経済状況から値動きを予想する、FXのファンダメンタルズとは

FXで値動き予測する方法は

大きく分けるとテクニカル分析と
ファンダメンタルズです

デイトレードやスキャルピングなど
短期の取引ではテクニカル分析を
重視する傾向がありますが、

中長期の取引ではファンダメンタルズによる
値動きの予想も必要となってきます

ここでは
中長期の値動きを予想するために重要な
ファンダメンタルズの解説や分析を行うときの
注意点などわかりやすくご紹介します

FXって何と言う人はこちらから
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

ファンダメンタルズとは

ファンダメンタルズは
国や企業の経済状態を表す指標のことで
「経済の基礎的条件」と訳され

為替相場では主に経済成長率や雇用統計、
消費者物価指数や貿易収支など
各国の状態をから値動きを予想することになります

たとえば
「国の経済成長率が高ければ景気がよくなる」
「物価が上昇してインフレ状態となれば経済が
不安定になってしまう」
といったことは
なんとなく想像できるのではないでしょうか

ファンダメンタルズ分析は
こういった経済に影響を与える要因を
数値化したものから、相場の値動きを
予測する方法になります

値動きの予想にファンダメンタルズを使うのは

現在、値動きの予想で主流なのはテクニカル分析ですが
あえてファンダメンタルズ分析を使う理由はあるのでしょうか?

テクニカル分析は経済に関する知識が必要なく
短期的な相場を分析するのに適していますが

ファンダメンタルズは中長期の値動きを予測するのに
非常に有効な分析法
となっています

ファンダメンタルズの良し悪しは長い目で見れば
必ず為替相場に影響を与え、ファンダメンタルズに
そぐわない値動きは、いずれ修正されていくことになります

中長期の資産運用を考えていたり、
リスクを減らすための海外への分散投資を
考えている場合、ファンダメンタルズ分析は
必要不可欠となります

テクニカル分析だけでなく
ファンダメンタルズにも着目して
安定的な資産運用を行っていきましょう

情報コンテンツが充実したFX会社

初心者でも使いやすい

外為オンライン

外為オンライン
おすすめポイント
  1. 初心者に人気!
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. キャッシュバックあり
  5. 外為オンラインの詳細へ

口座開設数50万突破!
初心者にオススメしたいFX会社

4000円と少額から始められるのが、初心者向けFX会社の外為オンラインです。
元AKB48の大島優子さんがイメージキャラクターを務めています。

1000通貨に対応しているので、通常の10分の1の資金から始められるようになっています。
初心者に支持されているのは資金面ではなく、取引の手軽さからもです。

外為オンラインではなんと、賢く代わって自動取引してくれる「iサイクル注文」を搭載!
日中忙しい方や、始めるタイミングに迷っていた方でもお任せでFXが始められてしまいます。

そんな便利な自動売買も、デモトレードで無料練習が可能。

口座開設費などもないので、お試し感覚から始めることが出来ます。

期間限定で5,000円のキャッシュバックキャンペーン中です!

ファンダメンタルズの種類

ファンダメンタルズには広い意味がありますが
ファンダメンタルズ分析に使われるものは
それほど多くはありません

まずはFXの値動きに関係が深い物を覚えましょう

金利の動向

政策金利の変更などの金利の動向は
通貨の取引レートに大きな影響を与える要因で

基本的に
利上げされる期待が高まっていたり、
利上げが起こった通貨は買われやすく

低金利だったり今後の利下げが予想される通貨は
売られやすく
なっています

投資家が資金を運用する場合を考えると
金利の低い通貨よりも金利の高い通貨のほうが
金利の分だけ高い収益を狙えることになります

自国通貨が低金利の場合、高金利の通貨で
資産運用しようとすれば、自国の通貨を
高金利の通貨に交換する必要が出てくるので、
高金利の通貨が買われる取引が起こりやすくなり
為替レートに影響を与えることになります

こうした通過間の金利差は
FXにもスワップポイントとして
反映されており

FXで長期の取引を行う場合
スワップポイントを気にしない人は
居ないでしょう

ただし、あまりに高金利の通貨は国の情勢不安を
反映している場合があります

金利が為替レートに影響を与えやすいとはいえ
金利だけを売買の判断材料にしてしまえば
別の要因による為替変動に巻き込まれる
リスクを抱える
ことになります

売買の判断はその他の条件を含めて総合的に判断し
金利を重視しすぎて判断しないように注意しましょう

インフレ

インフレは物の価値が上がってしまうことですが

物の価値が上がれば同じお金で買えるものが
少なくなったと考えると通貨の価値が下がった
言い換えることができます

たとえば今まで500円で買えていたものが
1000円になってしまったとすると

今の1000円には昔の500円分の価値しかない
と考えられるので、通貨の価値が下がった
と言う見方ができるということです。

通貨の価値が下がっているということは
そのまま為替レートに影響を与えるので、
売買の判断材料としては通貨が売られる要因と
なってしまいます

物価の変動を表す消費者物価指数は
インフレの度合いを判断する事ができる
為替相場で重要な指標の一つなので、
取引通貨の価値がどのように変わっているのか
注意しておきましょう

景気の動向

国内総生産(GDP)や雇用統計は
その国の景気動向を現す
重要な指標となります

景気の動向は金利政策に大きな影響を与え

景気のいい国にはビジネス面からも
海外からの資金が流入しやすくなる傾向があります

結果として通貨が買われることになり
景気がよければ通貨の価値が上がり
やすくなります

近年では、アメリカの雇用統計が特に注目されており
発表時に急激な為替変動が起こることも珍しくありません

雇用統計発表前後は特に注意して取引行いましょう

貿易収支

貿易収支は為替相場に
大きな影響を与えています

海外へ商品を輸出する場合
輸出時に代金として受け取った外貨を
自国の通貨へと交換する必要があります

貿易黒字の国の通貨は
黒字になった分買われる
と言うことになり

逆に貿易赤字の国の通貨は
赤字の分売られることに
なります

財政収支

財政収支は国、政府の収入と支出を表した物です

景気がよくなると税収が増えて財政収支が好転し

景気が悪くなれば税収が減ってしまいますが
国は景気をよくしようと公共投資を増やすので
財政収支が悪化してしまいます

先進国の多くは財政赤字を抱えていますが
景気をよくするために国債を発行して
公共投資を行っていきます。

国債に頼る財政状態は健全とはいえないので、
通貨にとって財政赤字はよくない材料となり
通貨が売られる要因となる
ことになります。

政治的要因

政治的な不安が高まるとその国の通貨は
売られる傾向が強くなります

選挙期間中などは為替相場に
影響を与える場合も多く

選挙結果が予測できなかったり
予想されていたものと異なる
結果が出た場合は特に大きな影響を
与える
ことになるので

政治不安が高まっている国の通貨を
取引する場合は特に注意が必要になります

地政学的リスク

地政学は地理的な条件が
政治や経済に与える影響を研究する学問で

近隣国と紛争がおきていたり
テロ等の危険にさらされていると

リスクが高まったと判断され
通貨が売られる傾向があります

紛争などと違いテロが直接景気に大きな影響を
与えることは少ないですが、実際にテロが起きた
場合は為替相場に大きな影響を与えることになります

このようなリスクは予測するのが非常に難しいので
資金やレバレッジをしっかり管理して致命的な損失を
負わないように注意しておきましょう

ファンダメンタルズのポイント

市場の関心に注意

ファンダメンタルズは時期によって
注目されているものが大きく異なります

注目を集めているファンダメンタルズは
少しの変化でも相場に大きな影響を与え

逆に全く注目されていないファンダメンタルズに
変化があったとしても、相場に全く影響を与えない
場合もあります

ファンダメンタルズを値動きの
予想に利用する場合は

今、何が注目されているのかに注意して
分析を行う
ようにしましょう

短期では予想値との違いに注目

ファンダメンタルズで発表された数値は
分析に慣れていないと前回の数値との違いに
注目してしまいます

しかし、ほとんどのファンダメンタルズでは
実際に発表される前に有識者によって
予想値と言うものが発表されています

前回の発表と今回の発表される数値に
大きな違いがあったとしても

予想値が発表される数値に近ければ
その数値の変化を多くの人が予め
知っていたことになってしまい

すでに相場に影響を与えた後「織り込み済み」
となってしまい、発表時に相場に大きな影響を
与えることはありません

逆に予想値と発表値が大きく異なっていた場合
予想値をもとに取引を行っていた投資家達に
混乱をもたらすことになり

大きな値動きが起こる可能性が高くなります

ファンダメンタルズで分析を行う場合は
前回の発表値ではなく予想値との違いに
注目
して値動きの予想を行いましょう

中長期では発表値の推移に注目

中長期のトレンドはファンダメンタルズで
発表された数値の推移の影響を大きく
受けることになります

たとえば経済成長率が継続的に上がっていれば
上昇トレンドを、逆に下がってしまえば下降トレンド
の要因となってしまう可能性が高くなってしまいます

短期的には織り込み済みとなってしまっていても
長期的な視点での影響は少なくないので、
中長期的な資産運用を考えている場合は
発表値の推移にも注意
しておきましょう。

重要なファンダメンタルズの発表に気を付けよう

注目を集めている経済指標など
重要なファンダメンタルズの発表時は

スプレッドの拡大や急激な為替変動が
起こる場合があります

知らずに取引を行って行っていると
思わぬ損失を抱えてしまったり

値動きにの初動に飛び乗ったら
高値で掴んでそのままロスカット
されてしまうといったことも
珍しくありません

値動きの理由が良くわからないまま
取引をしまっても損失を拡大する
結果となってしまうので

注目を集めている指標の発表日時は
予め調べておきましょう

情報の入手が遅くなってしまう

個人投資家であるわれわれが
ファンダメンタルズに関わる情報を
知るためにはニュース等を利用する
ことになってしまい、

常に最新情報を手に入れたり
独自の予想を行っている
プロの投資家達に比べると

情報を知るタイミングがどうしても
遅くなってしまいます。

個人投資家が情報知った段階で
すでに折込済みとなってしまって
いる
ことも多いので

予想値を元にした取引を考えている場合は
すでに相場に織り込み済みとなっていないか

しっかり確認してから取引を行ったほうが
いいでしょう

ファンダメンタルズのまとめ

現在の相場分析ではテクニカル分析が主流となっていますが

中長期の値動きを予想するためにファンダメンタルズを
活用した相場分析は必要不可欠です

テクニカル分析と異なり経済に関する知識が
必要となってしまうので、始めは難しく
感じてしまうかもしてませんが

中長期の資産運用を行ううえで、
ファンダメンタルズ分析は必ず役に立ちます

数多く存在するファンダメンタルズから今後の値動きを
完全に予想するのはプロのアナリストでも非常に困難ですが

現在、相場の注目を集めているものは
決して多くはありません

まずは注目を集めているファンダメンタルズを
取引に活用して、徐々に経済知識を増やしていきましょう