黄金比を含んだ美しい分析法、FXのフィボナッチとは

黄金比といった物を
耳にしたことはあるでしょうか?

黄金比は自然界の物に多く存在している比率で

黄金比でかたどられた物を私達が目にすると
不思議と美しく感じてしまうそうです。

この黄金比の特性は
歴史的な建造物や芸術作品など
様々な分野で利用されており

最近ではツイッターのロゴマークで
デザインに使われるなど

その普遍的な美しさは
現在でも変わることはないようです

私達が自然と意識してしまう黄金比ですが

FXでも黄金比とかかわりが深い
テクニカル分析が開発されています

このテクニカル分析はフィボナッチと呼ばれ

フィボナッチを使うと相場の反転ポイントや
利確ポイントなどを予想することが可能になります

ここでは黄金比とかかわりが深いテクニカル分析
フィボナッチの使い方やポイントなどを
ご紹介したいと思います

FXって何と言う人はこちらから
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

フィボナッチとは

フィボナッチと言うのはとある数学者の名前です。

フィボナッチ数列と言う名称を
一度くらいは聞いたことがあるでしょう

FXのテクニカル分析でのフィボナッチは
フィボナッチ数列から得られるフィボナッチ比率
と言うものが利用されています

まずはフィボナッチ数列から解説していきましょう

フィボナッチ数列とは

フィボナッチ数列は0と1から始まり
直前の二つの数の和が次の数になる数列

0,1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233,377,・・・

と続いていきます

FXではこの数列から一定の法則で計算される
比率を使ってテクニカル分析を行うことなります

フィボナッチ比率

フィボナッチ比率はフィボナッチ数列から
割り出される比率のことで

数列上の数字を1つ後の数字で割った0.618(144/233)
数列上の数字を2つ後の数字で割った0.382(34/89)
数列上の数字を3つ後の数字で割った0.236(55/233)

数列の最初は少しずれた値が出るかと思いますが
数列が進むにつれてこの比率に近づいていきます

この比率に
1から0.236を引いた0.764
1割る2の0.5、0、1を加えて

0%,23.6%,38.2%,50%,61.8%,76.4%,100%

が代表的なフィボナッチ比率となります

この中で特に重要なのが0.618、0.5、0.382の三つで
0.618は黄金比として広く知られています

フィボナッチ比率と黄金比

フィボナッチ比率の一つである0.618は
黄金比
として広く知られています

黄金比は自然界に数多く存在し
多くの人が心地よく感じる特性から
歴史的建造物や芸術作品など
幅広く利用されてきました

相場の世界でも値動きが起こると
半戻し等と同じく3分の1戻し等と
言われることがあり

値動きの三割や六割付近の
黄金比に近い割り合いが意識され
続けてきました

こんなところでも威力を発揮する黄金比には
無意識のうちに影響されてしまう力があるのかも
知れませんね

FXでのフィボナッチ比率

フィボナッチ比率が使えるのは?

フィボナッチ比率の割合に沿って
相場の価格変動が起こることが
多い理由は明確にはなっていませんが

黄金比を含むフィボナッチ比率は
多くの人が無意識うちに心地よく感じる
比率
となっています

これを相場の世界に当てはめると

チャートの形がフィボナッチ比率に
当てはまったときに

直感的に多くの人がいい形
すなわち売買のころあいで
あるかのように感じてしまい

無意識のうちに売買してしまう
ポイントになっているのかもしれません

さらに現在ではフィボナッチ比率による
テクニカル分析が広く使われる
ようになっています

テクニカル分析は使っている人が多ければ多いほど
そのポイントに売買の注文が集中する
ことになります

結果として支持線や抵抗線としての働きが強くなるので
テクニカル分析の信頼度が上がることになります

無意識に売買が行われやすいフィボナッチ比率に
テクニカル分析で意識的にフィボナッチ比率に
沿って売買注文を入れている人もいる現在の状況は

フィボナッチ比率の信頼度がさらに上がっている状態
といえるのかもしれません

フィボナッチ比率の役割

意識的、無意識的を問わずに多くの人が
売買のポイントと考える可能性がある
フィボナッチ比率は値動きを予想する上で

支持線や抵抗線として働くことになります

売買のポイントとして
意識されている為替レートでは

その為替レートに近づいたときに
反発を見越して利確やタイミングを見計らって
エントリーしようと考えていたり
ラインを抜けたら損切りしようとしていたり
売買注文が集中しています

有名なテクニカル指標では
こうして売買注文が集中することにより
支持線や抵抗線としての役割が
より強くなるのです

これに加えて無意識のうちに直感的な
売買も中注する可能性があるフィボナッチでは

より強い支持線や抵抗線として働く可能性がある
といえるかもしれません

フィボナッチ比率の使い方

フィボナッチ比率はトレンドが発生しているときに
支持線や抵抗線として働くことが多くなります

FXでの具体的なフィボナッチの使い方をみていきましょう

フィボナッチリトレースメント

フィボナッチでよく使われるのはこの
フィボナッチリプレースメントで

単にフィボナッチと言われている場合は
フィボナッチリプレースメントのことが
多いでしょう

フィボナッチリプレースメントは
高値と安値を指定するとその値幅に対して
フィボナッチ比率でラインを引いてくれる

シンプルな物です

このフィボナッチリプレースメントは
トレンド発生中の相場の値動きが
落ち着いたときに威力を発揮するもので

押し目買いや戻り売りなどの
トレンドの値動きが一旦反転したときの
エントリーポイントを探す
ために
使うことができます

ライン付近で反発してからの
押し目買いや戻り売り、

ラインを抜けてからのトレンド転換など

支持線や抵抗線として働く場合も多いので
ライン付近の挙動でエントリーの判断を
するといいでしょう。

フィボナッチエクスパンション

フィボナッチエクスパンションは
利確ポイントを探るときに威力を発揮する
テクニカル分析です

フィボナッチリプレースメントを使って
押し目買いや戻り売りに成功したときに

フィボナッチリプレースメントで指定した
高値と安値に加えて、押しや戻りの値幅を
指定することで

どの程度の利幅を狙うのかの目標を
フィボナッチ比率に基づいたラインで
表示してくれます

利確ラインは61.8%、100%、161.8%が等が表示され
61.8%が使われることが多いようです

利確ポイントに迷ったら
フィボナッチリプレースメントを
使ってみましょう

使い方を覚えたら使いやすい口座を開設しよう

フィボナッチツールが充実、初心者にも使いやすい

外為オンライン

外為オンライン
おすすめポイント
  1. 初心者に人気!
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. キャッシュバックあり
  5. 外為オンラインの詳細へ

口座開設数50万突破!
初心者にオススメしたいFX会社

4000円と少額から始められるのが、初心者向けFX会社の外為オンラインです。
元AKB48の大島優子さんがイメージキャラクターを務めています。

1000通貨に対応しているので、通常の10分の1の資金から始められるようになっています。
初心者に支持されているのは資金面ではなく、取引の手軽さからもです。

外為オンラインではなんと、賢く代わって自動取引してくれる「iサイクル注文」を搭載!
日中忙しい方や、始めるタイミングに迷っていた方でもお任せでFXが始められてしまいます。

そんな便利な自動売買も、デモトレードで無料練習が可能。

口座開設費などもないので、お試し感覚から始めることが出来ます。

期間限定で5,000円のキャッシュバックキャンペーン中です!

取引コストが非常にお得

FXブロードネット

FXブロードネット
おすすめポイント
  1. 自動売買が人気
  2. 少額からできる
  3. キャッシュバックあり
  4. FXブロードネットの詳細へ

取引タイミングの悩みから解放してくれるトラッキングトレード

FXブロードネットの最大の特徴は、ユーザーのわがままを実現した賢い自動売買「トラッキングトレード」です。

24時間あなたに代わって、忙しいときや寝ている間も売買を繰り返してくれます。
迷いがちな取引のタイミングをバッチリと掴んで、売買のチャンスを逃がしません。

1000通貨からと少額対応しているほか、使いやすいツールが全て無料なのも嬉しいポイント。

また電話対応から動画セミナーなど、初心者バックアップも万全になっています。

今なら最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中!

フィボナッチのポイント

高値と安値の設定

フィボナッチでラインを引く場合
高値と安値を指定することになりますが

こういったラインを引く場合ヒゲを
含めるのか実体で考えるのか
少し迷ってしまいます

実際のどちらが効果的に機能するのかは
取引通貨や取引を行う時間帯
取引する時期によっても変わってしまいます

まずは深く考えずにラインを引いて
予想や取引を試してみましょう

このときに重要なのが自分が何を基準に
ラインを引いたのかしっかり覚えておく

と言うことです。

自分が何を基準にラインを引いたのかさえ
しっかりと覚えておけば、後で取引を
見直したときに何がよくて何が悪かったのか
をきちんと分析
することができます

自分の取引を見直して
どのラインの引き方なら
効率よく取引できたのかを考え

自分に合ったラインを引き方を
考えてみましょう

押し目買いや戻り売りを狙う

フィボナッチはトレンド発生中の
一時的な為替レートの逆行を予想するためのものです

相場は常に一定方向に値動きすることは無く
トレンド中も常に上下に変動しながら
進んでいきます

トレンド中の押しや戻りしっかりと予想して
更なる利益を狙ってみましょう

フィボナッチの注意点

トレンドの方向に注意

テクニカル分析でフィボナッチを使う場合
相場のトレンドの方向性がわかっている必要があります

下降トレンドなのに上昇方向にフィボナッチ
リプレースメントを使ってしまったりすると

分析が全く機能せず取引を成功させるのが
難しくなってしまいます

フィボナッチを正しく使うためには
最低限相場のトレンドを正しく判別する
必要があるので、まずは他のテクニカル分析で
相場のトレンドだけはしかっりと把握しておきましょう

反転せずに抜けることも想定しておこう

多くの人に意識されているフィボナッチですが
フィボナッチ比率で必ず反転するという物ではありません

トレードを行うときは一つの売買ポイントに
固執しないで、予想が外れた場合を想定し

実際に予想が外れたら損失を最小限に
抑えて気持ちを切り替え次の取引に
望む
ことが重要になります

テクニカルを過信せず、常に予想が外れた
場合のことも考えておきましょう

他にもあるフィボナッチ

リプレースメントやエクスパンションのほかにも
フィボナッチ比率を使ったテクニカル分析が
数多く存在します

他の分析法もいくつかみていきましょう

フィボナッチファン

フィボナッチファンは指定した値幅に対して
フィボナッチ比率に基づいて

傾きを浅くしたラインを引いてくれる
テクニカル分析です

このラインはトレンドラインのように
支持線や抵抗線として働いてくれる
ので

フィボナッチリプレースメントと合わせて
押し目買いや戻り売りタイミングを見計らうのに
使うといいでしょう。

フィボナッチアーク

フィボナッチアークは指定した値幅に対して
フィボナッチ比率に基づいた円を表示してくれます

フィボナッチアークはフィボナッチ
リプレースメントでは考慮されていなかった
時間についても考えることができる分析法

チャートと円がぶつかるところが
相場の分岐点となり値動きが反転する
可能性があるポイントになります

フィボナッチタイムゾーン

フィボナッチタイムゾーンは指定した期間に対して
フィボナッチ数列に基づいた期間にラインを引いて
くれるテクニカル指標です

相場の変動周期にフィボナッチ数が関係しやすい
と言う考えに基づいた分析ですが

さすがに期間だけで為替レートの変動を予測するのは
難しい
ので他の取引期間の目安程度に考えておいたほうが
いいでしょう

フィボナッチまとめ

フィボナッチ比率は黄金比とかかわりが深く
無意識でも注目されてしまう可能性がある
ポイントでしたが

現在ではフィボナッチ比率が広く知られ
意識的にも注目されています

テクニカル分析では多くの人が意識している
ポイントはそれだけで相場の分岐点となりえます

トレンド発生中に相場が逆行して
売買のタイミングに迷った場合は

押し目買いや戻り売りに強い
フィボナッチ比率によるテクニカル分析を
試してみましょう