為替相場が最も動く時間帯!FXのニューヨーク時間とは

FXでは通貨の取引量が特に多い東京市場、
ニューヨーク市場、ロンドン市場が
世界三大市場と呼ばれており

それぞれの市場で取引が行われている時間帯は
東京時間、ニューヨーク時間、ロンドン時間と
呼ばれています

この三つの時間帯の中でも、最も値動きが大きい
と言われているのがニューヨーク時間です。

値動きが大きいということは
それだけ大きな利益を狙えるチャンス
となりますが、

値動きの特徴や通貨ペアの選び方は時間帯によって
大きく異なってしまいます

ここではニューヨーク時間に取引を行う際の
通貨ペアの選び方や値動きの特徴、
取引の注意点などをご紹介したいと思います

ニューヨーク時間は様々な通過ペアの取引が
活発になり、値動きが大きくなりやすい
チャンスの時間帯です

ニューヨーク時間で利益を狙えるように
時間帯ごとの特徴をしっかり抑えて起きましょう

FXって何と言う人はこちらから
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

ニューヨーク時間とは

一日のうち通貨の取引が最も活発になるのが
ニューヨーク時間です

まずはニューヨーク時間の特徴を確認してみましょう

為替変動が起こりやすいニューヨーク時間

ニューヨーク時間は
夏時間の場合は日本時間で21時から翌朝6時まで
冬時間の場合は日本時間で22時から翌朝7時まで
となっでおり

FXでも最も為替変動が
起こりやすい時間帯として重要視されています。

この時間帯は市場参加者が多く
重要な経済指標が発表されるので
自然と値動きが大きくなってしまうからです

しかし市場としての通貨の取引量は
ロンドン市場についで世界第二位で
取引量自体はロンドン市場が一位と
なっています

取引量が二位なのに値動きが大きくなってしまうのには
いくつか理由があるので、チェックしていきましょう

大きな市場と取引時間が重なっている

ニューヨーク時間で値動きが起こりやすい
理由の一つにロンドン時間と取引時間が
重なっているということが上げられます

ロンドン市場は取引量世界一位を誇る大きな市場です

取引時間は
夏時間の場合は日本時間の17時から深夜2時まで
冬時間の場合は日本時間の18時から深夜3時まで
となっており

ニューヨーク時間と5時間程取引時間が
重複することになります

ニューヨーク市場が開場すると
取引量世界1位と二位の市場で
取引が行われることになるので

大量の通貨が取引されることなり
一日の中で最も取引量が多い時間帯と
なります

さらにこの時間帯は
ドイツのフランクフルト市場や
スイスのチューリッヒ市場、
フランスのパリ市場など
ヨーロッパの他の市場とも
取引時間が重なっているため
非常に活発に通貨の取引が
行われることになります

様々な国と取引時間が重なっていることで
ニューヨーク時間は一日で一番値動きが
大きな時間帯になっているのです

実需や投機筋の影響

ロンドン時間と重なっているニューヨーク時間は
実需や投機筋の思惑が入り乱れる時間帯でもあります

様々な国の市場で取引が行われていることで
投機目的の通貨取引はもちろん、輸出入などに
関わる実需用の両替など様々な国の通貨が
活発に取引されることになるのです

常に取引が活発なわけではない

ニューヨーク時間はアメリカだけでなく
ヨーロッパや中東に至るまで、様々な国の
市場と取引時間が重なることにより
活発に通貨の取引が行われています

しかしニューヨーク時間の全てで活発に
取引が行われているかと言うと

そうともいえません

ニューヨーク時間で特に取引が活発なのは
中東やロンドンの市場と取引時間が重なっている

ニューヨークの午前中に当たる
夏時間では日本時間の21時から24時、
冬時間では日本時間の22時から深夜1時まで
となっています

この時間帯が一日で最も為替レートが
動きやすい時間帯となり

明確なトレンドを形成しやすいチャンスの時間帯です

この時間帯を過ぎると値動きも落ち着きを見せ始め
激しい値動きや新しいトレンドが起こりにくくなって
くるので、覚えておきましょう

重要な経済指標の影響も

当然ですがニューヨーク時間は
アメリカの経済指標が発表される
時間帯でもあります

アメリカの経済指標は
為替取引の中心ともいえるドルに
大きな影響を与える可能性があるので
世界中の注目を集めることになります

現在アメリカの経済指標の中でも
特に注目されているのが

毎月第一金曜日に発表される
アメリカの雇用統計です

アメリカの雇用統計が発表されると
ドルが関係する通貨の多くが影響を受け
急激な為替変動で相場が乱高下することも
珍しくありません

アメリカの雇用統計の発表がある週は
週の半ば辺りから大きな値動きが
起こりにくトレンドも発生しにくく
なってしまうので、取引を行うときは
注意しておきましょう

一口に経済指標といっても
為替相場への影響は様々で

その指標がどの程度重要視されているのかによって
時代とともに変化していきます

アメリカの雇用統計が注目されているのは
アメリカの中央銀行に当たるFRBが
リーマンショック以降に雇用統計の
結果を元に利下げを行ったことが
原因となっています

雇用統計と政策金利に影響を与える
可能性が大きくなったことから
今後の金融政策を予想するための
重要な材料と考えられることなり

雇用統計の結果が相場の値動きにも
大きな影響を与えることになったのです

しかしFRBの金融政策がこれからも
雇用統計の影響を受け続けるという
保障は何処にもありません

現在最も注目されている経済指標である
アメリカの雇用統計もこれからも注目され
続けるのかはわからないので

FRBが何を重視して金融政策を決定しているのか
注意する必要があるということは覚えておきましょう

雇用統計のほかに
金融政策に影響を与える経済指標として
年8回開催されているFOMCも注目を集めています

FOMCはFRBの金融政策を決定する会議となっており
政策金利や景気判断など様々な金融政策の方針が
発表される非常に注目度が高い経済指標となっています

後日発表される議事録や
3、6、9、12月に行われる議長会見は
特に世界の注目を集めているので
雇用統計だけなくほかの経済指標にも
目を向けてみましょう

ニューヨーク時間に発表された経済指標は
為替相場に大きな影響を与えることが
少なくありません

日本ではドル円の取引が行われることも多く
ドルがらみの通貨ペアの取引を行う場合は
特に注意が必要です

長期的に大きな影響を与える場合もあるので
重要な経済指標の発表には注意しておいた方が
いいでしょう

経済指標を跨いだ取引は値動きの予想が難しく
急激な為替変動に巻き込まれると思わぬ損失を
抱えてしまうことになりかねません

大きな経済指標を跨いだ取引は
控えておいた方が賢明かもしれません

ニューヨーク時間の注意点

オプションカットに注意

ニューヨーク時間には通貨オプションの権利を行使できる
最終締め切り時間が存在しています

通貨オプションでは

たとえば一ドル100円のときに
1ドルを99円で買える権利を
持っていたとすると

99円よりも円安の場合は買い手に有利な状況となり
99円よりも円高だった場合は権利が行使されないことに
なってしまいます

オプションを売ったほうは権利行使に応じる必要から
現在の為替レートが不利になると判断すれば
予めドルを用意しておく必要性が出てきて
しまうのです

また、買い手もオプションを買った後に
思惑通りの方向に値動きが起これば

オプションを行使することを決定して
オプション行使前にドルを売ってしまう
ことになります。

このようにオプションカット前には
売り手と買い手の様々な思惑によって
取引が行われることになるのです

オプションカットの時間帯には
オプションが入っているレート付近に
注文が増える傾向にあり

オプションの動きを察知して取引を
行おうと考える人も含まれることになります

これによりオプションカット付近の時間帯では
値動きが活発になるので

オプションカット前後でのトレンドの転換などに
特に注意を払っておきましょう

夏時間と冬時間注意

ニューヨーク時間を狙って取引を行う場合
夏時間と冬時間をしっかりと把握しておく必要があります

3月から11月は時間が一時間早いサマータイム
となってしまうので

市場でとりひきが行われる時間帯も一時間ずれることになります

取引を行う前に現在が夏時間なのか冬時間なのかは
しっかりとチェックしておきましょう

ニューヨーク時間のスプレッド

FXのトレードは24時間行うことができますが
日本時間の11時30分から朝6時まで、
夏時間なら10時30分から朝5時までが
FXにおける1日のニューヨーク時間となります

ニューヨーク時間は相場参加者が多く
取引も活発に行われるので取引量が多く

狭いスプレッドでお得に取引できる時間帯となっています

取引コストが安く済むので利益を狙いやすいということです

しかし雇用統計発表時など
重要な経済指標の発表が近づき
急な為替変動が予想されるタイミングでは

スプレッドも急激に広がる場合が少なくありません

大統領に代表される要人の発言と同時に
スプレッドが広がってしまう場合も多いので
利益を狙うことが非常に困難となってしまいます

スプレッドが狭ければ利益を狙いやすくなりますが
スプレッドが広がってしまえば利益を狙うことが
難しくなってしまうので

取引を行う場合には現在のスプレッドにも
注意しておいた方がいいでしょう

ニューヨーク時間まとめ

ニューヨーク市場の通貨取引量は世界2位ですが、
他の市場と取引時間が重なることにより値動きが
活発となりFXでも最も重要な時間帯であるといえます

また為替相場に大きな影響を与える
アメリカの刑税指標が発表される時間帯でもあり
指標発表の前後には非常に激しい値動きが
起こることも珍しくありません

ニューヨーク市場ががオープンしている時間帯は
FXでもチャンスの大きい時間帯となるのです

しかし成功すれば大きな利益を狙えるといっても
失敗すれば損失も大きな物となってしまう可能性もあります

ニューヨーク時間に取引を行う場合は
値動きの大きさを考慮して損切りや
レバレッジを調整してリスクを抑えた
取引を行う様に心がけましょう

ニューヨーク時間ではドルを中心とした
通貨ペアの取引が特に活発になる傾向があります

ドルストレートだけでなく
クロス円のユーロ円や、ポンド円なども
値動きが大きくなる傾向があるので

市場が開いてる時間帯によって取引量が多い
通貨ペアや市場ごとの特徴をしっかりと把握して
チャンスの時間帯を生かした取引を行いましょう