土日には取引できない?FXの取引ができないタイミングとは

24時間取引ができると聞いて
本業とは別に副収入を狙うために
FXを始めたという人も多いのでは
無いでしょうか?

しかしFXでは土日には取引を行えず
平日に取り引きを行うことになります

ここでは取引を行うことができない
土日でもできることや通貨の売買が
行えない土日で注意すべき点等を
ご紹介します

FXって何と言う人はこちらから
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

土日は基本的に取引できない

FXで扱われている通貨の取引、
為替取引は世界中で行われています

そのためFXでは
日本の為替市場が開いていない
祝日や深夜の時間帯だったとしても
24時間いつでも取引を行うことが
可能
となっています

そうなると
土日も世界のどこかで
市場が開いているのでは
と考えてしまいます

しかし土日になると世界中のほとんどの
為替市場が休みとなってしまう
ので、
取引を行うことができなくなって
しまうのです

FXで取引できる時間帯

FXで取引できる時間帯は
月曜日の午前7時から土曜日の午前7時頃まで
となっています

日本が深夜の時間帯や祝日だったとしても
世界のどこかの市場では為替取引が行われているので
この時間帯であれば24時間いつでも取引が行えるよう
になっています

ただし同じ日付では最後に為替市場が
閉まるアメリカではサマータイムが
採用
されています

サマータイムが適応されている期間では取引時間が
一時間早く終了することになり土曜の6時頃までに
変更となってしまう
ので

土日の早朝ギリギリまで取引を行っている場合
取引が早く終了して予定通りに取引を行えない
可能性があります

週末の取引時間終了前の取引では
終了時間をしっかりと確認して
時間に余裕を持って取引を行い
ましょう

週末は世界中で取引が休みに

月曜日から金曜日の間は
世界のどこかで為替取引が
行われているので

24時間いつでも取引を行うことが
可能となっていますが

土日になると世界中の為替市場が
休み
となってしまい取引を行うことが
できなくなってしまいます

しかし実際には中東では金曜が休みとなっており
土日に為替取引を行っている
のですが
日本ではこの時間帯に取引を行える
FX会社は存在していないので
考える必要は少ないでしょう

基本的に土日は取引できないもの
と考えておきましょう

日本で取引できない時間帯に為替市場が開いている国も

日本でFXの取引を行うことができない
土日であっても一部の国では為替取引を
行っている場合があります

金曜が休みとなっている中東では
土日に為替取引を行っており

日本よりも早く為替取引が開始される
オセアニアでは日本で取引が可能になる
月曜日の午前7時前から為替市場で
取引が行われている
のです

しかし為替市場が開いていて
通貨の取引が行われているといっても

世界中の為替市場がほとんど閉まっている
こういった時間帯では通貨の取引量が少なく
大きく為替レートが動くことは
ほとんどありません

しかも通貨の取引量が少ないことによって
通貨の流動性が低くなってしまい

とりひきが成立し難くなってしまったり

スプレッドが広くなってしまい
通貨の値動きに対してコストが
かかりすぎてしまったりといった
問題が起こってしまう可能性も
高くなってしまいます

土日には通常で取引を行えず
無理に取引を行おうとすれば

海外のFX口座を利用したり
することになってしまい

トラブル時のコミニュケーションなど
新たな問題が発生することにもなりかねないので

通貨の流動性が低くスプレッドが広くなってしまい
利益を狙いにくい土日に無理に取引を行うおうとする
必要は無い
でしょう

土日以外の取引できない期間

土日になるとFXの取引を行うことができませんが

土日以外にも世界中の為替市場が閉まってしまい
FXの取引をおこなうことができない期間が
存在しています

どういった時期かと言うと
それは年末年始クリスマスの期間です

年末年始では元旦の朝から2日の朝まで
取引を行うことができなくなってしまい

クリスマスの場合アメリカやヨーロッパの
為替市場で取引が行われいないので
取引できる時間帯が短くなってしまう
場合があります

年末年始の期間中では取引を行えない
時間帯が増えることになってしまうので

どの時間帯まで取引を行えるのか
自分が取引を行っているFX会社の
年末年始の取引スケジュールを
しっかりと確認しておきましょう

土日では何が起こるのか?

FXでは土日には世界中の多くの地域で
為替取引が停止しており相場に大きな影響を
与えることはほとんどありません

しかし一部の地域では取引を
行っている場合もあり

相場への影響はゼロとはいえません

通常では相場への影響は少ないですが

土日にどういったことが起こる
可能性があるのかはしっかりと確認
しておきましょう

チャートに窓が開いてしまう

月曜の朝にチャートを確認すると

週末に取引が終了したときの
為替レートとチャートが連続しておらず

為替レートが乖離した状態で
取引が始まってしまう
場合があります

この週末の取引終了時の為替レートと
月曜の取引開始時の為替レートが乖離してしまい
為替レートが連続していないチャートの状態を
FXでは窓と呼んでいます

ポジションを持っている時に
窓が開いてしまうと為替レートが
一気に変動することになってしまい

逆指値注文や強制ロスカットが
行われるタイミングが大きく
ずれてしまう
可能性があります

逆指値による損切りや
強制ロスカットによる決済がずれてしまうと
想定していた以上の損失が発生することに
なってしまうので

土日にポジションを持ち越す場合は
特に注意が必要です

週明けに窓が開いてしまい想定以上の
損失が発生する可能性については
しっかりと覚えておきましょう

激しい値動きが起こる場合も

一部の地域でしか取引が行われず
通貨の取引量の少ない土日は

通常相場に大きな影響を与えることが
ほとんどありません

しかし週末に為替相場に
大きな影響を与える出来事

たとえば重要な選挙で予想を大きく
外れるような結果が出てしまったり

大企業の不祥事発覚や要人の発言、
テロや災害などの予測が難しい
大きな事件が起きてしまった
場合などは話が変わります

週末にこういった事件が起きてしまえば
いくら取引量が少ない中東の為替市場といえど
大きく為替レートが変動することに
なって
しまいます

そうなると
月曜の朝には大きな窓が開いてしまうこととなり
大きく乖離した為替レートから取引を再開する
ことになってしまいます

土日にポジションを持ち越した場合には
こういったリスクも存在しています

予測不可能な為替変動に巻き込まれてしまう
可能性もあるので、土日へのポジションの
持ち越しは極力控えた方がいいかもしれません

土日も計算されるスワップポイント

通貨間の金利差を埋めるための仕組みである
スワップポイントは取引行うことができない
期間であったとしても通常通り計算
されています

高金利の通貨を買っていた場合はプラスの
低金利の通貨を買っていた場合はマイナスの
スワップポイントが付与されることになるので

ポジションを持っている場合は取引できない
期間のスワップポイントについても
しっかりと考えて取引を行うようにしましょう

土日を跨いだスワップポイントは
翌週の半ば辺りのタイミングに
三日分がまとめて付与される場合が多いので

自分が取引を行っているFX会社でどのタイミングで
スワップポイントが付与されるのか

取引を行っているFX会社のスワップカレンダーを
しっかりと確認しておきましょう

土日の為替リスク

土日は通貨の取引量が少なく
大きな値動きが起こることは
ほとんどありません

仮にポジションを持っていたとしても
大した為替変動が起こらずに終わってしまうことが
ほとんどです

しかし週末に大きな事件が起こってしまえば
月曜に大きな窓が開くことになってしまい

損切りの注文を入れていたとしても
狙ったレートで取引が成立せずに
大きく乖離したレートで決済が
行われることになってしまいまねません

週末に決済を行わずポジションを持ち越してしまえば
大きな損失が発生してしまうリスクを抱えながら
取引を行うことになってしまうので

リスクが高くなりがちな週末に
無理にポジションを持ち越す必要は
少ないでしょう

週末になったら無用なリスクをおさえるためにも
ポジションを整理しておきリスクを回避できる
ようにしておきましょう

FXで土日にできること

FXでは土日は取引を行うことができません

しかし実際の取引を行えなくても
FXのためにできることはたくさんあるので

取引ができない土日に
いったい何を行えば
良いのか確認していき
ましょう

自分の行った取引を確認する

FXで取引を行った場合
最も大切なのは自分が何を考えて取引を行い
その結果がどうなったのかをしっかりと
見返すこと
になります

自分がどういった考えで取引を行ったのかを
見返すことで、どういったときに取引が成功したのかや
どういったときに失敗してしまい

失敗した取引の何を変えれば
取引を成功させることができたのかなど

いい取引法や取引方針の改善点など
過去の取引にはこれからの取引に役立つ
様々な情報が含まれいます

仕事の合間に取引を行いながら
取引を見直すというのは

少々大変かも知れませんが
取引を行えない土日なら

過去の取引を見直す時間も取りやすいはずです

今後の取引に役立てるために
自分の取引を見返す習慣を
つけておきましょう

気分転換も重要

FXでトレード結果が思わしくないと
少しでもFXの勉強をして

効果の高いトレード手法をマスターしよう
と考えてしまいがちですが

FXのトレードでは精神状態を落ち着けて
平常心で取引を行うことが非常に重要
になります

FXの取引は24時間可能になっており
月曜日から金曜日の間では
常に取引を行える状態です

取引ができる状態で時間を取ったとしても
完全に取引から離れて気持ちを落ち着かせる
事は思った以上に難しい物です

特に損切りするトレードが続いていたり
含み損を抱えていたりすれば、取引の
事を考えないというのはほとんど
不可能でしょう

FXで負けが込んでしまうと
どんどん冷静さを失ってしまい
無茶なトレードが増えることに
なってしまいかねません

どうせ土日にはまともに取引を
行うことはできないので

取引を行えないときに時間を取り
週明けから冷静な取引を行えるように

取引から離れて気分転換する時間を
設けるようにしましょう

翌週のイベントをチェックしておく

FXで取引を行う場合
重要な経済指標の発表スケジュールを
把握できていないと、思わぬ相場の急変に
巻き込まれてしまい、

場合によっては大きな含み損を抱えることに
なってしまいます。

しかし実際に取引を行いながらでは
FX関連のイベントスケジュールを
把握しきるのは難しいかも知れません

取引を行うことができない土日のうちに
翌週の重要事項を調べておき、
発表時間などを簡単にまとめておく

習慣をつけておきましょう

毎週様々な指標が発表されるといっても
為替相場の大きな影響を与えるほど
重要な物は週に数回しかありません

「アメリカ雇用統計金曜22時」など
重要な発表を箇条書きにして

取引中にいつでも確認できるように
しておきましょう

FXの土日まとめ

24時間取引を行えるFXといえども
世界中の為替市場がしまっている

土日には取引を行うことはできません

取引を行うことができない土日には
自分の取引を見直したり、取引から離れて
気分転換を行ったり、今後の経済指標の
発表スケジュールを確認したりなど

今後の取引に役立てられるように
有意義な時間をすごすようにしましょう