現物のような取引も!FXの低レバレッジ運用

現物のような取引も!FXの低レバレッジ運用

低レバレッジにすれば現物取引と同等のものができる?

日本国内でのFX取引では、25倍までのレバレッジをかけて取引を行うことができます。

レバレッジを利用して資金の金額以上の取引を行えることはFXの最大の魅力の一つです。

少額で取引を始められることから、FXを始めたと言う人も多いのでは無いでしょうか?

しかしFXの取引ではレバレッジを抑えて現物取引のような間隔で取引を行うことも可能となっています。

ここではレバレッジ取引に目が向きがちなFXでの低レバレッジの取引についてのリスクや安全性、メリットやデメリットについてご紹介します。

また↓はウィキペディアでのレバレッジ解説です。
レバレッジ:Wikipedia

自己資本をもって経済活動をする際に利益率を高めたい(正確には変動性:ボラティリティを高めたい)場合、他人資本を用いることで可能となる。

FXって何と言う人はこちらから
漫画でFXとは?を優しく学ぶ!おすすめ入門マンガで初心者も安心
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

現物取引に近い、低レバレッジの取引とは

低レバレッジの取引とは

FXと言うと少額から取引を行えると言う点が前面に押し出されており、大きなレバレッジをかけて取引を行うものと考えてしまいがちです。

しかし、レバレッジを抑えて現物取引のような取引を行うこともできるようになっています。

一般的なFXのイメージから少し離れることにはなりますが、ここでは低レバレッジの取引がいったいどのようなものかを紹介していきます。

現物取引とは

現物取引とはそのときの市場に価格で、売買を行う取引のことです。

投資の世界では持っている資金の範囲内で株式の売買を行う取引などが現物取引にあたることになります。

FXの取引に当てはめるとレバレッジをかけずに資金と同額の取引を行えば現物取引に近い状態と言えるでしょう。

FXの取引でレバレッジをかけている場合では、自分が用意している資金以上の取引を行うことができます。

たとえば1ドル100円のときにレバレッジ25倍で1万通貨分の取引を行ったとすると、

100円×1万通貨÷25=4万円

となるので、4万円の証拠金で100万円分の取引を行っているということになります。

通常4万円の証拠金では4万円分の取引しかできないところをレバレッジを利用することで証拠金の金額以上の取引を行うことができていることになります。

25倍のレバレッジをかけることで証拠金の25倍までの取引を行うことが可能となっているのです。

ではレバレッジをかけないで取引を行う場合を考えて見ましょう。

1ドル100円のときにレバレッジをかけずに1万通貨の取引を行ったとすると

100円×1万通貨=100万円

となり、1万通の取引行うために100万円の証拠金を用意することになります。

この場合では100万円の証拠金で100万円分の取引を行うことになるので資金と同額の取引を行っていることとなり、実際に買った通貨が手元に届くわけではありませんが現物の取引に限りなく近い状態で取引を行うことになります。

このようにFXの取引でもレバレッジを抑えて取引を行うことで現物取引のような取引を行うことも可能となっているのです。

低レバレッジ運用のメリットとは

FXでレバレッジを低く抑えて現物取引に近い取引を行うことによるメリットはあるのでしょうか?

レバレッジを抑えて取引を行う場合、為替変動が資金に与える影響が少なくなり万が一、損失が出てしまった場合に損失を少なく抑えられるということが挙げられます。

FXの取引を行っていた場合、相場の値動きが思惑と外れてしまえば損失が発生することになります。

その際に大きなレバレッジをかけていればいるほど大きな含み損を抱えることになり証拠金に与える影響もレバレッジに比例して大きなものとなります。

特に強制ロスカットとなるほどの値動きが起こってしまえば資金のほとんどを失う結果となってしまう可能性もあります。

しかしレバレッジを低く抑えて取引を行っていれば相場の値動きが資金に与える影響が少なくなった分、大きな損失が発生する可能性も少なくなるのです。

また低レバレッジなら含み損を抱えているとしても、ある程度の相場の変動ならばロスカットや強制決済されず
スワップポイントを受け取り続けることができる為レバレッジを低くし長期保有することにより貯蓄として活用する方法も注目されております。

FXの損益は為替変動の値幅にも左右されるので変動幅によっては損失が拡大してしまう場合もありますがレバレッジを抑えれば抑えるほど大きな損失が発生する可能性は低くなることになります。

低レバレッジ運用のデメリット

次は低レバレッジの取引でのデメリットについて考えてみましょう。

FX取引の最大の特徴はレバレッジを利用することによる資金効率の良さです。

レバレッジを利用しないで取引を行えばFX取引最大の特徴を利用しないということになり、資金効率が大幅に低下することになってしまいます。

資金効率が低下するということは、その分だけ大きな資金を用意する必要が出てきてしまうということです。

FXで1ドル100円のときに1万ドルの取引を行いたいとすると、

レバレッジ25倍の場合では、約4万円

レバレッジ10倍の場合では、約10万円

レバレッジ5倍の場合では、約25万円

レバレッジを利用しなければ約100万円

の証拠金を用意することになります。

1万通貨の取引でドル円が一円動いた場合の損益は1万円です。

どの場合でも発生する損益に違いはありませんが同じ1万通貨の取引を行ったとしても用意する必要がある資金に大きな違いが生じてしまいます。

FXではレバレッジを上げれば上げるほど取引できる通貨の量が増えるので、

レバレッジを大きくすればするほど、同じ資金で大きな利益を狙うことができることになります。

レバレッジをかけたほうが変動幅に対する損益が大きくなるので、短時間のうちに少ない資金で利益を狙うことができるようになるのです。

レバレッジを低く抑えてしまうとその分狙える利幅も小さな物となってしまうので注意しましょう。

低レバレッジの取引にリスクはあるか

低レバレッジの取引のリスク

レバレッジを抑えた低レバレッジの取引では、通常のFX取引のように大きなレバレッジをかけての取引は行わないことになります。

レバレッジを抑えた取引を行うことによって大きなレバレッジをかけた取引のように少額の資金で大きな取引を行えるといったFX最大のメリットを利用する事ができないことになってしまうのです。

FXメリットを捨てて行うことになる低レバレッジの取引では、大きなレバレッジをかけた取引と比べるとリスクにどの程度の違いが生じることになるのでしょうか?

低レバレッジでもリスクが変わらない場合も

「レバレッジが高ければ取引のリスクが高くなってしまい、レバレッジが低く抑えれば取引のリスクが低くなる」

と考えている方が多いと思いますが、レバレッジだけで取引のリスクを完全に判断することは出来ません

確かにレバレッジを大きくして取引を行えば用意してある資金に対して発生する損益の割合が大きくなるのでリスクが高くなっているように感じてしまいますが、レバレッジの高低に関わらず同じ量の通貨の取引を行えば同じ金額の損益が発生することになります。

損益の金額として考えた場合、低レバレッジで取引を行ったとしても為替変動による影響は全く変化しないと言うことになります。

強制ロスカットを考えなければレバレッジではなく通貨の取引量がリスクに大きな影響を与えることになるので、リスクを考える場合レバレッジだけでなく自分が取引している通貨の量にも目を向けるようにしましょう。

強制ロスカットのリスクに大きな違いが

低レバレッジで取引を行う場合、大きなレバレッジをかけた場合と比べて強制ロスカットが行われるタイミングが大きく異なることになります。

1ドル100円のときに1万通貨の買いポジションを持っていたとすると必要証拠金は約4万円となります。

レバレッジ25倍の場合では証拠金維持率が50%だったとしてもレバレッジ25倍ので取引を行うと証拠金は4万円となり、二万円の含み損が出てしまった時点で強制ロスカットとなってしまいます。

つまり為替レートが1ドル100円から98円になった段階でロスカットされてしまうことになります。

対してレバレッジをかけずに取引を行っていた場合で考えると、レバレッジをかけない場合の証拠金は100万円となります。

必要証拠金の50%は2万円なので98万円の含み損が出るまで強制ロスカットが行われないことになります。

1ドルが2円になるまで強制ロスカットが行われる事はないので、現在の相場の値動きを考えると可能性はゼロ近いと考えても問題は無いでしょう。

このようにロスカットのタイミングは証拠金の金額によって大きく変わることになるので

証拠金が多く必要になる低レバレッジの取引では強制ロスカットのリスクは非常に低くなると考えてもいいでしょう。

必要証拠金の違い

低レバレッジとハイレバレッジで取引を行った場合、レバレッジによって必要となる証拠金に違いが出ることになります。

同じ証拠金で取引を行うならレバレッジを高くしたほうが取引できる通貨の量が多くなることになります。

逆に低レバレッジの取引では現物取引に近づくことになりレバレッジを下げるほど必要な証拠金の金額が増えることになります。

この取引できる通貨量の違いは損益の金額にも大きな影響を与えレバレッジを上げれば上げるほど少ない値動きで大きな損益が発生することになるので短期間でも大きな利益を狙えるようになるのです。

反面、損失の金額も大きな物となってしまうのでレバレッジを上げれば上げるほど資金に対して損益の割合が大きな物になることになります。

資金に対する損益の割合として考えた場合、ハイレバレッジの取引はハイリスク・ハイリターンなものになるので取引のリスクを考える場合はレバレッジだけでなく自分の用意した資金の金額や強制ロスカットのライン、予想される損益の金額等を考慮して判断するようにしましょう。

低レバレッジ取引のまとめ

低レバレッジの取引では、ハイレバレッジの取引のように用意した資金に対して大きな量の通貨の取引を行うことが出来ません。

資金に対して発生する損益はレバレッジの大小によって左右されることになるので用意した資金、取引する通貨の量、強制ロスカットになってしまうラインやどのくらいの損益が発生する可能性があるのか考慮したうえで、どの程度のレバレッジをかけて取引を行うのかを判断するようにしましょう。

証拠金がギリギリの状態で取引を行っているとすぐに強制ロスカットとなってしまい、値動きの予想が当たっていたとしてもうまく取引を進められない可能性もあります。

ポジションが強制ロスカットになるようではFXで安定した利益を狙うことは難しいので、取引する通貨の量を決めるときは自分が予想した値動きの範囲内で強制ロスカットにならないようにレバレッジをコントロールして取引を行うようにしましょう。

こんな記事も読まれています

 

 

 

 

 

 

 

運営者
運営者:小林 徹
小林 徹@超入門FXブログTwitter
株式会社モフピュアにて超入門FXブログを担当しています。
初心者の頃はチャート見ただけで面倒さから拒否感が出てましたが。その経験を生かした楽しく分かりやすい解説を心がけています。
正しい知識を身に着け、FXが初めての人でも安心安全に取引ができる一助になれれば幸いです。
運営者情報

当サイトで紹介してますFX会社は全て金融庁に登録されている業者です。しっかりと金融庁により監督されていますので安心してご利用いただけます。
金融庁に登録されている業者一覧ページ

FX会社一覧

外為オンライン

外為オンライン
おすすめポイント
  1. 初心者に人気!
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. キャッシュバックあり
  5. 外為オンラインの詳細へ

口座開設数55万突破!
初心者にオススメしたいFX会社

4000円と少額から始められるのが、初心者向けFX会社の外為オンラインです。
元AKB48の大島優子さんがイメージキャラクターを務めています。

1000通貨に対応しているので、通常の10分の1の資金から始められるようになっています。
初心者に支持されているのは資金面ではなく、取引の手軽さからもです。

外為オンラインではなんと、賢く代わって自動取引してくれる「iサイクル注文」を搭載!
日中忙しい方や、始めるタイミングに迷っていた方でもお任せでFXが始められてしまいます。

そんな便利な自動売買も、デモトレードで無料練習が可能。

口座開設費などもないので、お試し感覚から始めることが出来ます。

期間限定で5,000円のキャッシュバックキャンペーン中です!

FXブロードネット

FXブロードネット
おすすめポイント
  1. 自動売買が人気
  2. 少額からできる
  3. キャッシュバックあり
  4. FXブロードネットの詳細へ

取引タイミングの悩みから解放してくれるトラッキングトレード

FXブロードネットの最大の特徴は、ユーザーのわがままを実現した賢い自動売買「トラッキングトレード」です。

24時間あなたに代わって、忙しいときや寝ている間も売買を繰り返してくれます。
迷いがちな取引のタイミングをバッチリと掴んで、売買のチャンスを逃がしません。

1000通貨からと少額対応しているほか、使いやすいツールが全て無料なのも嬉しいポイント。

また電話対応から動画セミナーなど、初心者バックアップも万全になっています。

今なら最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中!

インヴァスト証券 シストレ24

インヴァスト証券 シストレ24
おすすめポイント
  1. 初心者に人気
  2. 自動売買が使いやすい
  3. 少額からできる
  4. インヴァスト証券 シストレ24の詳細はこちら

直感的でシステムトレードといえばここ

インヴァスト証券 シストレ24は、
初心者でもすぐに理解できる直感的で分かりやすいものです。

システムトレード(シストレ)は、プロが作った賢い自動売買のシステムのことです。
アイコン表示や収益率の表示で、FXに詳しくなくてもボタンを押すだけで設定が出来てしまいます。

シンプルであるにも関わらず、高性能なプログラムを備えているのがインヴァスト証券です。

実際に使ってみた感覚や、
システムの成績が知りたい方は、デモ口座での無料お試しが可能です。

トライオートFX

トライオートFX
おすすめポイント
  1. 自動売買が使いやすい
  2. 少額からできる
  3. 取引コストが安い
  4. トライオートFXの詳細はこちら

自動売買にこだわりたい人向けのトライオートFX

トライオートFXは、シストレ24でおなじみのインヴァスト証券が提供するもう一つの自動売買ツールです。

シストレ24より、更に詳細な注文設定が行えるのがトライオートFXで、
自動売買をもっと自分好みにカスタマイズできます。

操作性はシストレ24同様、シンプルで使いやすい取引画面が特徴で、
取引ツールはスマホにも対応しています。

トライオートFXは1000通貨対応で最低4000円ほどからスタートできるので、
少額から自動売買を始めたい初心者にもおすすめです。

FXトレード・フィナンシャル

FXトレード・フィナンシャル
おすすめポイント
  1. MT4が使える
  2. 自動売買ができる
  3. 少額からできる
  4. FXトレード・フィナンシャルの詳細はこちら

世界で人気のMT4(メタトレーダー4)が扱える国内業者

MT4は海外で人気を集める取引ツールのひとつです。
チャートが非常に便利な上に高性能であり、更にはシステムトレードも行えるツールとなっています。

国内業者では提供が限られますが、それを可能にしているのがFXトレード・フィナンシャル。
小島瑠璃子さんがイメージキャラクターを務め、仮想通貨事業でも有名になっています。

一見難しく感じられがちなMT4ですが、日本人向けにカスタマイズされているのがポイント。

1000通貨対応やデモトレードの提供で無料練習が可能なこと、
スマートフォン対応を行っていることからも、初心者が始めやすい気遣いが伺えます。

FXプライム byGMO

FXプライム byGMO
おすすめポイント
  1. 初心者に人気
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. FXプライム byGMOの詳細はこちら

口座開設者の半数以上が初心者と初めての人に選ばれるFX会社

FX初心者に愛用されているのがFXプライム byGMOです。

1000通貨から少額取引が可能!
初期費用を少なく済ませたい方でも安心して始めることが出来ます。

プロの世界でも活用されているチャート分析が使える「ぱっと見テクニカル」は、
ワンクリックで使用可能で大変便利になっています。

また、マーケット情報の発信も活発です。
中には情報口座として、この口座を持つトレーダーもいるほど!

講師にチャットで質問出来るオンラインセミナーが人気を集めています。