レンジ相場の反転を予想する、FXのRSIとは

レンジ相場の反転を予想する、FXのRSIとは

皆さんは買い物するときに
前と値段が変わっていたら
どのように感じるでしょう?

以前より高くなっていたら
ちょっと購入を躊躇ってしまったり

逆に安くなっていたら
思わず買ってしまったり

そんな経験がありませんか

相場の世界でも取引レートが
どのくらい高くなったのか
もしくは安くなったのか

そんな割高感や割安感によって
取引が行われる場合もあるのです

ここでは狙っている通貨ペアが

買われすぎているのか、
それとも売られすぎているのかを

判断できるオシレーター系のテクニカル指標
RSIについてご紹介します

FXってなにと言う人はこちらから
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

RSIとは

RSIはレンジ相場に強いといわれる
オシレーター系のテクニカル指標
の一つで
ロウソク足チャートの下にサブチャート
として表示されます

為替レートの値幅に注目して
一定期間中のレート上昇を値上がり幅、
レートの下降を値下がり幅と考えて

全ての値動きの幅に占めるレート上昇の割合から
買いが強かったのか、それとも売りが強かったのか
を判断することができます

RSIを取引に活用することで
一定の割合以上買われすぎていたら
値下がりを期待する取引を行ったり

逆に売られすぎていたら
値上がりを期待する取引を行ったりなど

為替レートの値動きの割合という
わかりやすい基準を元に売買の方針を
決めることができる
様になります

レンジ相場の反転ポイントを狙おうとしても
なかなか取引が成功しないというひとは

値動きの割合から相場の行き過ぎを素早く察知できる
RSIで反転のタイミングを判断してみましょう

RSIの計算方法

RSIの計算はローソク足の終値に着目して

終値が一つ前のローソク足より
上がっていれば値上がり
下がっていれば値下がりとして扱い

(一定期間中の値上がり幅)÷{(一定期間中の値上がり幅)+(一定期間中の値下がり幅)}×100(%)

で計算され為替レートの変動幅全体の中で
為替レートが上昇した割合を求めることで

期間中の相場の値動きにどのくらいの勢いがあったのか
一目で判断することができます

具体的に計算してみると

一ドルが100円から101円、102円、100円、99円、100円
と推移したとすると終値の値動きは

+1、+1、-2、-1、+1となることになり
計算式に当てはめると

(1+1+1)÷{(1+1+1)+(2+1)}×100=50(%)

となります

RSIは簡単に言うと
期間中に起こった値動きの幅を
上昇も下降も全て足して

その中で上昇した値動きの幅が
何%だったのかを表している

値動きの幅だけに注目した
シンプルな物です。

上昇と下降が同じ幅なら 50%
期間中、上昇し続ければ100%
期間中、下降し続ければ 0%
を表すことになるので、

強いトレンドが発生して
一方向への値動きが続いた場合は
使い物にならなくなってしまう
ので
トレンド中は気を付けておきましょう

売買のサイン

一般的にRSIが70%以上になったら
買われすぎ
と判断して売りの取引を

RSIが30%以下になったら
売られすぎ
と判断して買いの取引を

考えることになります

RSIで売買のサインを確認したら
相場の反転を意識しながら取引を
行いましょう

相場に強いトレンドが発生している場合は

RSIが買われすぎや売られすぎの割合で
固定されてしまい売買のサインとしては
全く役に立たなくなってしまいます

RSIから相場の反転を予想して
逆張りの売買のタイミングを計る場合は

トレンドが発生していないかしっかりと
確認してレンジ相場のときに取引を行う
様にしましょう

RSIの設定

RSIは何本のロウソク足で終値の集計を行って
割合を出すのかを自分で設定することができます

しかし、このRSIを考案したJ・ウエルズ・ワイルダー・Jrさんによると
14本のローソク足で集計をとることを推奨<していたようで パラメーターを自己流で変更するには 考案者と同程度にRSIについて理解を 深める必要があります。 期間を短くすれば反応が敏感になり 売買のサインが増えますが その分騙しも増えてしまいます 特にこだわりが無ければ初期設定の
14本のままで
分析を行いましょう

RSIの使い方

オシレーター系指標は買われすぎや売られすぎ
といった相場の行き過ぎを判断するために
良く使われています

明確に転換点を示唆しているわけではなく
強いトレンドが発生している場合は
行き過ぎたまま相場が進行することも

珍しくはありません

オシレーター系のテクニカル指標は
あくまでも目安的なものと考えて
他のテクニカル指標と合わせて
売買の判断を行いましょう

レンジ相場の両端を狙う

買われすぎや売られすぎといった
相場の行き過ぎが一目でわかるRSIを使って取引を行う場合

基本的には買われすぎなら売りの取引を
売られすぎなら買いの取引を行うことになります

しかし単純にサインに従って
RSIが70%を超えたら売りで
RSIが30%を下回ったら買いで取引を行っても
逆張りでの売買を行うことになってしまい

強いトレンドが発生し、買われすぎや
売られすぎの割合に張り付いてしまっている状態だと
RSIが役に立たず損失を抱えてしまうことになりかねません

現在の相場がレンジ相場なのか
それともトレンド相場なのかを
しっかりと見極めてから取引

行いましょう

レンジ相場の場合でも
反転を先読みして取引を行えば
騙しが増えて勝率が下がってしまいます

レンジの支持線や抵抗線での反発を
しっかり確認してから取引を行う
ようにして

騙しを減らして取引の成功率を上げれば
安定した利益を狙えるようになるはずです

トレンドの出始めを察知する

RSIを使ったレンジ相場でのトレード法は
良く取り上げられていますが

RSIでは中心に引かれた50%のラインを利用して
トレンドの出始めを察知することも可能となっています

RSIの50%付近はトレンドが出始めたポイントとして
多くの人に意識されており、ラインを越えた辺りでの
トレンド形成が実際のチャートでもよく確認できます

レンジ相場の両端を狙えるサインが出ていないときでも
50%付近でトレンドを意識した取引を行えば
十分に利益を狙うことが可能となっています

70%や30%付近での反転のほかに
50%付近でのトレンド発生にも注目して
取引を行いましょう

ダイバージェンス

オシレーター系のテクニカル分析では
チャートの価格とテクニカル分析の傾きが
逆になってしまう場合があり

この傾きが逆になってしまう現象は
ダイバージェンスと呼ばれています

ダイバージェンスとは相違といった言葉を意味する単語で

上昇トレンドでは直近高値に
引いたラインの傾きが逆
になり

下降トレンドでは直近安値に
引いたラインの傾きが逆
になった状態です

オシレーター系指標のダイバージェンスは
間もなくトレンドが終了する可能性がある

ことを示唆していますが

ダイバージェンスが必ずしもトレンドの
転換点となるわけではありませんが

ダイバージェンスを確認したら
トレンドが転換する可能性があることに
十分注意して他のテクニカル分析を確認したり
決済取引のタイミングを計ったりしながら

トレンドが転換してもあわてないように
予め備えておきましょう

リバーサル(ヒドゥンダイバージェンス)

リバーサル(ヒドゥンダイバージェンス)も
ダイバージェンスと同じく
チャートとテクニカル指標の
傾きが逆になった状態ですが

その意味は通常のダイバージェンスと
全く逆の意味になってしまい

トレンドの転換ではなくトレンドの継続を
示唆
することになります

上昇トレンドでは直近の底値に引いた
ラインの傾きが逆
になり

下降トレンドでは直近の高値に引いた
ラインの傾きが
逆になります

ダイバージェンスとは
注目するポイントが違うので

現在のトレンドとラインを引いた箇所に
注意して間違わないように気を付けましょう

使い方おぼえたら実際に試してみよう

初心者でも使いやすい

外為オンライン

外為オンライン
おすすめポイント
  1. 初心者に人気!
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. キャッシュバックあり
  5. 外為オンラインの詳細へ

口座開設数50万突破!
初心者にオススメしたいFX会社

4000円と少額から始められるのが、初心者向けFX会社の外為オンラインです。
元AKB48の大島優子さんがイメージキャラクターを務めています。

1000通貨に対応しているので、通常の10分の1の資金から始められるようになっています。
初心者に支持されているのは資金面ではなく、取引の手軽さからもです。

外為オンラインではなんと、賢く代わって自動取引してくれる「iサイクル注文」を搭載!
日中忙しい方や、始めるタイミングに迷っていた方でもお任せでFXが始められてしまいます。

そんな便利な自動売買も、デモトレードで無料練習が可能。

口座開設費などもないので、お試し感覚から始めることが出来ます。

期間限定で5,000円のキャッシュバックキャンペーン中です!

取引コストがお得

FXブロードネット

FXブロードネット
おすすめポイント
  1. 自動売買が人気
  2. 少額からできる
  3. キャッシュバックあり
  4. FXブロードネットの詳細へ

取引タイミングの悩みから解放してくれるトラッキングトレード

FXブロードネットの最大の特徴は、ユーザーのわがままを実現した賢い自動売買「トラッキングトレード」です。

24時間あなたに代わって、忙しいときや寝ている間も売買を繰り返してくれます。
迷いがちな取引のタイミングをバッチリと掴んで、売買のチャンスを逃がしません。

1000通貨からと少額対応しているほか、使いやすいツールが全て無料なのも嬉しいポイント。

また電話対応から動画セミナーなど、初心者バックアップも万全になっています。

今なら最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中!

RSIと他のテクニカル指標の組み合わせ

RSIは買われすぎや売られすぎといった
相場の行き過ぎを察知するためのテクニカル指標です

強すぎるトレンドが発生してしまうと
たとえ相場が行き過ぎていたとしても
レートが反転しないことがあり
全く役に立たなくなってしまいます

RSIは他のトレンド系のテクニカル指標と
合わせて運用しましょう

移動平均線とRSIの組み合わせ

最も代表的なトレンド系のテクニカル分析といえば
移動平均線を用いたチャート分析法です

RSIの特徴はレンジ相場に強いかわりに
トレンド相場に弱い
ということでしたが

対して移動平均線の特徴はトレンド相場に強い代わりに
レンジには弱くトレンドの察知が遅くなってしまう
という物です

それぞれ得意な部分と弱点が違うので
うまく組み合わせれば相性がよさそうです

取引のポイントをいくつかみていきましょう

トレンドを確認

まず移動平均線で現在のトレンドを確認します

トレンドが発生していれば順張り
トレンドが発生していなければ
レンジの両端を狙って逆張り

取引を行いましょう

エントリーポイントを探す

移動平均線のゴールデンクロスや
デッドクロスを確認してからの順張りのエントリー

RSIが70%や30%を超えた状態での逆張りのエントリーなど

事前に確認したトレンドやレンジに即した
わかりやすい売買サインを待ってエントリーを行いましょう

決済ポイントを探す

決済するポイントを探す場合

RSIのダイバージェンスを目安に
決済のタイミングを計ると

移動平均線のクロスを目安にするよりも
早いタイミングで取引を終了することができます

早めに決済できることで
移動平均線がクロスする決済のサインを待つよりも
利益を減らさずに決済できる
ようになるので

決済時にはダイバージェンスを探して
早めの利益確定を心がけましょう

FXのRSIまとめ

・RSIはレンジ相場に強いオシレーター系のテクニカル指標

・値動きの幅に注目して相場の行き過ぎを判断できる

・一定期間の値動きした値幅中の上昇した値幅の割合を表す

・強いトレンドの発生中は役に立たないことも

・期間の設定は考案者が推奨する14で

・70%以上と30%以下でレンジの両端を狙おう

・50%ラインとのクロスでトレンドの出始めを察知できる

・ダイバージェンスはトレンドの終了の可能性がある

・リバーサルはトレンドの継続を示唆

・ダイバージェンスとリバーサルの違いに注意

・騙しに注意、弱点を補完できるトレンド系のテクニカルと併用しよう

以上、RSIについてご紹介しました

RSIは値動きの行き過ぎやトレンドの発生を
素早く感知できるテクニカル分析ですが

反応が早い分、騙しも増えてしまいます

単純に基本のサインに従って取引するだけでは
全体の勝率を下げる結果になってしまいかねません

RSIを活用する場合はサイン付近で
反発を確認してからエントリーしたり

弱点を補える別のテクニカル指標と
併用して取引を行うなど

補助的なツールとして利用しましょう