欧米で主流のチャート分析法!FXのプライスアクションとは

皆さんはチャートから値動きを予想する方法として
まず何を思い浮かべるでしょうか?

日本では江戸時代から酒田五法などといった
ローソク足の分析法が考えられてきましたが

日本で生まれたローソク足は
今では世界中で使われています

そして日本の酒田五法と同じように
西洋でもチャートのパターンを分析して
値動きを予想するテクニックについて
研究が行われてきました

ここでは、西洋で研究された値動きのパターン、
プライスアクションについてご紹介します。

FXって何と言う人はこちらから
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

プライスアクションとは

「プライスアクション」は直訳すれば「値動き」と言う意味で
文字通り値動きに注目して為替変動を予想する方法です

一本のローソク足からでも読み取れる情報は様々です。

プライスアクションではローソク足の形や
複数のロウソク足を組み合わせたパターンを利用することで、
値動きの予想を行っていきます

ロウソク足のパターンから値動きを予測すると言うと
酒田五法を思い浮かべる方も多いかもしれませんが

欧米でも酒田五法と同じように
ローソク足のパターンを分析する方法が
考えられてきました。

欧米で研究されたプライスアクションには
酒田五法との共通点も多いので、
後ほど確認してみましょう

プライスアクションが重要な理由とは

プライスアクションは欧米で研究された
チャート分析法です

FXの取引が行われている為替市場中心は
ニューヨーク市場とロンドン市場で
通貨の取引量も世界1位と2位となっています

日本の東京市場も世界三大市場に数えられてはいますが
ニューヨーク市場やロンドン市場で取引される通貨量は
東京市場よりはるかに多い物となっています

ニューヨーク市場やロンドン市場で取引が行われている
ニューヨーク時間やロンドン時間は為替相場の取引が
活発になり値動きが起こりやすいFXでも特に重要な
時間帯と言うことができるでしょう

この重要な時間帯に多くの相場参加者が
何を考えてチャートを見ているのかを
考えて見ましょう

日本の相場参加者は酒田五法に代表される
日本のチャート分析法を利用して値動きを
予想している方も多いかもしれません

しかしこの時間帯の相場参加者の多くは
欧米人と言うことになるので、

日本とは異なり
欧米で主流のプライスアクション等の
チャート分析法で値動きの予想を行っている
人たちの割合が多くなることになります

酒田五法と欧米で主流のプライスアクションには
確かに共通したパターンが存在していますが
注目しているポイントに大きな違いがあります。

始値と終値に注目する酒田五法に対して
欧米では高値や安値に加え高値や安値を更新する
勢いやチャートの流れに着目して値動きを予想
することになります

ニューヨーク時間やロンドン時間の市場参加者は
多額の資金を運用している欧米のヘッジファンドや
主要銀行です

相場の値動きを予想するためには市場参加者が
どういった考えで取引を行っているのかを
考えることが非常に重要
となります。

大きな値動きが起こりやすいチャンスの時間帯に
FXで利益を狙うためにも欧米の市場参加者が
どういった考えで取引を行っているのかを
覚えておきましょう。

プライスアクションを利用した取引法

為替市場で大きな取引量を占める
ニューヨーク市場やロンドン市場の
相場参加者達はプライスアクションに
注目して売買を行っています

実際にどのように考えて取引を行っているのかを
確認してみましょう

プライスアクションを利用した取引とは

プライスアクションを取引に利用する場合

高値や安値そのものに加えて、
高値や安値を更新する勢いに
注目することになります

高値や安値を更新した値動きの勢いに乗って
順張りの取引を行うことで利益を狙う

と言うのが基本の考え方となります

今日の終値と前日の高値や安値を比較したり

日本では注意するだけの
有名なチャートパターン後のダマシからの
損切りやポジションの転換を狙った手法など

日本のテクニカル分析と共通している物から
一風変わったから値動きを予想することになるので

欧米流の売買ポイントや売買ルールを
チェックしておきましょう

プライスアクションを利用してトレードするべき時間帯

プライスアクションにトレードを行うのに適した時間帯は
欧米の投資家達が市場に参加するロンドンやニューヨーク時間が
メインとなります。

欧米の相場参加者が増える夕方から夜の時間帯に
取引を行うことで予想の精度を上げることができるでしょう

ピンバーとスパイク

プライスアクションを利用した取引では
ロウソク足チャートのパターンが重要となります

ロウソク足の終値が前回のロウソク足より高いのか
それとも低いのか、高値や安値が過去の高値や安値より
低いのか高いのかなどに注目して値動きの予想を
行うことになります

相場の状況を判断したら何処でエントリーするのかを
考える必要があります

プライスアクションを利用したトレードで
特に注目されるのが「ピンバー」と呼ばれる
ローソク足の出現です

ピンバーは日本で言われる十時線のことで
実態が短くひげが長いロウソク足を表しています

ピンバーと同じようにエントリーポイントとして
注目されているのが、スパイクと呼ばれる
ロウソク足のパターンです

スパイクは上ひげとしたヒゲどちらか一方が長い
ローソク足
で、トンカチやカラカサと呼ばれる
チャートパターンになります

このチャートパターンを確認したときに
ヒゲが前後のロウソク足を突き抜けていた場合
売買のサイン
となります

これらの形全てが売買のサインとなるわけでは
無いので、前後の高値や安値に注意して
取引を行いましょう

ダウ理論を併用しよう

プライスアクションで値動きを予想する場合
高値や安値に注目して値動きの予想を行うことに
なりますが

それだけを重視しすぎると
大きな流れを把握できずに
取引を成功させることはできません

プライスアクションを重視する欧米の投資家ですが
プライスアクションだけでなくダウ理論にも
注目して取引を行っています

ダウ理論はチャールズ・ダウさんが考案した理論で
元々株式相場の分析法として考え出されました

ダウの名前は平均株価などで
耳にしたことがある人も
多いのではないでしょうか

株式市場で考えられたこの理論は
集団心理を反映する相場の世界では
広く利用されておりFXでも例外ではありません

ダウ理論は6つの基本原則からなり

・平均は全ての事象を織り込む
・トレンドは三種類ある
・主要トレンドには3つの段階がある
・平均は相互に確認されなければならない
・トレンドは出来高でも確認されなければならない
・トレンドは明確なシグナルが出るまで継続する

となります

平均は全ての事象を織り込む

これはチャートには全ての要因が
反映されているといった考え方です

為替レートが変動する要因は様々で
各国の政治、経済情勢やテロや自然災害
相場参加者の個人的な思惑まで、
様々な要因で常に変動し続けていますが

あらゆる要因が相場の値動きに反映されているので
チャートを重視して値動きを分析することが
特に重要であるということになります

トレンドは三種類ある

ダウ理論でのトレンドは
主要トレンド、二次トレンド、少トレンドの
三種類が存在すると考えられています

主要トレンドは一年から数年の長期トレンド、
二次トレンドは数週間から数ヶ月の中期トレンド、
少トレンドは三週間未満の短期的なトレンドを
それぞれ表しています

主要トレンドには3つの段階がある

ダウ理論ではトレンドの三つの段階があると
考えられています

トレンドの第一段階は先行期で
一部の投資家が先行して売買を行い始める時期は
このように呼ばれます

トレンドが進んで第二段階となると追随期と呼ばれ
先行期の値動きを見た投資家達が売買を始める時期が
このようによばれます

追随期では本格的にトレンドが出始め
急激な為替変動が起こるのがこの時期となります

第三段階は利喰い期と呼ばれ
急激な為替変動を確認した
一般の投資家達が売買を始める
時期になります

この時期になると先行期や追随期に取引を
始めた投資家達が利確のタイミングを探っている時期と
なってしまっているので、取引を始めても
利益を狙うのが難しい時期となっています。

ダウ理論ではこのような段階を分でトレンドが
繰り返されていると考えられているのです

平均は相互に確認されなければならない

相場の価格変動は様々な要因が
相互に干渉しあって起こっています

ダウ理論が考案された時代は
工業が盛んになると輸送のために
鉄道が整備される時代でした

工業の好、不調が鉄道の経営に
大きな影響を与える時代だったのです

このことから工業株平均と運輸株平均
二つの平均からトレンドの判断を行っていました

このようにトレンドが発生したときは
一方だけではなくかかわりが深い
もう一方でも同じトレンドが発生
するはずなので

ダウ理論ではかかわりの深い
複数の平均指標を利用して
トレンドの判断を行うことになります

トレンドは出来高でも確認されなければならない

出来高は売買が成立した数
つまり取引量を表していますが
FXの取引で判断の材料とされることは
少なくなっています

FXでは出来高を確認する方法が無いので
この考え方を当てはめることが難しいからです

トレンドは明確なシグナルが出るまで継続する

ダウ理論では上昇トレンドが発生した場合
直近の高値と安値の両方が前回の高値と安値より
きりあがることになります

トレンド中といえども値動きは上昇と下降を
繰り返しながら進行していくことになります

このトレンドと逆方向の値動きが一時的なものなのか
トレンドが転換したのかを明確なサインによって判断する
と言うのがダウ理論による考え方となります

プライスアクションのまとめ

ローソク足の形状から値動きを予想する
プライスアクションは国によって
注目するポイントや値動きのよそう方が
異なる場合が存在します

このようなテクニカル分析によって
値動きを予想する場合、特に重要なのが
そのときの相場参加者が何を考え取引を
行うっているのかを考慮することです

取引時間によって相場に参加している
人の種類が変わることになるので

欧米の相場参加者が多い夕方から夜に掛けては
日本の分析法だけでなく、欧米の相場分析法に
ついても考えながら取引を行うようにしましょう