最も基本のチャートパターン、フラッグとペナントとは

FXにはチャートの形から値動きを
予想する方法があります

チャートの形から値動きを予想するのは
チャートのパターンを覚えるだけなので
誰にでもわかりやすく

実際のトレードにも生かしやすい考え方なので

手軽に使える予想法を覚えたいや
テクニカル分析を試しても取引がうまく行かない

等と思っている人は、チャートパターンによる
値動きの予想を試してみましょう

ここではチャートパターンで最も基本的な
ペナントとフラッグについてご紹介します。

FXってなにと言う人はこちらから
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

チャートパターンとは

相場の値動きを分析していくと
チャートの形には特定の条件で出やすかったり

出現した形によってその後の値動きに
大きな偏りが見られたりなど

チャートの形から予想できる
起こりやすい値動きのパターンが
存在しています

出現しやすいパターンを利用すれば
値動きを予想して、その後の取引を
有利に進めることができます

有名なチャートパターンを覚えて
有利な条件で取引
を行いましょう

チャートパターンの二つのタイプ

チャートパターンには大きく分けると
二つのタイプが存在します

トレンドの転換を見つける
反転型
のチャートパターンと

トレンドの継続を示唆する
保ち合い型
のチャートパタンです

二種類のチャートパターン
それぞれの特徴を確認してみましょう

転換型

転換型のチャートパターンは
トレンドの天井圏や底値圏で
よく見られるパターンです

トレンドが反転する時に
見られることが多い
形で

ダブルトップやダブルボトムの他
ヘッドアンドショルダーやV字型など
が有名です。

転換型のチャートパターンが出現したときは
トレンドの反転を意識しながら売買を行うことになります

保ち合い型

保ち合い型のチャートパーターンは
トレンド中に小さなレンジとして出現し
トレンドの継続を示唆するパターンです

FXではトレンドが発生していても
一方向の値動きが続くのは非常に稀で

多くのトレンドは調整を挟みながら
上昇と下降を繰り返しながら進行していきます

保ち合い型のチャートパターンでは
トレンドの途中に出現する保ち合いの形に注目して

その後の値動きを予想しながら
売買を行うことになります

フラッグとペナントとは

フラッグとペナントは保ち合い型の
チャートパターンでトレンドが継続する時
チャート上に良く出現する形になります

それぞれの特徴を確認していきましょう

フラッグ

フラッグはその名のとおり
旗のような形をしているチャートパターンで

保ち合いの高値と安値に平行なラインを
引くことができるのが大きな特徴となります

フラッグでは大きなトレンドと逆方向に
小さなトレンドが発生しているように見えますが

勢いが弱い保ち合いの状態で
フラッグの値幅内で上下を繰り返したあと

大きなトレンドの方向へレンジブレイクしたところで
勢いを取り戻してトレンドが継続していく
ことになります

上昇トレンド中に高値と安値が切り下がったり
下降トレンド中に高値と安値が切り上がったりなど
一見するとトレンドが転換したようにも見えてしまう形ですが

勢いが弱く緩やかに上下しながら保ち合いを形成している場合は
フラッグのチャートパターンになる可能性があります

レンジブレイクからのトレンド継続に注意して
チャートパターンを見極めるようにしましょう

ペナント

ペナントは保ち合いの高値と安値に引いたラインが
三角形になることから三角保ち合いとも呼ばれる
チャートパターンです

このチャートパターンでは
上昇と下降を繰り返しながらも

上昇は前回の高値に届かず
下降も前回の安値に届かない
うちに反転してしまい

高値も安値も更新できないまま
チャートが進行
していきます

ペナントではこうした方向感のない値動きで
レンジの幅がどんどん狭くなっていき

大きなトレンドの方向にレンジブレイクすることで
勢いを取り戻してトレンドが継続
していくことになります

トレンド中にレンジの幅が狭くなっていく
方向感の無い値動きを見かけたら、

ペナントの可能性を考えレンジブレイク後の
トレンド継続に注意して取引を行いましょう。

フラッグとペナントの違いとは

フラッグもペナントもトレンド中に起こる
保ち合いの形で出現する状況が非常に良く似ています

二つのチャートパターンの
大きな違いは保ち合いの形で

フラッグではレンジが幅が平行になり
ペナントではレンジが徐々に狭くなる
三角形の形をしています

保ち合い中の値動きに注目すると

フラッグでは
上昇トレンド中に高値と安値が切り下がったり
下降トレンド中に高値と安値が切り上がったりして
大きなトレンドと逆方向の小さなトレンド
形成しているのに対して

ペナントでは高値が切り下っているのに
安値はきり上がるなど方向感が全く無い
レンジを形成
しています

どちらもトレンドの継続を示唆するチャートパターンなので
基本的な使い方に大きな違いはありませんが

決済するタイミングが変わる場合もあるので
自分がどのチャートパターンを意識して
取引を行っているのかはしっかりと
把握しておきましょう

パターンを覚えたら実際に確認してみよう

初心者でも使いやすい

外為オンライン

外為オンライン
おすすめポイント
  1. 初心者に人気!
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. キャッシュバックあり
  5. 外為オンラインの詳細へ

口座開設数50万突破!
初心者にオススメしたいFX会社

4000円と少額から始められるのが、初心者向けFX会社の外為オンラインです。
元AKB48の大島優子さんがイメージキャラクターを務めています。

1000通貨に対応しているので、通常の10分の1の資金から始められるようになっています。
初心者に支持されているのは資金面ではなく、取引の手軽さからもです。

外為オンラインではなんと、賢く代わって自動取引してくれる「iサイクル注文」を搭載!
日中忙しい方や、始めるタイミングに迷っていた方でもお任せでFXが始められてしまいます。

そんな便利な自動売買も、デモトレードで無料練習が可能。

口座開設費などもないので、お試し感覚から始めることが出来ます。

期間限定で5,000円のキャッシュバックキャンペーン中です!

取引コストがお得

FXブロードネット

FXブロードネット
おすすめポイント
  1. 自動売買が人気
  2. 少額からできる
  3. キャッシュバックあり
  4. FXブロードネットの詳細へ

取引タイミングの悩みから解放してくれるトラッキングトレード

FXブロードネットの最大の特徴は、ユーザーのわがままを実現した賢い自動売買「トラッキングトレード」です。

24時間あなたに代わって、忙しいときや寝ている間も売買を繰り返してくれます。
迷いがちな取引のタイミングをバッチリと掴んで、売買のチャンスを逃がしません。

1000通貨からと少額対応しているほか、使いやすいツールが全て無料なのも嬉しいポイント。

また電話対応から動画セミナーなど、初心者バックアップも万全になっています。

今なら最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中!

チャートパターンに隠された意味とは

出現しやすいチャートパターンや
その後の値動きに偏りがあるのは
いったいなぜなのでしょうか?

出現後の値動きを予想できるといっても
理由がわからなければ不安を抱えながら
取引を行うことになってしまいます

なぜチャートパターンで値動きを
予想することができるのでしょう

よくあるトレーダーの行動に秘密が

トレンド中にフラッグやペナントなどの
チャートパターンが良く出現するのは

トレンド中のトレーダーたちの行動に
理由があります

相場の値動きでは
どんなに強いトレンドが発生していても
一方向の値動きが続くのは非常に稀で

そのほとんどが上昇と下降を繰り返しながら
チャートを形成していきます

トレンド発生中に取引を行っていたとして
トレンドと逆方向の売買を行うのは
どんなときなのでしょう

一番多いのは利確するために決済を行う売買でしょう

トレンド中にポジションを持っていたとしても
どこかで利確のためにトレンドと反対の売買を
行う
ことになります

特に短期の時間足で取引しているトレーダーは
利確のタイミングが早く、一定の利幅が取れれば
すぐに利益を確定してしまいます

この利確のための決済が定期的に起こるため
トレンド中でも上昇と下降を繰り返しながら
チャートが進行していくことになります

ある程度の決済注文が入ればトレンドの勢いが弱まり
チャートが調整局面に入ることになりますが

チャート上に現れた調整局面は
利確のタイミングを伺っていたトレーダーたちの
トレンドが終わったかもしれないという不安から
更なる利確を呼ぶ
ことになり

こうしたトレーダーたちの行動が
トレンドにブレーキを掛けることになります

その一方で調整局面を確認しつつも
トレンドの更なる継続を期待して
新規の注文を行うトレーダーたちが
存在する場合

利確の決済と順張りの新規注文がせめぎ合い
保ち合い相場を形成
することになります

このように異なる思惑をもったトレーダーたちの行動によって
トレンド中でも上昇と下降を繰り返すことになります

さらに、保ち合いが続けばトレンドの転換を期待した
逆張りの新規注文を行う人が出てくるれば
順張りと逆張りの注文が溜まっていくことになります

保ち合い中の注文の多くはレンジを抜けた付近に
損切りの注文を入れている
ので

保ち合い中に溜まった注文の分だけ
レンジを抜けたときに巻き込む
損切りの注文が増えることになり

保ち合いが続けば続くほど
レンジを抜けたときの値動きの勢いが
強くなることになります

保ち合い中の取引ではレンジブレイク後の
損切りを巻き込んだ急激な為替変動に備えて
売買を行いましょう。

フラッグとペナントの使い方

フラッグの高値と安値を狙う

フラッグのチャートパターンは
小さなレンジ相場と考えることができます

値動きが反転するタイミングを読みやすいので
反転するタイミングで逆張りの取引を行えば
フラッグの範囲内で何往復も取引を行えるので
コツコツと利益を狙うことができます

しかし反発する可能性が高いとはいえ
一度ブレイクしてしまえば急激な変動に
巻き込まれてしまい大きな損失を
抱えてしまう
ことになります

取引量やレバレッジをコントロールしたり
大きなトレンドに沿った方向だけでエントリーするなど
ブレイクに巻き込まれるリスクを可能性を減らすための
対策は考えた方がいいでしょう。

ブレイク後の値動きを狙う

フラッグやペナントをブレイクした場合
それまでに溜まった損切り注文を巻き込んで
急激な値動きが起こる可能性が高くなります

ラインを抜けた瞬間は大きな値動きを狙える
チャンス
なので、ブレイクを確認したら
エントリーしてみましょう

ブレイク後の押しや戻しを狙う

フラッグやペナントをブレイクすると急激な値動きが
起こりやすいですが、その後すぐにライン付近まで
レートが戻ってしまう場合も珍しくありません

ブレイク直後のタイミングを逃してしまうと
レートが戻ってしまい損失を抱えてしまう可能性も
高くなってしまいます

ブレイク直後の売買タイミングに自信が無い場合は
ブレイク後の押しや戻しを狙ってエントリーを行いましょう

チャートパターンはトレンドの継続を示唆しており
押しや戻でラインの手前で反転したことを
確認してからエントリーすれば、ダマシに会う可能性も
低くなり、取引の勝率を大幅に引き上げることにも繋がります

安定した利益を狙いたい場合は
ブレイク後の押しや戻しを確認してから
エントリーするようにしましょう。

ペナントとフラッグのポイント

基本は順張りで

フラッグとペナントは
トレンドの継続を示唆する
チャートパターンです

基本的にはトレンド、もち合い、トレンド継続
と言う値動きを予想することになるので
順張りの取引を心がけましょう

FXではトレンドに乗って行った取引が
大きな値幅を狙える一番効率的な投資法
です

レンジの両端を狙った取引でも利益を狙うことはできますが
狙える値幅が少なくリスクとリターンをうまく管理できないと
継続的に利益を狙うことは難しいでしょう。

フラッグやペナントでは順張りの
エントリーポイントが明確で
売買のタイミングを一目で
判断することができます

あえて難易度の高い取引を行う必要は少ないので
ペナントやフラッグを狙う場合でも
狙いやすい順張りの取引を心がけましょう

強力な支持線や抵抗線になる

フラッグやペナントのラインはブレイク後に
そのまま強力な支持線や抵抗線になる場合が
珍しくありません

逆に支持線や抵抗線として機能せず

上昇トレンドのフラッグやペナントで
直前の安値を更新してしまった場合など

チャートの解釈を誤っていた可能性が高くなります

予想と違う値動きが起こった場合は
早めに損切り
をおこなって一旦取引を
見直しましょう

長い時間足もチェックする

チャートパターンは短期のローソク足から長期のロウソク足まで
様々な時間足で出現する可能性があります

しかし、自分がメインで使っている期間だけに
着目して取引を行っているとダマシに合う可能性が
高くなってしまいます。

取引を行うときは自分がメインで使っている期間より
長い期間のローソク足チャートもチェックする様に
心がけましょう

フラッグやペナントにこだわり過ぎない

新しいチャートパターンを覚えると
そのチャートパターンを意識しすぎてしまい

無理やり形に当てはめてしまう場合があります

有名なチャートパターンは
確かにチャート上で確認できますが

常に出現しているわけではありません

チャートパターンの条件を良く確認して
本当にパターンに当てはまるのか
しっかりと確認してから取引
を行いましょう

先読みでエントリーしない

エントリーのタイミングが早い方が
狙える利益が多くなるので

エントリーできそうなチャートを見つけると
ついつい先読みでエントリーしたくなってしまいます

しかしチャートパーターンを形成する前に
エントリーを行えばどうしても勝率が下がってしまう
ので

まずはセオリー通りのタイミングで
安定した利益を狙う事に集中しましょう

フラッグ内の取引に注意

フラッグでの反転を狙った取引は
エントリーのタイミングを計りやすく
ついついエントリーしたくなってしまいます

しかし狙える値幅が小さい場合が多く
ブレイクしてしまった場合等に発生する
損失リスクとリターンが見合わない取引に
なってしまう場合も少なくありません

トレードの成功率は高そうに見えますが
実際には利益にならない可能性も高いので

レンジ内でトレードを行う場合は
リスクとリターンに注意して
利益が狙えそうなときだけ
取引を行うように注意しましょう

損切りは忘れずに

フラッグやペナントはエントリータイミングも明確で
その後の値動きも予想しやすい取引ですが

取引の勝率が上がってくると損切りの注文が
おろそかになってしまうことがあります

FXではどんなに勝率が高くても、一回の取引失敗で
それまでの利益を失ってしまう可能性もゼロとはいえません

調子よく利益を上げれたとしても損切りの設定は
忘れずに行うようにしましょう

フラッグやペナントではその後の値動きも
想像しやすいので、予想と違う値動きが起こったら
すぐに損切り
してしまってもいいでしょう

フラッグとペナントまとめ

フラッグやペナントは
最も基本的なチャートパターンで
エントリーのタイミングもシンプルで
わかりやすいものとなっています

しかし、慣れていないと
チャート内から無理に似た形を探したり
先走ってエントリーしてしまったりなど

せっかく成功しやすいトレード方法なのに
うまく行かない場合も少なくありません

まずは基本に沿ったタイミングでエントリーを行い
予想ととが畝動きがおこったら早めに損切りするなど

リスクを減らして安定して利益を狙えるような
取引を行いましょう