トレンド発生を素早く察知、値動きに敏感なテクニカル、MACDとは

MACD(マックディー)は移動平均線を利用した
有名なテクニカル分析の一つです

MACDを相場の値動きに敏感に反応するので
移動平均線よりも素早くトレンドの転換を
察知することが可能になります

集団心理により値動きを予想するFXでは
有名なテクニカル分析は多くの人に使われている
と言うだけで有用な物となります

今使っているテクニカル分析を
お持ちかもしれませんが

多くの人が値動きの予想に
利用している有名なテクニカル分析は
覚えておいて損はありません

ココでは移動平均線より値動きに敏感な
MACDの見方や使い方、その特徴や
使うときの注意点などをご紹介します

FXって何と言う人はこちらから
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

MACDとは

MACDは移動平均線を基にしたテクニカル指標で

MACDシグナルと呼ばれる2本のグラフと
ヒストグラムと呼ばれる棒グラフで構成されています。

まずはそれぞれをみていきましょう

移動平均線

移動平均線はロウソク足チャートで
一定期間の終値の平均したもの
ロウソク足チャートを滑らかにした
グラフを描きます。

期間中の終値をそのまま平均した物を
単純移動平均線(SMA)

現在に近い終値を重視して計算を行う
指数平滑移動平均線(EMA)や
加重移動平均線(WMA)などの
種類があります。

トレンドに乗って利益を狙う!チャート分析の基本|移動平均線とは
チャート分析の基本移動平均線とは?最も使われているテクニカル分析、移動平均線の使い方から設定のポイントまでわかりやすく解説。簡単な見方を覚えるだけでもトレンドが一目わかるので、売買チャンスがみえてきます。移動平均線をマスターして勝率をアップしましょう

MACD

MACDの計算では通常の単純移動平均線ではなく

直近の値動き重視した
指数平滑移動平均線(EMA)
が使われています

単純移動平均線(SMA)では
直近の終値と過去の終値が
すべて同じ扱いで計算されているので

前回の終値と期間ギリギリの終値の両方が
同だけの影響力を持っていることになります

EMAでは
未来の値動きを予想する上で
重要なのは直近の値動き
という考え方を元に

直近の値動きを重視して計算されているので
相場の値動きに敏感に反応するようになっています

MACDは短期と長期、
2本のEMAの差を表しており

MACD=短期EMA-長期EMA

で計算され

短期と長期の移動平均線の位置関係を
一目で確認できる
ようになっています。

シグナル

シグナルはMACDの移動平均線
MACDを移動平均化することで
値動きに対する反応が滑らかになり

ロウソク足チャートに対する
移動平均線のような役割を
持つようになっています。

MACDでは基本的に
MACDとシグナルがクロスするタイミングが
売買を行うポイント
となります

ヒストグラム

ヒストグラムは
MACDとシグナルの差
を表し
MACD-シグナルで計算されます

ヒストグラムがゼロになった部分では
MACDとシグナルがクロスしているので
ヒストグラムがゼロになったところも
売買のポイント
となります。

グラフの見方を覚えたら、使いやすいFX会社を選ぼう

初心者でも使いやすい

外為オンライン

外為オンライン
おすすめポイント
  1. 初心者に人気!
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. キャッシュバックあり
  5. 外為オンラインの詳細へ

口座開設数50万突破!
初心者にオススメしたいFX会社

4000円と少額から始められるのが、初心者向けFX会社の外為オンラインです。
元AKB48の大島優子さんがイメージキャラクターを務めています。

1000通貨に対応しているので、通常の10分の1の資金から始められるようになっています。
初心者に支持されているのは資金面ではなく、取引の手軽さからもです。

外為オンラインではなんと、賢く代わって自動取引してくれる「iサイクル注文」を搭載!
日中忙しい方や、始めるタイミングに迷っていた方でもお任せでFXが始められてしまいます。

そんな便利な自動売買も、デモトレードで無料練習が可能。

口座開設費などもないので、お試し感覚から始めることが出来ます。

期間限定で5,000円のキャッシュバックキャンペーン中です!

取引コストがお得

FXブロードネット

FXブロードネット
おすすめポイント
  1. 自動売買が人気
  2. 少額からできる
  3. キャッシュバックあり
  4. FXブロードネットの詳細へ

取引タイミングの悩みから解放してくれるトラッキングトレード

FXブロードネットの最大の特徴は、ユーザーのわがままを実現した賢い自動売買「トラッキングトレード」です。

24時間あなたに代わって、忙しいときや寝ている間も売買を繰り返してくれます。
迷いがちな取引のタイミングをバッチリと掴んで、売買のチャンスを逃がしません。

1000通貨からと少額対応しているほか、使いやすいツールが全て無料なのも嬉しいポイント。

また電話対応から動画セミナーなど、初心者バックアップも万全になっています。

今なら最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中!

MACDの使い方

グラフの意味を覚えたら
次は使い方をみていきましょう

MACDはチェックするポイントは
わかりやすいのですぐに使えるように
なるはずです

トレンドの判断

MACDでは一目でトレンドの状態を
判断することが可能
になっています

MACDがプラスの状態では上昇トレンド
MACDがマイナスの状態では下降トレンド
発生している状態になります

まずは現在のトレンドを確認するために
MACDの位置を確認しましょう

MACDの角度でトレンドの勢いを判断

MACDのを使えばトレンドの勢いを
判断することもできます

現在のトレンドの向きを把握した後は
グラフの角度からトレンドの勢いを
考えて見ましょう

MACDの角度は短期と長期の移動平均線の差の
広がり方を表している
ので

傾きが大きくなるほどトレンドに勢いがあることを表しています

逆に
MACDがプラスのときに
グラフが上昇から下降に変わった場合

MACDがマイナスのときに
グラフが下降から上昇に変わった場合

トレンドの勢いが弱まってきたと判断できます

トレンドの向きを判断したら
トレンドの勢いにも注目してみましょう

ゴールデンクロスとデットクロス

移動平均線がクロスするタイミングは
ゴールデンクロスとデットクロスとして
有名な売買のポイント
ですが

MACDとシグナルがクロスするタイミングも
売買のポイント
としてよく使われています

MACDがシグナルを
下から上に抜けると
買いのサイン
となり

MACDがシグナルを
上から下に抜けると
売りのサイン
となります

敏感に値動きに反応すMACDでは
トレンドが発生する可能性があるタイミングを
いち早く察知できるこの売買サインが
一番の注目ポイントになります。

MACDとゼロラインのクロス

MACDとゼロラインがクロスしたところも
売買のポイント
となります

MACDとゼロラインのクロスが起こった場合
その前に起こったMACDとシグナルがクロスの
信頼性を上げると考えられています。

MACDとシグナルのクロスでポジションを持った場合
ポジションを持ったまま更なる利益を狙ったり
ポジションの追加を考えるポイントになります。

MACDの期間設定

テクニカル分析では
多くの人が利用している
と言うことが分析の精度を上げる
重要な要素となります。

特に理由がなければMACDの設定は
短期のEMA:12、長期のEMA:26、シグナル:9
の標準的な初期設定のままで利用
しましょう

売買サインの頻度が少なかったり
騙しが多すぎたりすると

設定を変えたくなる場合もあるかも知れませんが
まずは標準的な設定で取引を行いましょう

設定を変える場合は
長期のEMAを短期のEMAの約2倍に
設定するのが一般的で

期間を短くすればその分だましが多くなり
期間を長くすればその分売買のサインが出る頻度が
少なくなることになります。

MACDの特徴

移動平均線と使い方が似ているMACDですが
移動平均線と何処が違うのでしょうか

移動平均線とMACDの違いを確認してみましょう

移動平均線よりもクロスするポイントが早い

MACDの最大の特徴は
移動平均線を使ったテクニカル分析よりも
売買のためのサインが出るポイントが
早い
ということです。

実際に12と26のEMAを表示させたローソク足チャートと
MACDを表示させたサブチャートを比較してみましょう

MACDとシグナルのクロスするポイントが
移動平均線がクロスするポイント早くなっています

この違いによって移動平均線を使ったテクニカル分析よりも
早い段階で売買のサインを判断することができるようになります

移動平均線の位置関係を表している

短期と長期の移動平均線の差を
グラフにしたMACDでは

短期と長期の移動平均線の
位置関係をプラスマイナスで
表す
事になります

短期の移動平均線が長期の移動平均線の
上にある場合はプラス
の数値になり
上昇トレンド

短期の移動平均線が長期の移動平均線の
下にある場合はマイナス
の数値になり
下降トレンドを表すことになります

MACDのプラスとマイナスで
トレンドが判断できるのは

短期と長期の移動平均線の位置関係を
表していたからなのです

移動平均線がクロスするポイントもわかる

MACDでは移動平均線がクロスするポイントも
そのまま判断することができます

MACDは長期と短期の移動平均線の差を表しています
MACDがゼロとなるポイントは移動平均線の同士の差がゼロ
つまりクロスしているタイミングと一致
することになります

先ほどのグラフをもう一度見てみましょう

ロウソク足チャートで移動平均線が
クロスしているタイミングで
MACDがゼロになっていることが
確認できます。

MACDがゼロになったポイントが
売買のサインとなるのは
そのタイミングが移動平均線が
クロスするタイミングと
同じ
だからなのです。

ダイバージェンス

MACDではオシレーター系指標特有の
ダイバージェンスと呼ばれる状態に
なることがあります

ダイバージェンスは
強いトレンドが発生した後に
起こることがあり

ロウソク足チャートでは
価格が上がっているのに
MACDが下降している
場合や

逆に
価格が下がっているのに
MACDが上昇している
状態です

一見すると違和感のある状態ですが
ダイバージェンスは相場の転換点を
表す
こともあるので

ダイバージェンスを確認した場合は
その後の相場の転換に注意しておきましょう

MACDの注意点

騙しに注意

MACDを使って取引する場合
売買サインの騙しに注意しましょう

MACDは移動平均線よりも
敏感に相場の値動きに反応するため
その分騙しの売買サインも増えてしまいます

売買サインが出たときは
MACDとシグナルがクロスする角度にも
注目してみましょう

クロスする角度が深い場合は
トレンドが発生する可能性が高くなり

クロスする角度が浅い場合は
騙しのサインになる可能性が高くなります

MACDで騙しの売買サインが多い場合は
取引前にクロスの角度を必ず確認しましょう。

レンジ相場では使いづらい

MACDはレンジ相場になると
頻繁にクロスが発生して
使いづらくなってしまうので

売買のサインを判断できないときは
別のテクニカル指標も使ってみましょう

MACDのまとめ

・MACDは短期と長期の移動平均線の差を表す

・移動平均線は一定期間終値の平均

・シグナルはMACDの移動平均

・ヒストグラムはMACDとシグナルの差を表す

・MACDがプラスのときは上昇トレンド

・MACDがマイナスのときは下降トレンド

・MACDの角度はトレンドの勢いを表す

・MACDとシグナルのクロスは売買のサイン

・MACDとゼロラインのクロスも売買のポイント

・特に理由がなければ設定は基本設定のままで

・MACDの売買サインは移動平均線よりも早い

・MACDは短期と長期の移動平均線の位置関係を表す

・MACDがゼロなのは移動平均線がクロスするタイミング

・チャートとMACDの傾きが逆になったら相場の転換に注意

・相場の値動きに敏感すぎて騙しが多くなることも

以上、MACDについてご紹介しました

MACDを使うと
移動平均線を使った分析よりも早い段階で
売買のサインを察知することができるようになります

早い段階でトレンドを察知することができれば
その分大きな値動きを狙えるようになるので

いち早くトレンドに乗って
大きな利益を狙えるようになります

反面、値動きに敏感なので
騙しの売買サインが増えてしまう
可能性もあるので、

他のテクニカル指標との併用や
グラブの傾きやクロスする角度に
着目して売買のタイミングを絞るなど
MACDをうまく利用して予想の精度を
上げられるようにしましょう