FXの6つのリスクと対策方法 初心者がFXで失敗しないために

FXのリスクを理解しよう

FXのリスクを理解しよう

FXをこれから始める人にとって、いちばん気になるのがFXのリスクのこと。

ネットの掲示板やまとめサイトでも「FXで何十万円溶かした!」という話題がよく出るので、
「FXってやっぱり危ないんじゃないの…?」って思ってる人も多いかもしれません。

FXは株と同じ投資なので、もちろんリスクも存在します。

投資にリスクはつきものですが、FXはリスクをちゃんと理解し対策することで、
損失を軽減したり大きなリスクを回避することができます。

取引する前にリスクを知っておけば、
ネット記事で見るような悲惨な結末にはなりにくいでしょう。

今回はFXにあるリスクとその対策方法について説明します。

FXとは?マンガで読めるFX解説 マンガで分かるFX解説

FXの6つのリスク

FXの6つのリスク

FXはお金をかけて取引を行うので、
もちろん投資におけるリスクというものが存在します。

FX会社で口座開設する際にも、必ずFXのリスクや注意点についての確認があります。

まずはFX取引における6つのリスクを理解しましょう。

為替変動リスク

為替変動リスク

FXでは相場が予想通りに動けば利益を得られますが、
為替相場は毎回必ず予想通りに動くとは限りません。

相場が自分の予想と反対に動いた時は損をしてしまいます。

これがFXの為替変動リスクです。

「FXは為替の取引なんだからそんなの当たり前でしょ?」と、
FXを始めたばかりの初心者でもこの点はしっかり理解していると思います。

FXの取引は買ったら売る、売ったら買う、というように、
注文してから決済するまでが一つの取引になっています。

そのためFXの取引では、注文を決済するまでは利益も損も確定はしません。

待てば相場が戻ることもある

注文してすぐに相場が逆に動いてしまっても、
しばらくして相場がプラスになるのを待ってから決済すれば損にはならないのです。

そのため、相場が反対に動いて損失が出てしまっても「そのうち戻るだろう」と期待してしまい、結局相場が戻らず余計に損が大きくなってしまったという失敗がよくあります。

また、ある程度利益が出た場合も「これからもっと相場が上がるかもしれない」と決済せず、欲張った結果プラスになるどころか損をしてしまうこともあります。

取引に欲が出るとこんな風に都合の良い考え方をしてしまいがちですが、
為替相場は必ず予想通りに動くわけではありません。

相場が予想と反対に動いた時のことを考え、
取引では必ず損切りの注文(ストップ注文)を入れておくようにしましょう。

損切り(ストップ注文)とは、相場が予想と反対に動いたら自動的に決済する(損失を限定させる)ための逆指値注文です。
為替相場が動く仕組みとは?FXの基本となる為替と相場
為替相場の仕組みを知ってFX取引に活かそう!FXの取引で勝つためには、為替が動く仕組みを理解することが大切です。為替の基本の円高・円安、FX取引で重要な為替相場を動かす2つの要因について説明しています。投資家心理と経済指標、ヘッジファンドについても解説。

レバレッジリスク

レバレッジリスク

FXではレバレッジをかけることで、
手持ち資金の最大25倍までの金額で取引が可能です。

レバレッジ25倍の1万通貨の取引なら、
為替レートが1円プラスになれば25万円の利益となります。

少ないお金で大きな利益がねらえるのはFXの魅力ですが、
高いレバレッジをかけた取引では、少しの相場変動でも損失が大きくなる可能性もあります。

レバレッジはハイリスク・ハイリターンな取引であることを理解し、自分の資金に合わせて、最初は1~10倍までの低いレバレッジで取引するように心がけましょう。

ロスカットリスク

ロスカットリスク

FXのロスカットとは、取引の損失が一定以上の額になると自動ですべての注文を決済して、損失を確定させるための仕組みです。

レバレッジをかけて手持ちの資金以上の取引が可能なFXでは、
資金以上の損失を出してしまうのを防ぐためにロスカットがあります。

ロスカットは損失が大きくなりすぎるのを防ぐための仕組みです。
損失を確定させることで、最低限の資金を残すことができます。

しかし、ロスカットが実行されると資金の多くを失ってしまう事にもなります。

ロスカットを防ぐには口座資金を一定額以上に保つ必要があります。

ロスカットのリスクというのは、
ロスカットを避けて追加で資金を増やしてしまう点にあります。

そもそもロスカットされるということは、相場の読みが外れたということです。

資金を追加して一時的にロスカットを防げたとしても、
次にロスカットされてしまったら追加した資金も失ってしまう可能性があるのです。

取引では注文と同時に損切りの注文も入れておくなどして、
ロスカットに頼りすぎず、自分でしっかり損切りができるようにしていきましょう。

金利変動リスク

金利変動リスク

FXでは為替変動による利益のほかに、スワップポイントによっても利益を得られます。

スワップポイントとは、通貨間の金利差のこと。

日本の金利は0.1%(2018年4月)と他の国と比べても低いです。

FXでは日本円のような低金利の通貨で金利の高い国の通貨を買うと、
通貨間の金利差をスワップポイントとして毎日受け取ることができます。

しかし、スワップポイントは売買によってはマイナスになる場合もあり、
その場合はスワップポイントを支払う必要があります。

通貨の金利は日々変動しています。

そのため、取引の途中で金利差が逆転していたりすると、
いつの間にかスワップポイントがマイナスになっていた、という事もあり得るのです。

ただし、各国の政策金利というのはいきなり大きく変更されることは少なく、
通常は数カ月おきに徐々に変更されていきます。

取引期間が長くなる場合は、定期的に金利をチェックするようにしましょう。

サーバー障害リスク

サーバー障害リスク<

FXの取引はウェブ上やスマホアプリなど、
インターネットを介して取引が行われています。

そのため、停電や災害、通信障害によってネットがつなげなくなったり、
FX会社のサーバーがダウン
してしまったりした場合は取引が不可能になるリスクがあります。

取引ができずに利益のチャンスを逃がしたり、
取引中であれば思わぬ損失につながることも考えられます。

信用リスク

信用リスク

日本でFX取引が始まった当時は、取引業者の中には財政基盤がしっかりしていない零細企業も多くありました。

過去には取引していたFX会社が倒産してしまい、預けていた証拠金が返還されなかったという例もありました。

FX業者もひとつの会社なので、
当然倒産するリスクというのは可能性としてあります。

現在では、FX会社は顧客資金の分別管理信託保全が義務づけられています。

これにより、もしFX会社が倒産した場合も投資家の資金が返還されるようになっています。

本当におすすめのFX会社を紹介!FX初心者が見るべきポイントとは
比較サイトによってオススメの会社が違うのはなぜ?FXを始めようと検索してみると、既に様々なFX会社の情報で溢れかえっています。この記事では初心者がFX会社を選ぶときに見るべきポイントと、本当に初心者向けとしておすすめできる国内のFX会社2社を徹底比較しています。

FXのリスク対策

FXのリスク対策

FXはリスク対策できる

ここまでの説明の通り、FX取引には上記の6つのリスクが存在しています。

しかし、投資にリスクはつきものですので、
株取引や外貨預金でも同じようなリスクが挙げられます。

FXはリスクがあるから危ないのではなく、
多くの初心者はリスクを理解しないまま取引するから危ないのです。

これはFX以外の投資でも言えることです。

この記事の最初でも書きましたが、
FXではリスクを理解することで対策が取ることができます。

初心者はまずFXにおけるリスクを理解し、
しっかりリスク対策をした上で取引を始めましょう。

それでは先ほど説明したFXの6つのリスクへの対策方法を見ていきましょう。

為替変動リスク対策

為替変動リスク対策

損切り注文で損失を小さく限定する

FXは為替変動を利用して利益を得る取引です。

投資家は相場の動きを予想して取引しますが、
もし相場が予想と反対に動けば損失が発生します。

FXでは為替リスクと利益が常に一緒に存在しているので、
いかに為替リスク=損失を小さくするかが利益を上げるポイントでもあります。

小さな利益をコツコツ積み上げていっても、
途中でドカンと大きな損失が出てしまえば、これまでの利益も全て失ってしまう可能性があるのです。

それを防ぐためには、取引では必ず損切り注文を入れておくことが大切です。

損切り(ストップ)とは
損切りとは、取引中に発生した損失が許容範囲を超えたら、その時点で注文を決済してしまうことです。

例えば、これから相場が上昇すると予想して1ドル100円で買い注文を出したとします。

この時、相場が予想と反して下落する場合を想定して「1ドル99円になったら売る」という逆指値の注文を入れておきます。

これが損切り(ストップ、ストップロス)注文です。

新規注文と同時に損切りの注文を入れておくことで、予想に反して相場が下落しても損失を限定させることが可能です。

もし相場が下落を続けて1ドル95円になった場合、損切注文を入れてなければ5円の損失が発生します。

為替相場は常に変動しているため、
取引では必ず損切り注文をセットで入れることが大切です。

損切の逆指値注文についてはこちらの記事でも詳しく説明しています。

FX注文方法 FXの基本の注文方法と初心者におすすめの注文方法を解説!
FXの注文方法とは? FX取引を始めるにあたり、注文方法の種類を学んでいきましょう。 まずFXの売買取引は、売りと買いが成立して損益が確...

レバレッジリスク対策

レバレッジリスク対策

レバレッジは少ない資金でも大きな利益がねらえる、FXの大きな魅力でもあります。

4000円の資金でも、レバレッジ25倍なら10万円の取引が可能です。

しかし、レバレッジが高くなるほど相場が予想に反して動いた時の損失も大きくなります。

初心者がFXをよく理解しないままハイレバレッジで取引すれば、
少しの相場変動であっという間にロスカットされてしまう可能性が高いです。

初心者は低レバレッジで取引

ロスカットは損失が大きくなりすぎた時に最低限の資金を守るための仕組みですが、
毎回ロスカットされていては資金もすぐになくなってしまいます。

レバレッジは便利な仕組みですが、取引に慣れるまではレバレッジをかけないか、
低めのレバレッジで取引するようにしましょう。
FXのレバレッジは危険!?レバレッジのメリット・デメリットを理解しよう
少ない資金でも大きな利益を狙えるFXのレバレッジ取引。でも気を付けないと思わぬデメリットが?FX初心者が失敗しやすいレバレッジの注意点を解説!レバレッジを正しく理解して効率よく利益を上げる方法とは。

ロスカットリスク対策

ロスカットリスク対策

レバレッジを使って手持ち資金以上の取引が可能なFXでは、
ロスカットは投資家の資金を大きな損失から守るための仕組みです。

一般的に、多くのFX会社では証拠金維持率が50%以下になるとロスカットが行われます。

証拠金維持率%=純資産÷必要証拠金×100

1ドル100円の時に1万円の資金で取引した場合、
資金が2000円になった時点でロスカットされることになります。

2000円÷4000円×100=50%

※1ドル100円の時に1000通貨×レバレッジ25倍で必要証拠金は4000円

つまり、ロスカット後に口座に残る資金は2000円以下となり、8000円の損失です。

損切りでロスカットを防ぐ

ロスカットはいわば最終手段です。

為替変動リスク対策の部分でも説明したように、
取引ではあらかじめ損切り注文を入れておくことが大切です。

相場が予想と逆に1円動いたら損切する」と決めておけば、
相場が1ドル99円になった時点で決済するので、

1円(為替変動)×1000通貨=1000円の損失で済みます。

このように、あらかじめ損切りを入れておくことでロスカットを防ぐことが可能です。

FX取引ではロスカットに頼り過ぎず、損切りで損失を小さくすることが大切です。

ロスカットとは?FXのロスカットの仕組みと注意点
FX取引をするなら必ず覚えておきたいロスカットとその仕組みとは?FX初心者はロスカット=恐怖の損切りだと思っていませんか?ロスカットは大きな損失から資金を守る仕組みですが、注意点もあります。FXではロスカットを正しく理解して取引しましょう。

金利変動リスク対策

金利変動リスク対策

FXではポジションを保有したままニューヨーククローズ(日本時間の午前6時)を超えると、
スワップポイントが発生します。

金利変動リスクは1日以上ポジションを保有し続けるスイングトレードや長期取引
注意が必要なリスクになります。

スワップポイントは、各国の金利の変動によって日々変化します。

スワップポイントが発生する取引では、
定期的に発表される各国の政策金利に注意しておきましょう。

また、通貨の売買を逆にしてしまうことで
スワップポイントがマイナス(支払いが生じる)になる場合もあります。

金利政策や経済指標にも注目

金利変動リスクの対策としては、金利が安定している通貨ペアを選ぶことがポイントです。

取引中はその国の金利政策や経済指標だけでなく、
貿易相手国など関係が深い国の経済状況などにも注目するようにしましょう。

また、レバレッジをかけた取引ではスワップポイントも倍になる点に注意しておきましょう。
FXのスワップポイントとは?為替差益だけじゃないFXの利益
FXのスワップポイントとは? スワップポイントとは、FX取引で得られる利益のひとつです。 FXでは、ポジションを保有してる期...

サーバー障害リスク対策

サーバー障害リスク対策

インターネットで取引するFXで考えられるトラブルには、
ユーザー側が原因となる場合とFX会社自体のシステムに原因がある場合の2つがあります。

ユーザー側の原因としては、自宅のネット回線が繋がらない・パスワードを紛失してログインできないなどのトラブルが挙げられます。

この場合、自分は取引ができなくても為替レートは変化し続けるため、
取引を再開した時には相場が下落していて思わぬ損失が発生している可能性もあります。

このような事態を防ぐためには、日頃から新規注文時にはセットで損切り注文を入れるようにしておくと安心です。

また、ログイン情報は紛失しないよう、
FX会社から送付された資料は必ず保管しておきましょう。

FX会社自体のシステムやサーバーがダウンしてしまった場合は、
取引自体が不可能なためこちらではどうすることもできません。

FX会社を選ぶ時は、過去にシステム障害やサーバーダウンが発生していないかもチェックするようにしましょう。

他にも、複数のFX会社で口座を開設しておくことも有効です。
複数の取引口座を持つことでこうしたリスクを分散させることも可能です。
FX会社の徹底比較!初心者が重視するべき5つのポイント
FX初心者必見!FX会社の選び方と比較すべき重要なポイントを解説!取引するFX会社を選ぶとき、ランキング比較の1番上の会社のみを利用していませんか?このページではFX会社を選ぶ際に初心者がどこに注目すればいいのか、FX会社選びの重要ポイントを徹底解説しています。

信用リスク対策

信用リスク対策

国内のFX会社におけるFX取引では、
FX会社がカバー先の銀行から為替レートを提供してもらい、
FX会社がそのレートを使って投資家とFX取引を行います。

つまり、取引のすべてはFX会社にかかっていると言っても過言ではありません。

私たち投資家は信用できるFX会社を取引先に選ぶ必要があります。

現在は金融庁の対策も進み、不正を行ったり経営が不安定なFX会社はほとんどいなくなりました。

今では国内のFX会社は信託保全が義務化され、
もしFX会社が倒産しても投資家の資金は保証されるようになっています。

安心して取引を行うためには、経営の安定した大手のFX会社を選ぶことや、
口座開設の前に会社の評判をチェックしておくことが大切です。

国内であれば大手の外為オンラインのように、
口座数の多い会社はそれだけ多くの人がその会社を利用していることを表しています。

口座開設の際は、FX会社の資本金や口座開設数なども見ておくと良いでしょう。

FXのリスクと対策まとめ

今回はFXのリスクについて説明してきました。

FXを含め、投資には必ずリスクが存在します。

初心者がFXの正しい知識やリスクを知らずに取引すれば必ず損をします。

しかし、取引の知識やリスクを正しく理解すれば、
リスクの回避や損失を軽減させることができるようにもなります。

FXを始める前にはこれらのリスクを理解し、
しっかりリスク対策をしたうえで取引に臨むようにしましょう。

取引も最初からお金を使うのが不安であれば、
お金をかけずにできる無料のデモトレードで取引してみるのがオススメです。

デモトレードはほとんどのFX会社で用意されているので、
取引したいFX会社を決めたらまずはデモトレードで練習してみましょう。
無料でFXの取引ができるデモトレードを活用しよう!
FXを始めるに前に、無料でできるデモトレードを使って取引の練習をしておこう!デモトレードの始め方や、初心者が知っておいた方が良いデモトレードの注意点などを解説します。