順張りの取引でも威力を発揮、FXのボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドと言うと

逆張りの取引をイメージする方が
多いかもしれません

しかし、ボリンジャーバンドを開発した
ジョン・A・ボリンジャーさんは
ボリンジャーバンドを順張りの
取引に活用していたそうです

ここでは、ボリンジャーバンドの
一般的な逆張りでの使い方の他、

順張りの取引でのボリンジャーバンド活用法など

ボリンジャーバンドについてご紹介します

FXって何と言う人はこちらから
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドは「移動平均線」と
「標準偏差」を組み合わせて作られた
インジケーターで

一定期間の平均値である移動平均線から
現在のレートがどのくらい離れているのか
といった情報から今後の値動きを予想する
テクニカル分析です。

標準偏差はばらつきを表す数値で
標準偏差と言うと聞きなれないかもしれませんが

これは受験などでよく耳にする
「偏差値」に使われている考え方で

平均である50から離れれば離れるほど
数が少なくなる、といえば想像しやすい
のではないでしょうか

ボリンジャーバンドを活用した取引では
平均である移動平均線から離れれば離れるほど
そこまでの価格変動が起きる可能性が低い

と言う考え方に基づい売買を行うことになります

ボリンジャーバンドからみる為替変動が起こる確率

ボリンジャーバンドをチャートに表示させる場合

基本の移動平均線に加え

上下に三本ずつラインを表示させるのが一般的となっています

三本のラインは内側から1σ、2σ、3σと呼ばれ

移動平均線の上にあるものが+で
移動平均線の下にあるものが-で
表されます

為替変動が起こる確率はそれぞれ
±1σの範囲内に収まる確率が約68.3%
±2σの範囲内に収まる確率が約95.4%
±3σの範囲内に収まる確率が約99.7%
となっており

逆に考えると
±1σを超える値動きが起こる可能性は約31.7%
±2σを超える値動きが起こる可能性は約4.6%
±3σを超える値動きが起こる可能性は約0.3%
となるので

±1σは三回は一回は超えてしまいそうですが
±2σは約4.6%、±3σは約0.3%の確率でしか
超える程の値動きが起こらないことがわかります

偏差値で考えると
偏差値60以上と40以下の人の割合がそれぞれ約15.8%
偏差値70以上と30以下の人の割合がそれぞれ約2.28%
偏差値80以上と20以下の人の割合がそれぞれ約0.13%
となっているので

+3σが偏差値80、+2σが偏差値70、+1σが偏差値60、
-3σが偏差値20、-2σが偏差値30、-1σが偏差値40、
に相当することになります

偏差値で表すと±2σ、±3σを超えることは
そうそう無いだろうということが
わかりやすいのではないでしょうか

まずはラインを超える値動きが起こる確率と
±2σ、±3σを超える値動きが起こる確率が
非常に小さい
ということを覚えておきましょう

ボリンジャーバンドの設定

ボリンジャーバンドの設定では
基準となる移動平均線何本のロウソク足で
平均を取るのかを変更することができますが
一般的に20-25本の間に設定されていることが
多くなっています

テクニカル指標では
「多くの人が同じ設定を使っている」
と言うことが重要になるので
変に設定をいじったりせずに

まずは基本の設定で運用してみましょう

意味を覚えたら実際に確認してみよう

初心者でも使いやすい

外為オンライン

外為オンライン
おすすめポイント
  1. 初心者に人気!
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. キャッシュバックあり
  5. 外為オンラインの詳細へ

口座開設数50万突破!
初心者にオススメしたいFX会社

4000円と少額から始められるのが、初心者向けFX会社の外為オンラインです。
元AKB48の大島優子さんがイメージキャラクターを務めています。

1000通貨に対応しているので、通常の10分の1の資金から始められるようになっています。
初心者に支持されているのは資金面ではなく、取引の手軽さからもです。

外為オンラインではなんと、賢く代わって自動取引してくれる「iサイクル注文」を搭載!
日中忙しい方や、始めるタイミングに迷っていた方でもお任せでFXが始められてしまいます。

そんな便利な自動売買も、デモトレードで無料練習が可能。

口座開設費などもないので、お試し感覚から始めることが出来ます。

期間限定で5,000円のキャッシュバックキャンペーン中です!

取引コストがお得

FXブロードネット

FXブロードネット
おすすめポイント
  1. 自動売買が人気
  2. 少額からできる
  3. キャッシュバックあり
  4. FXブロードネットの詳細へ

取引タイミングの悩みから解放してくれるトラッキングトレード

FXブロードネットの最大の特徴は、ユーザーのわがままを実現した賢い自動売買「トラッキングトレード」です。

24時間あなたに代わって、忙しいときや寝ている間も売買を繰り返してくれます。
迷いがちな取引のタイミングをバッチリと掴んで、売買のチャンスを逃がしません。

1000通貨からと少額対応しているほか、使いやすいツールが全て無料なのも嬉しいポイント。

また電話対応から動画セミナーなど、初心者バックアップも万全になっています。

今なら最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中!

ボリンジャーバンドの特徴

ボリンジャーバンドには
3つの特徴的な状態が存在します

それぞれ現在の相場の状態を表しているので
ボリンジャーバンドによる状態を覚えまておきましょう

スクイーズ

スクイーズは押しつぶすや絞るといった意味の単語で
文字通りボリンジャーバンド同士の間隔が狭くなり
押しつぶされた様な状態を表しています

スクイーズは上下への値動きが非常に小さい状態で
トレードで利益を狙うための値動きの幅が確保できない
可能性が高くなります。

値動きが小さいうちは利益を狙うことが難しいですが、
スクイーズが続いた後は大きな値動きが起こる可能性が
高くなるので

値動きが小さいときに無理に取引を行わず
取引のチャンスを来るのを待ったほうがいい
状態です。

エクスパンション

エクスパンションは拡大といった意味の単語で
ボリンジャーバンドの同士の間隔が拡大している
状態を表しています

エクスパンションは勢いのある値動きが起こったり
相場にトレンドが発生しているときに出やすく

大きな値動きが起こる確率が上がり、大きな値幅を
狙いやすい取引のチャンス
であることを表しています

エクスパンションはプラス側とマイナス側の
両方でボリンジャーバンドの間隔が拡大するのが
特徴となっているので

値動きしている側のボリンジャーバンドと同時に
値動きしていない側のボリンジャーバンドの間隔が
拡大している場合は売買のチャンスとなります

ボリンジャーバンドが開き始めたら
値動き側だけでなく値動きしていない側の
ラインの間隔にも注目しておきましょう。

バンドウォーク

ボリンジャーバンドのラインに沿様に
チャートが推移している状態を
バンドウォークと呼びます

エクスパンションが起こった後は
一方方向への値動きが起こりやすく
強いトレンドが発生しやすくなっているので

取引を行う絶好のチャンスとなります

エクスパンション後にバンドウォークを確認したら
トレンドに沿った売買で利益を狙いましょう

ボリンジャーバンドを利用した取引のポイント

バンドの状態で値動きの幅を予想しよう

ボリンジャーバンドを利用した取引では
まずバンドの状態を確認するようにしましょう

チャートが一定方向に値動きしているようにみえても
バンドの状態によっては期待できる値動きの幅が
大きく異なることになります

バンドがバンドがスクイーズのしている状態では
期待できる値動きの幅が少なくなってしまいますが

バンドがエクスパンションしている場合は
大きな値動きが期待できることになります。

値動きの幅が小さいときは取引を避けて
値動きの幅が大きいときにしっかりと
利益を狙えるように

バンドがエクスパンションしているときを
狙って取引を行うようにしましょう

エクスパンションが終了するポイントに注目

ボリンジャーバンドの間隔が開いて
エクスパンションが起こると

大きな為替変動が起こることになりますが
その勢いも徐々に弱くなっていきます

ボリンジャーバンドを使えば
値動きの勢いがまだ続いているのか
もう弱まってきたのかを判別することが
できるので、エクスパンジョン後も
ラインの間隔に注意
しておきましょう

上下で間隔が拡大している

エクスパンションはボリンジャーバンドの
上下両方のラインの間隔が拡大している状態です

値動きしている方向だけでなく
値動きしていない方向のバンドも
拡大している場合は

まだまだ勢いが続いていると考えて大丈夫でしょう

値動き側は拡大しているが、反対側が縮小している

エクスパンションが終わる場合

まず値動きしていない側で
バンドの間隔が縮小し始めることになります

値動きしている側のボリンジャーバンドが拡大していても
反対が側のバンドが縮小し始めれば値動きの勢いが
弱くなってきたことを表している
ので

トレンドの終了に備えて売買を行いましょう

値動きしていた側の間隔も縮小し始める

いままで値動きしていた側のバンドの間隔も
縮小し始めると本格的の値動きの勢いが
無くなって来たことをあらわしています

両方のバンドが縮小すればスクイーズに移行したり
トレンドの転換が起こる可能性が非常に高くなる
ので

速やかに取引を終了した方がいいでしょう

ボリンジャーバンドで逆張りする場合の注意点

ボリンジャーバンドの考案者は
順張りの取引を推奨していますが

±2σや±3σを超える可能性が非常に低いことから
逆張りの取引で売買のタイミングを計る場合にも
ボリンジャーバンドを活用することができます

トレンドに逆らうことになる逆張りの取引は
勝率が低くなりやすい
ので、注意点をおさえて
売買の判断に役立てましょう

ボリンジャーバンドでの反発を狙う場合

±2σを超える可能性は約4.6%と非常に低くなっています

現在の相場の状態がレンジ相場の場合
ボリンジャーバンドの±2σを超える可能性は
非常に低くなります

レンジ相場で取引を狙う場合
±2σの付近や±2σを超えたタイミングで
売買を行うことでレンジ相場の反発のタイミングを
狙った取引を行うことが可能になります

しかし±2σを超えた場合
そのままトレンドが発生してしまうことも
珍しくありません

逆張りで取引を行っている場合は
トレンドの発生に注意して

トレンドの発生を察知したら速やかに
損切りを行うなど損失を最小限に抑えながら
取引を行う
様に注意しましょう

損切りのタイミングに注意

ボリンジャーバンドがスクイーズしているような
状態のときに逆張りの取引を行っていると

安易に近い間隔に見える±3σを
損切りの目安にしてしまう場合があります

しかし逆張りの取引がが失敗して
トレンドが発生してしまえば

エクスパンションが起こることになり
ボリンジャーバンド同士の間隔は
どんどんと開いていくことになります

よく思い出しましょう
±3σを超える可能性はわずか0.3%程です

滅多に起こる確率ではありません

ボリンジャーバンドを利用した取引では
±3σを損切りの基準とすることは難しいので

損切りのタイミングを計る場合は
値動き方向と反対方向のラインの間隔が
拡大しているのか、それとも縮小しているのか
など±3σとは別の方法で決めるようにしましょう

ボリンジャーバンドまとめ

ボリンジャーバンドを活用した取引では

一般的に言われている逆張りの手法を使った場合
リスクが高くなってしまい勝率も低くなってしまいます

対してバンドの間隔に注目して
エクスパンションを狙った取引を行えば

売買のタイミングが明確になり
相場のトレンドに沿った順張りの取引で
安定した利益を狙うことができるの様になるので

確率を信じて無理に逆張りの取引を行わず
考案者が推奨するように相場の流れに沿った
順張りの取引を心がけた方がいいでしょう