初心者向け!勝率がアップするFXのチャート活用法

FXを始めみたものの調べても難しくて良くわからないし
上がるか下がるかなんてどうやって予想したらいいの?

そんな風に感じたことはないでしょうか

ネット上には情報があふれているので、
始めたばかりだとどこから手をつけたらいいのか
判断するのは難しいでしょう。

そこで、ここでは初心者でもみつけやすい
重要とされているチャートのポイントを紹介したいと思います。

FXって何と言う方はこちらから

マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

FXの予想方法は大きく二つ

経済の動向から予想する

一つは関係する国の経済の動向(景気等)を基にして予想する方法です。

経済指標や金融政策、要人の発言等で
景気が良くなっていると判断されれば上昇することが、
景気が悪くなってと判断されれば下落すること多くなります。

チャートを分析して予想する

もう一つはチャートを分析することで、
相場の上下を予想する方法です。

一般にテクニカル分析と呼ばれ
チャートに表示されている過去の情報を元
一定のパターンを探して未来の値動きを予想

相場が上がりやすいパターンの時に買って
下がりやすいパターンの時に売ることで
格段に勝率を上げることができます。

チャートの分析が勝利への近道

まずはチャートのテクニカル分析から

経済指標や要人発言を元に取引を行う場合、
重要な発表や発言があった瞬間に
激しい値動きが起こることも多く

大きな利益を狙える可能性はありますが
その分リスクも高く一瞬で勝負が決まって
しまいかねないので、初心者向きとはいえません。

まずはチャートを分析し安定して勝てる取引を身に着けましょう。

チャートの分析といっても難しい計算は必要ありません。
多くのFX会社では簡単な設定でチャート上にテクニカル分析を
表示することができます。

テクニカル分析が使いやすいFX会社

外為オンライン

外為オンライン
おすすめポイント
  1. 初心者に人気!
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. キャッシュバックあり
  5. 外為オンラインの詳細へ

口座開設数50万突破!
初心者にオススメしたいFX会社

4000円と少額から始められるのが、初心者向けFX会社の外為オンラインです。
元AKB48の大島優子さんがイメージキャラクターを務めています。

1000通貨に対応しているので、通常の10分の1の資金から始められるようになっています。
初心者に支持されているのは資金面ではなく、取引の手軽さからもです。

外為オンラインではなんと、賢く代わって自動取引してくれる「iサイクル注文」を搭載!
日中忙しい方や、始めるタイミングに迷っていた方でもお任せでFXが始められてしまいます。

そんな便利な自動売買も、デモトレードで無料練習が可能。

口座開設費などもないので、お試し感覚から始めることが出来ます。

期間限定で5,000円のキャッシュバックキャンペーン中です!

テクニカル分析とは

テクニカル分析はチャート(過去の情報)と
「それを見て取引している人がどう考えて次の取引を行うのか」

といった情報から未来の値動きを予想しようとするもので、
色々な分析法が考案されてきました。

過去の情報なんて予想の役に立つの?

と考える人も居るかもしれませんが

コイントスの様な単純な確率勝負なら
たとえ100回連続で表が出ていたとしても
イカサマがなければ次に表が出る確率は常に2分の1です。

しかし、FXの値動きには過去の経済の動向や
チャートを見ている人たちの思惑など
様々な要因が影響して変化しています。

各国の経済状況が為替に影響を与え
同じようにチャートやテクニカル分析を元に
取引している人達が居る限りテクニカル分析は
有効な手段といえるでしょう。

テクニカル分析のメリット

テクニカル分析のメリットはなんといっても
予想が当たる確率を上げることができる点です。

闇雲に取引を行えばFXは完全なギャンブルになってしまいます。

投資として確実に利益を狙っていくためには
テクニカル分析は重要なポイントになってきます。

テクニカル分析を知っていれば予想外の値動きをし始めたとき
逆に「何か事件が起きたのでは」等と予想して海外のニュースなどで
まだ情報が手に入れることができない出来事を察知できる可能性もあります。

テクニカル分析のデメリット

テクニカル分析のデメリットは数が多すぎて
どれを使えばよいのかわからない点です。

テクニカル分析を使って予想の確率を上げても
未来の値動きを完全に予知することはできません。

そのため少しでも多く儲けようした経済のプロ達が
様々な手法を開発してきました。

その結果、無数の手法が生まれ
どこから手をつければいいのか
判断しづらくなってしまいました。

テクニカル分析を全て同時に実践することはできません。
まずは簡単なものから試して自分に合った手法を見つけましょう。

相場の傾向を見極めよう

FXの相場の傾向は大きく分けて二つしかありません

一定の範囲で上下の値動きを繰り返す「レンジ相場」と
全体的に上がり続けたり、下がり続けたりする「トレンド相場」です。

テクニカル分析の種類によって、得意な相場と不得意な相場があるので、
相場の傾向に合わせて使い分けましょう。

行ったりきたりで忙しい「レンジ相場」

レンジ相場は上値と下値が一定の範囲で上下
行ったりきたりを繰り返す相場です。

上端や下端を狙って売買を繰り返す方法もありますが、
細かく売買を行う必要があり素早い判断を求めらます。

レンジ相場に強いテクニカル分析は「オシレーター系指標」と呼ばれ
ちょっとした変化を察知しやすい代わりに騙される(予想が外れる)ことも多く
初心者にはあまりお勧めできません。

流れに乗って利益を狙える「トレンド相場」

トレンド相場は上下の方向を見つけて
流れに乗りさえすればいいので、
それほど難しくありません。

相場の傾向を見極めたら
まずはトレンド相場で
利益を狙ってみましょう。

トレンド相場に強いテクニカル分析は「トレンド指標」とよばれ
細かい変化ではなく相場全体の流れ(トレンド)を把握しやすくなっています。

トレンドが一目でわかる「移動平均線」

「移動平均線」は最も基本的で有名なテクニカル指標です。

過去の値動きの平均をグラフにしたもので
これを使えば相場の流れ(トレンド)が上昇傾向なのか、
下降傾向なのかを一目で把握
することができます。

移動平均線が上昇しているのか
それとも下降しているのかに注目して
トレンドをしかっり見極めましょう。

ロウソクチャートに移動平均線を表示した場合
設定した本数=平均する過去のロウソクの本数で平均が計算されます
短期で利益を狙う場合は”5本”~”10本”程度に設定すると良いでしょう。

上昇トレンドの見極め方

チャートが移動平均線よりも上にあれば
上昇トレンド

下降トレンドの見極め方

チャートが移動平均線より下にあれば
下降トレンド

レンジ相場の見極め方

チャートが移動平均線と短い間隔で交差している
レンジ相場

初心者にもみつけやすいトレンド相場の売買ポイント

移動平均線にはグランビルの法則と呼ばれる
有名な売買のポイントがあります。

特に重要なのがトレンドの転換点になる二つのポイントです。

買いのチャンス!上昇トレンドへの転換点

移動平均線が下げ止まった後チャートと交差

上昇トレンドへの転換点となる可能性が高く
絶好の買いポイント

売りのチャンス!下降トレンドへの転換点

移動平均線が上げ止まった後チャートと交差

下降トレンドへの転換点となる可能性が高く
絶好の売りポイント

初心者でも探しやすい
このポイントさえ見つけられれば
取引の始めと終わりを判断できるので、
自信を持って取引を進められます。

慣れないとみつけづらい、トレンド相場の有名売買ポイント

グランビルの法則は全部で8個の売買ポイントがあります。

少し判断が難しいポイントですが後のためにココで紹介しておきます。

移動平均線が上昇しているのに
チャートが上から下に交差したとき

移動平均線が上昇を示しているので
もう一度上げ始める可能性がある
買いポイント

移動平均線が下降しているときに
チャートが下から上に交差したとき

移動平均線が下降を示しているので
もう一度下げ始める可能性がある
売りポイント

移動平均線が上昇しているときに
チャートが一旦下落してから
移動平均線と交差する前に再度上昇

上昇トレンドが継続する可能性がある
買いポイント

移動平均線が下降しているときに
チャートが一旦上昇してから
移動平均線と交差する前に再度下降

下降トレンドが継続する可能性がある
売りポイント

移動平均線が下降しているときに
チャートが移動平均線から離れるように大きく下落

トレンドと逆方向の取引を仕掛ける
判断が難しい買いポイント

判断を誤ると大きな損失が出る可能性がある

移動平均線が上昇しているときに
チャートが移動平均線から離れるように大きく上昇

トレンドと逆方向の取引を仕掛ける
判断が難しい売りポイント

判断を誤ると大きな損失が出る可能性がある

予想がなかなか当たらないときは?

「試してみたけどなかなか予想が当たらない」

もしかしたら取引の間隔と移動平均線の設定が
合っていない
のかもしれません。

移動平均線の本数の設定を変えたり
複数の移動平均線を表示させたりしてみましょう。

移動平均線でよく使われる設定は
短期の取引では”5本”や”10本”
中期の取引では”50本”
長期の取引では”200本”
でチャート上に複数(2,3本)
表示すると使いやすいと思います。

自分の取引間隔に合わせて
ちょうどいい設定をみつけましょう。

まだまだある売買のポイント

設定で移動平均線を追加して複数に変更したら
別の売買ポイントも狙って見ましょう。

見かけたら買いのサイン!ゴールデンクロス

下にあった短期の移動平均線(設定の本数が少ない)が
長期の移動平均線(設定の本数が多い)と交差して上に抜けることを
「ゴールデンクロス」と呼び

この形はここから上がる可能性が高く
買いを行う絶好のチャンスになります

売りのサインはデッドクロス

「デッドクロス」は「ゴールデンクロス」の逆で
上にあった短期の移動平均線が
長期の移動平均線と交差して下に抜けていく形で

ここから下がる可能性が高く
売り始める絶好のチャンスとなります

チャートの向こうに誰かが居るはず!騙しに注意しよう

FXでは同じチャートや情報を元に
数え切れない人が取引を行っています。

有名なテクニカル指標は当然多くの人が知っていることになります。

例えばあなたが全力で取引を行うのはどんなときでしょう、取引を始めるときでしょうか?

おそらく失敗したと感じて取引を一旦やめようとしたときに
瞬間的な取引量が一番多くなるはずです。

FXには~.0、~.5、等のきりのいい数値や
有名なテクニカル指標の売買ポイントで
わざと予想が外れるような値動きを起こして
損切りを誘って利益を得ようとしたり
寝ている日本人を狙ってロスカットになるような
値動きを起こそうとしたりなどあらゆる手段で
儲けようとしている人達がいます。

FXで儲けるために取引で全勝する必要はありません

テクニカル指標では値動きを
完全に予想することはできないので
予想が外れたと感じたときは気持ちを切り替えて
次のチャンスを探しましょう

合わないと感じたら別の手法も試してみよう

取引の時間や判断のタイミングなど様々な要素で
勝ちやすい取引方法は変わってきます。

ある程度試してみて合わないと感じたら
別の方法を試してみるといいでしょう。

自分のスタイルに合った手法が見つかれば
驚くほど勝率がアップするはずです。

トレンド重視のチャート活用法まとめ

  1. 重要な経済指標はハイリスク、ハイリターン
  2. テクニカル分析で勝率を上げよう
  3. 移動平均線でトレンドを見極めよう
  4. トレンドにのって利益を狙おう
  5. トレンドの転換点をみつけて勝率アップ
  6. 自分に合った移動平均線の設定をみつけよう
  7. 上昇と下降のサイン「ゴールデンクロス」「デッドクロス」を探してみよう
  8. 予想がはずれたと感じたら仕切りなおし、騙しには注意しよう
  9. 慣れてきたらより自分に合った手法を探してみようそう

テクニカル分析を覚えたら自信をもって取引を行えるようになります。

慣れてきたら何種類か試してみて自分に合った勝率の高い取引ポイントを見つけましょう。