけで面倒さから拒否感が出てましたが。その経験を生かした楽しく分かりやすい解説を心がけています。
正しい知識を身に着け、FXが初めての人でも安心安全に取引ができる一助になれれば幸いです。
運営者情報

当サイトで紹介してますFX会社は全て金融庁に登録されている業者です。しっかりと金融庁により監督されていますので安心してご利用いただけます。
金融庁に登録されている業者一覧ページ

FX会社一覧

外為オンライン

外為オンライン
おすすめポイント
  1. 初心者に人気!
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. キャッシュバックあり
  5. 外為オンラインの詳細へ

口座開設数55万突破!
初心者にオススメしたいFX会社

4000円と少額から始められるのが、初心者向けFX会社の外為オンラインです。
元AKB48の大島優子さんがイメージキャラクターを務めています。

1000通貨に対応しているので、通常の10分の1の資金から始められるようになっています。
初心者に支持されているのは資金面ではなく、取引の手軽さからもです。

外為オンラインではなんと、賢く代わって自動取引してくれる「iサイクル注文」を搭載!
日中忙しい方や、始めるタイミングに迷っていた方でもお任せでFXが始められてしまいます。

そんな便利な自動売買も、デモトレードで無料練習が可能。

口座開設費などもないので、お試し感覚から始めることが出来ます。

期間限定で5,000円のキャッシュバックキャンペーン中です!

FXブロードネット

FXブロードネット
おすすめポイント
  1. 自動売買が人気
  2. 少額からできる
  3. キャッシュバックあり
  4. FXブロードネットの詳細へ

取引タイミングの悩みから解放してくれるトラッキングトレード

FXブロードネットの最大の特徴は、ユーザーのわがままを実現した賢い自動売買「トラッキングトレード」です。

24時間あなたに代わって、忙しいときや寝ている間も売買を繰り返してくれます。
迷いがちな取引のタイミングをバッチリと掴んで、売買のチャンスを逃がしません。

1000通貨からと少額対応しているほか、使いやすいツールが全て無料なのも嬉しいポイント。

また電話対応から動画セミナーなど、初心者バックアップも万全になっています。

今なら最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中!

インヴァスト証券 シストレ24

インヴァスト証券 シストレ24
おすすめポイント
  1. 初心者に人気
  2. 自動売買が使いやすい
  3. 少額からできる
  4. インヴァスト証券 シストレ24の詳細はこちら

直感的でシステムトレードといえばここ

インヴァスト証券 シストレ24は、
初心者でもすぐに理解できる直感的で分かりやすいものです。

システムトレード(シストレ)は、プロが作った賢い自動売買のシステムのことです。
アイコン表示や収益率の表示で、FXに詳しくなくてもボタンを押すだけで設定が出来てしまいます。

シンプルであるにも関わらず、高性能なプログラムを備えているのがインヴァスト証券です。

実際に使ってみた感覚や、
システムの成績が知りたい方は、デモ口座での無料お試しが可能です。

トライオートFX

トライオートFX
おすすめポイント
  1. 自動売買が使いやすい
  2. 少額からできる
  3. 取引コストが安い
  4. トライオートFXの詳細はこちら

自動売買にこだわりたい人向けのトライオートFX

トライオートFXは、シストレ24でおなじみのインヴァスト証券が提供するもう一つの自動売買ツールです。

シストレ24より、更に詳細な注文設定が行えるのがトライオートFXで、
自動売買をもっと自分好みにカスタマイズできます。

操作性はシストレ24同様、シンプルで使いやすい取引画面が特徴で、
取引ツールはスマホにも対応しています。

トライオートFXは1000通貨対応で最低4000円ほどからスタートできるので、
少額から自動売買を始めたい初心者にもおすすめです。

FXトレード・フィナンシャル

FXトレード・フィナンシャル
おすすめポイント
  1. MT4が使える
  2. 自動売買ができる
  3. 少額からできる
  4. FXトレード・フィナンシャルの詳細はこちら

世界で人気のMT4(メタトレーダー4)が扱える国内業者

MT4は海外で人気を集める取引ツールのひとつです。
チャートが非常に便利な上に高性能であり、更にはシステムトレードも行えるツールとなっています。

国内業者では提供が限られますが、それを可能にしているのがFXトレード・フィナンシャル。
小島瑠璃子さんがイメージキャラクターを務め、仮想通貨事業でも有名になっています。

一見難しく感じられがちなMT4ですが、日本人向けにカスタマイズされているのがポイント。

1000通貨対応やデモトレードの提供で無料練習が可能なこと、
スマートフォン対応を行っていることからも、初心者が始めやすい気遣いが伺えます。

FXプライム byGMO

FXプライム byGMO
おすすめポイント
  1. 初心者に人気
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. FXプライム byGMOの詳細はこちら

口座開設者の半数以上が初心者と初めての人に選ばれるFX会社

FX初心者に愛用されているのがFXプライム byGMOです。

1000通貨から少額取引が可能!
初期費用を少なく済ませたい方でも安心して始めることが出来ます。

プロの世界でも活用されているチャート分析が使える「ぱっと見テクニカル」は、
ワンクリックで使用可能で大変便利になっています。

また、マーケット情報の発信も活発です。
中には情報口座として、この口座を持つトレーダーもいるほど!

講師にチャットで質問出来るオンラインセミナーが人気を集めています。