レンジ相場になりやすい、FXの東京時間とは

FXでは取引を行う時間帯によって
値動きに一定の傾向が見られたり

取引されやすい通貨ペアがあったりなど

時間帯ごとに異なる特徴が存在しています

その中でも特に通貨の取引量が多い
ロンドン、ニューヨーク、東京の
為替市場は世界三大市場とよばれ
ています

ここでは日本人には馴染み深い
東京外国為替市場が開いている時間帯
FXの東京時間についてご紹介します

FXって何と言う人はこちらから

マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

東京時間とは

日本の東京外国為替市場では
日本時間の午前8時から午後5時までの間
為替取引が行われています

株の取引が行われている東京証券取引所のように
取引が行うために特定の建造物があるわけでは
ありませんが、

東京外国為替市場で取引が行われている時間帯は
東京時間と呼ばれています

東京時間は日本の日中、皆さんが働いている時間帯で
日本での経済活動が最も活発になる時間帯です。

東京時間ではアジア全体の経済活動も活発となりますが
世界三大市場に数えられる通貨の程取引量が多い
東京市場が他の地域と比べ注目されることとなり
FXの世界ではこの時間帯を東京時間と呼んでいます

ロンドンの為替市場で取引が行われている
日本時間の午後5時から午前一時はロンドン時間
ニューヨークの為替市場でとりひきが行われている
日本時間の午後10時から7時はニューヨーク時間
とそれぞれ呼ばれています

東京時間の特徴

FXでは取引を行う時間帯によって
値動きに一定の傾向が見られるなど

取引を行う時間帯によって市場ごとの特徴が
相場に現れることになります

東京時間にも様々な特徴が存在しているので
取引前に東京時間の特徴を確認しておきましょう

レンジ相場になりやすい

東京時間では他の三大市場で
取引が行われている時間帯と比べると
為替変動の幅が小さい傾向があり
比較的狭い値幅を行ったり来たりする
レンジ相場になりやすい
といわれています

一定の方向への為替変動が起こり
為替レートが上昇や下降を続ける
トレンド相場にはなりにくいので

基本的には一定の範囲で上昇と下降を
繰り返すということを念頭に置けば
初心者にも値動きを予想しやすい
相場といえるかもしれません

東京市場で注目される中値とは

皆さんは銀行などの金融機関で
外貨両替を行う際の為替レートが
どのように決まっているか存知でしょうか?

銀行の窓口で両替を行うたびに
FXの取引のようにリアルタイムで
為替変動を反映するのは難しそう
ですよね

日本では銀行等の金融機関が
一般の顧客に対して外貨両替を行う際に
為替変動による混乱が起きないように

基準となる為替レートを毎日決まった
時間に発表する
ことになっています

この基準となる為替レートは中値と呼ばれ
毎日午前9時55分頃のレートを元に決定、
その後午前10時ちょうどに公表される

仕組みとなっています

発表は10時ですが中値の決定自体は
9時55分に決定さえているので、
毎朝9時55分前後の為替レートは
特に注目を集めることになり
通貨の売買が集中しやすい
時間帯となっています

中値の発表がある直前の
9時55分付近では値動きが
大きくなりやすいので

午前中にFXの取引を行う場合
この時間帯の値動きには
特に注目しておきましょう

中値の影響が大きいゴトー日とは

中値が決定される時間帯付近での為替変動は
ドルが買われやすい傾向があるといわれていますが
その影響が特に大きくなると考えられているのが
ゴトー日です。

ゴトー日とはその名のとおり5と10がつく日付のことで、
日本では企業が銀行と取引を行う場合、入金や決済などを
ゴトー日に設定することが非常に多くなっています

当然、輸出入を行っている企業の
入金や決済もゴトー日に集中しやすく
両替の依頼も増えることとなります

輸入した物の代金を支払うためには
ドルを調達する必要があるので
中値付近ではドルを買う動きが
多くなるといわれているのです

5日、10日、15日、20日、25日、末日に
中値を利用して取引を行う場合は
通常よりも通貨の取引量が増えやすい
と言うことを頭に入れておきましょう

ゴトー日が土日の場合はその前の金曜日が
祝日の場合は祝日前の最後の営業日が
それぞれゴトー日として扱われます

休みを挟むとゴトー日がずれてしまう事にも
注意しておきましょう

東京株式市場の開場時間

東京時間の為替変動は株の値動きと
連動することが多いといわれています

日本の株式市場を代表する企業の株価である
日経平均株価が上がれば円高になり
日経平均株価が下がると円安になる
傾向が強い
ようです

日本を代表する企業群の株価が
下がっていれば経済情勢の悪化と
捉えられて円が売られたり

逆に株価が上がっていれば
経済情勢が良好と判断され
円が買われやすくなっている
考えられているのでしょう

その他の要因として
日本の株を取引は当然、
円を使って行われています

日本株の売買を行っているのは日本人だけではありません

海外の人々が日本株を売買するためには
まず円を調達する必要があることになります

株を買うためには自国通貨を円に両替したり
株を売って得た円を自国通貨に両替する必要が
あるはずです

結果として
株が売られている⇒円を売って自国通貨に

もしくは
株が買われている⇒自国通貨を両替して円に

行われることになり
株価と円の需要が連動して
円高や円安動き起こりやすくなっています

株の取引が行われている時間帯では
連動して通貨の需要が増えるので
円がらみの通貨ペア(クロス円)
の取引量が増えやすいということも
覚えておくといいでしょう

午後からは大きな値動きが起こりにくい

様々な市場に当てはまることですが
その国で取引が行われている時間帯のうち
午前中に比べると午後は取引が落ち着いて
相場の値動きが小さくなりやすい

といった傾向が見られます

各国の市場の時間帯に合わせて取引を行っている場合
午後からの取引では値動きの幅が少なくなってしまい

取引を行っても利益を狙うための値幅を
確保しにくくなってしまう場合も多いので

短時間である程度の利益を狙いたい場合は
狙っている市場の午前中の時間帯に取引を
行ったほうがいいかもしれません

三時のオプションカットに注意

オプションカットとは
決められた期日内に決められた為替レートで
通貨を売買する権利を売買する通貨オプション
と呼ばれる取引の期日のことで

オプションの為替レートで取引を行いたい場合は
オプションカットまでに通貨オプションの権利を
行使する必要があります

為替レートによっては締め切り直前に
取引が集中することになってしまうので
特に注意が必要です

三時付近では通貨オプションの影響で
取引が活発になる可能性がある
ので
覚えておきましょう

四時ごろには欧州勢が早めの参戦

ロンドン時間は日本時間の午後5時からとなっていますが
午後4時頃になると早起きした欧州勢が相場に参戦し始めてきます

この辺りから欧州時間に向けて取引が活発になり始めるので、
値動きの予想を切り替えて東京時間用の取引戦略から
ロンドン時間用の取引戦略に徐々に切り替えていきましょう

5時からはいよいよロンドン時間に

五時を回るとロンドン市場の開場とともに
欧州勢が本格的に市場に参戦しはじめ
ロンドン時間の始まりです

ロンドン時間に入ると
東京時間とは異なった傾向となります

東京時間と同じように取引を行っていると
取引がうまく行かなくなってしまう可能性も高いので
市場の傾向に合わせた売買を心がけましょう

東京時間の注意点

クロス円以外の通貨ペアは取引量が少ない

東京時間で取引される通貨ペアは
ドル円を始めとした通貨ペアに円を含む
クロス円の通貨ペアがメインとなります

相場全体で見れば取引量が一番多い
ユーロドルといえども東京時間では
通貨の需要が少なくなってしまい
取引量が非常に少なくなってしまいます

ただでさえ為替変動の幅が小さくなりがちな東京市場ですが
ドルストレートの通貨ペアは取引量の少なさから
全く動かないといったことも珍しくはありません

東京時間に取引を行う場合
取引量が多いクロス円に通貨ペアで取引を行い
取引量が少ないドル円以外のドルストレートの
取引は控えた方が良い
でしょう

場合によっては大きく動くことも

東京時間がレンジ相場になりやすく
大きな値動きが起こりにくい傾向が
あるといっても100%ではありません

株価の影響を受けやすい東京時間では
日経平均の急変の影響を受けて
大きな為替変動が起こってしまったり

日銀の総裁の発言一つで
ドル円の急変が起こるなど
大きな値動きが起こってしまう
可能性も存在しています

レンジ相場を見越して取引している場合でも
忘れずに損切りの設定を行って

急な為替変動に備えておきましょう

日銀の発表には特に注意

日銀からの発表があった場合
内容によっては信じられないような
相場の急変が起こってしまう
場合があります

日銀総裁の会見で大規模な金融緩和を行う
と発言があった直後に5円以上の急変が
起こってしまったり

追加の金融政策緩和を見送るという日銀の発表によって
日経平均が暴落してしまい、それに連動して
ドル円も三円以上下落してしまったりなど

レンジ損場になりやすい東京時間といえども
油断することはできません

油断して損切りの設定をおこたってしまえば
このような相場の急変に巻き込まれ込まれ
最悪の場合強制ロスカットとなってしまいます

大きな損失が発生してしまう可能性もあるので
十分注意しておきましょう

東京時間のまとめ

東京市場は他の世界三大市場である
ニューヨーク市場やロンドン市場に比べると
通貨の取引量が少なく値動き幅も落ち着いた
ものになりやすくなっています

他の市場とは違った独特の値動きが起こり
大きなトレンドが発生しづらく
レンジ相場になりやすいという
傾向があるので、

東京時間の取引では大きな値幅を狙わずに
レンジ内での反発を狙うようにした方が
良いでしょう

様々な市場に共通することですが
市場が開いている時間帯は現地時間では
日中となり時間ごとに相場に影響を
与えるイベントが起こっていることを
覚えておきましょう

市場ごとに取引されやすい通貨ペアや
値動きが起こりやすい時間帯があるので
取引前に抑えておいた方がいいでしょう

FXの値動きは市場や時間帯によって傾向が異なります

安定して利益を狙うためにも自分が取引を行う
市場や時間に適したトレード戦略で売買を行うように
しましょう