FXで重要な用語を覚えよう!重要FX用語で基礎知識を学ぶ

FXには専門用語がたくさんあります。

専門用語は言葉だけを聞くと難しそうというイメージもあるかもしれませんが、
FX取引を始めるにあたり、専門用語を知っているのと知らないのでは理解に差が出てしまいます。

基本的な用語の中には重要なFX用語も含まれていますのできちんと理解し、今後のFX取引に役立てましょう。
FXとは?マンガで読めるFX解説 マンガで分かるFX解説

FXそのものの言葉を理解しよう

FXそのものの言葉を理解しよう

FXとは、外国為替=Foreign Exchangeの略称で、
日本語では外国為替証拠金取引のことを指します。

外国通貨を売買することにより、為替利益を狙うことが目的の取引となります。

投資方法の一つとなりますが、FXでは様々な国の通貨を扱っています。
その通貨に投資をし、異なる通貨同士を売買していく取引となります。

例えば、米ドルが1ドル100円の価値があるとしそれを日本円で買います。

その後しばらくして米ドルの価値が1ドル120円に上がった時に、米ドルを売って日本円を買います。

そうすると1ドル100円で買っていた米ドルが、
売る時には1ドル120円になって1ドルにつき20円の利益が出たことになります。

また、米ドル1ドルの価値が100円から80円などに下がってしまった場合は20円の損失となります。

わかりやすくいうと、米ドルから日本の円に両替したことになります。

日本円から米ドルに両替して、その後両替した米ドルを日本円に変えると言ったように各国の通貨を両替していく取引ですね。

この利益を狙った取引をFXと呼び、
その取引により得られる利益のことを為替差益と呼びます。

FXの仕組みを初心者にも分かりやすく解説!FXで利益を得る方法とは?
例えば1ドル100円の時に購入して、120円になったら売ることで20円の利益が出ます。FXはこのように為替の動きを利用してドルや円などの通貨を売買することで利益を得る取引です。

FX会社

FX会社

FXを始める際に口座開設することが必須となりますが、
この口座を開設するところがFX会社となります。

取引の全てはFX会社を通して行っていくのですが、
FX会社にはそれぞれの独自のサービスや特徴などがあります。

取引ツールが扱いやすい・キャンペーン内容が豊富・スマホアプリが人気など、それぞれの強みがあります。

その中からFX会社を選ぶのですが、自分に合ったFX会社を選ぶことが重要です。

どこを選べばいいかわからない…
という方は口コミなどのリアルな意見を参考にしてみるのもオススメです。

FX会社の徹底比較!初心者が重視するべき5つのポイント
FX初心者必見!FX会社の選び方と比較すべき重要なポイントを解説!取引するFX会社を選ぶとき、ランキング比較の1番上の会社のみを利用していませんか?このページではFX会社を選ぶ際に初心者がどこに注目すればいいのか、FX会社選びの重要ポイントを徹底解説しています。
また口座は一つという決まりもありませんので、
複数の口座を持ち、実際に取引をしてみて使いづらいところがあったり足りない部分がある場合は別のFX会社で補いながら取引を行うことも可能です。

通貨ペア

通貨ペア
通貨と通貨の組み合わせのことを通貨ペアといい、取引する2国の通貨のことを指します。

上記の場合ですと、米ドルと日本円の組み合わせのことを通貨ペアと言います。

FXで取り扱う通貨ペアは、米ドルと日本円だけではなく様々な通貨ペアが存在します。またFX会社により取り扱う通貨ペアの数も異なります

通貨ペアの表記は、「米ドル/円」「USD/JPY」という表記になります。

FXの通貨ペア一覧

英語表記 日本語表記

USD/JPY 米ドル/円
EUR/JPY ユーロ/円
EUR/USD ユーロ/米ドル
GBP/JPY 英ポンド/円
GBP/USD 英ポンド/米ドル
AUD/JPY 豪ドル/円
AUD/USD 豪ドル/米ドル
CAD/JPY カナダドル/円
CHF/JPY スイスフラン/円
NZD/JPY ニュージーランドドル/円
NZD/USD ニュージーランドドル/米ドル
TRY/JPY トルコリラ/円
ZAR/JPY 南アフリカランド/円
HKD/JPY 香港ドル/円
SGD/JPY シンガポールドル/
NOK/JPY ノルウェークローネ/円
USD/CHF 米ドル/スイスフラン
GBP/CHF 英ポンド/スイスフラン
EUR/GBP ユーロ/英ポンド
EUR/CHF ユーロ/スイスフラン

上記のように様々な種類の通貨ペアがあり、これらの中からどれかの通貨ペアを選び取引を行うことになります。

また、左側の通貨を「主軸通貨」と言い、右側の通貨を「決済通貨」と言います。

米ドル/円で見ると、米ドルが主軸通貨となり円が決済通貨となります。

通貨ペアを英語表記にしているFX会社もあるので、覚えておくことをオススメします。

スプレッド

スプレッド
スプレッドとは、通貨ペアの売値と買値の差のことを指します。

例えばニュースなどで為替レートが報じられる際、
「現在の外国為替市場は1ドル100円70銭から73銭の間で取引されています」などの表現がされます。

これは1ドルを買う場合の値段が100ドル73銭で、
1ドルを売る場合の値段が100ドル70銭という意味になります。

この時の買値と売値の差は0.003円となり、その差をスプレッドと言います。

スプレッドの広い・狭いの違いとは?

スプレッドが広い・スプレッドが狭いなどという言葉を目にすることがあると思います。

これは買値と売値の差を表しており、
スプレッドの幅は狭ければ狭いほどコストが安く利益が出しやすくなります。

FX会社を選ぶ際も、会社ごとのスプレッドの差に注目してみましょう。

低スプレッドで取引コストが安いFXブロードネット

利益3倍のトラッキングトレードと低スプレッドが魅力のFXブロードネット

スプレッドはFX会社の利益になる手数料

スプレッドはFXで取引する際にかかる実質的な手数料となり、FX会社はスプレッドで利益をあげています。

FX会社によりFX各手数料を無料にしているところが多いですが、その代わりにスプレッドにより利益を得るのです。

また、スプレッドは常時固定されているわけではありませんので注意が必要です。

FX取引量が少なくなる時間帯などはスプレッドが広くなることもあります。
米ドル/円のスプレッドが0.3銭と表記されていても、実際の取引時には0.5銭に広がっていたということもあります。

FX会社・通貨ペアによって異なる

さらにスプレッドは各通貨ペア・FX会社により異なります。

米ドル/円が0.3銭・ユーロ/円が0.5銭など通貨ペアごとに異なるスプレッドが設定されているほか、
米ドル/円のスプレッドをA社が0.3銭で設定・B社が0.5銭で設定というように取引会社によっても異なります。

FXでかかる手数料は基本的にこのスプレッドだけとなりますので、
FXは外貨預金よりも圧倒的に手数料が安い取引となっています。

pipsとは?

スプレッドには、円が関係する通貨ペアの「」という単位、
全通貨ペア共通の「pips」という2つの単位があります。

FXは多くの外貨を取り扱っている為、それぞれの単位で表記するのではなく
共通して表記できるようにpipsという単位を使用します。

例として、米ドル/円とユーロ/米ドルの1pipsは以下のようになります。

ドル/円 ユーロ/ドル
1pips 0.01円 0.0001米ドル

FXは通貨の種類も多いですし、日本円以外の通貨ペアだとpipsで表記されているのでpipsを覚えておくととても便利です。

FXではスプレッドの単位だけでなく「今日は何pipsの利益を取った」というように、収支や相場がいくら動いたかを表す時にもpipsを使用します。

スワップポイント

スワップポイント

スワップポイントとは、通貨と通貨の金利差額のことを言います。

通貨にはそれぞれ金利が付いていますが、その金利は各通貨によって異なります。

各通貨にはその国により定められた金利が付いておりそれを政策金利と呼びます。

スワップポイント目的の長期運用

例えば日本の政策金利は0.1%で、高金利通貨として人気のトルコの政策金利は8.0%です。

上記の二国間の金利差は7.9%あり、
その差を利用し得られる利益をスワップポイントと言います。

FXでは為替差益以外にも、
各通貨の金利差額で利益を得ることができるのです。

わかりやすく説明すると、低金利国の通貨で高金利国の通貨を買うと金利差が発生し、
保持しているだけで金利差による利益を得ることができるのです。

このスワップポイントは、ポジションを持ったその日のうちにつくわけではなく、
日をまたいでポジションを持ち続けることにより毎日受け取ることができます。

スワップポイントを狙った運用は、取引を行った通貨をそのまま持ち続ける長期の取引スタイルが基本となります。

取引を始めてしまえば、頻繁に売買を繰り返さなくても利益になるのがスワップポイントの魅力ですが、金利の高い通貨を売って、金利の低いの通貨を買う場合はマイナススワップになってしまいますので注意が必要です。

またFX会社により、各通貨ペアのスワップポイントは異なり、
日々変動もありますので定期的なチェックをオススメします。

証拠金

証拠金

FXを行う際、
FX会社に預ける担保金のことを「証拠金」と呼びます。

この証拠金は絶対必要な担保金となり、証拠金を預けないと取引を開始できません。

証拠金の種類

証拠金にはいくつか種類があります。

FX口座に担保金として預けた資金は「取引証拠金」と呼び、
実際の取引に必要な資金を「必要証拠金」と呼びます。

必要証拠金は、取引証拠金から実際の取引に使う資金のことです。
一万通貨取引あたり○○円というように、必要証拠金は取引会社により異なります。

取引証拠金から為替差益を加えたり、
為替差損を差し引いた証拠金のことを「有効証拠金」と呼びます。

トレードを開始し為替レートの変動により為替差益が出ると、その利益分が取引証拠金に加算されます。

その逆に為替差損が出ると、その損失分が取引証拠金から差し引かれます。
その時に保有している証拠金が有効証拠金となります。

取引証拠金 FXの取引口座に担保として入れた資金の総額
必要証拠金 実際のFX取引に必要な最低限の資金
有効証拠金 取引証拠金から、為替差益と為替差損を差し引きした金額

証拠金維持率

実際に取引している金額に対しての
証拠金の残高の割合のことを「証拠金維持率」と呼びます。

証拠金維持率とは、ロスカットの水準において非常に重要な数値となります。

証拠金維持率の算出方法は、

有効証拠金÷必要証拠金×100=証拠金維持率

です。

レバレッジ

レバレッジ

レバレッジとは、少額の資金で数倍もの金額を動かし大きな取引ができる仕組みです。

FXでは資金の25倍までの取引が可能

FXのレバレッジは最大25倍となっています。
そのため、元手資金の1倍~25倍の金額を動かせます。

普通は10万円の証拠金であれば、10万円分の取引しかできませんが、
レバレッジを10倍かけて取引をすると100万円分の取引をすることが可能なのです。

しかしレバレッジは大きくかけすぎると、ハイリスク・ハイリターンとなります。

少ない元手資金で大きな金額を動かせば利益も大きくなりますが、
逆に受ける損失も大きくなります。

例えば、10万円の証拠金で米ドル/円の取引を1ドル100円の時にレバレッジ25倍で1万通貨取引をするとします。

その場合必要証拠金は4万円となります。

その後1ドルが110円まで上がり保有している1万通貨を売った場合、
110万円-100万円=10万円となり10万円の利益になります。

その逆で、1ドルが90円まで下落した場合は10万円の損失となり、
有効証拠金の6万円を超えてしまう損失額となってしまいます。

FX初心者のうちはまず低いレバレッジから始め、
大きな利益を狙わない代わりに大きく損もしないようにするということが大事です。
少額取引で資金もリスクも小さく始める

FXには通常の10分の1の金額で取引できる「1000通貨取引」があります。FXの1000通貨取引については、こちらの記事で解説しています。

FXの1000通貨とは?4000円から始められる秘密

ロスカット

ロスカット

ロスカットとは、損失が大きくなりすぎ証拠金維持率が一定のラインを下回った時に
自動的に行われる強制決済のことです。

このロスカットによりさらなる損失の拡大を未然に防ぐことができるのです。

証拠金維持率が何%で強制ロスカットが行われるかは、FX会社により異なります。
証拠金維持率が100%以下、50%以下としているところが多いです。

ロスカットは証拠金以上の損はしないわけではありませんので注意が必要です。

相場急変時などに為替レートが大きく動いた場合は、ロスカットが間に合わず損失が膨らんでしまうこともあります。

証拠金に余裕のある取引をし、リスク管理をすることが重要となります。

損切り

損切り

損切りとは、利益にならないポジションを決済し損失額を確定させることです。

損切りは上記項目でも書いたリスク管理において非常に重要なことになります。

損失が発生し赤字の状態で決済することになるので躊躇してしまうことも多いかとおもいますが、早めに損切りをすることでより大きな損失になるかもしれない事態を未然に防ぐことができます。

FXでは大きな利益よりも損失を小さくすることが大切

トレンドにのり利益が積み重なっているうちは「読みが当たった」などと、
損失のことは全く頭にない場合も多いとおもいます。

しかし相場は24時間変動し続けています。

急激な変動が起きた場合、気がついたら損失がすごいことになっているということも十分あり得ます。

含み損が出ているのに「まだ大丈夫」「もう少し待てばまた戻るかも」と損切りをせずに取引を続けてしまうと、含み損が増え続けロスカットとなってしまいます。

利益にならないとわかったら、損失を最小限に留めることに集中し、
潔く損切りして次の取引に切り替えていきましょう。

ただし、なんでもかんでも損切りをするというわけではなく、
利益にならないと確信している場合や損切りに根拠がある場合だけにしましょう。

損切りに根拠があれば、損失を確定させたとしても自分自身で納得ができます。

利益になるポジションなのか、ならないポジションなのかの判断が見極められるよう正しい知識を持ち、経験を積んでいきましょう。

チャート

チャート

チャートとは、過去の為替レートの値動きを価格や時間を軸としてグラフにしたもので、
FXで売買するタイミングを決めるためになくてはならないものです。

グラフ化して表示することにより、値動きを視覚的に確認し、
為替レートが今後上がっていくのか、下がっていくのかを予測・分析していくのです。

チャートには色々なタイプのものがありますが、ローソク足を使ったチャートが一般的となります。

ローソク足

ローソク足とは、値動きをわかりやすくするためロウソクの形を使って表したものです。

ローソク足の形から、

  1. 1日の始値
  2. 終値
  3. 高値
  4. 安値

を知ることができるのです。

ローソク足は、大きく分けて陽線と陰線の二種類があり、通常2色で色分けされています。

始値より上昇して終値が高いのもを「陽線」
始値より下落して終値が安いものを「陰線」と呼びます。

ローソク足の色はFX会社により異なりますが、
陽線が白か赤、陰線が黒か青で表示されていることが多いです。

移動平均線

移動平均線とは、過去の一定期間の終値の平均値を出し、
それをつないだ線のことを言います。

移動平均線は現在のトレンドを判断するのに有効で、おおまかにいうと、
移動平均線が上向きなら上昇トレンド・移動平均線が下向きなら下落トレンドということになります。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析

チャートの動きを分析するテクニカル分析

チャートのように、過去の為替の値動きに注目し、
将来の為替の値動きを予測することをテクニカル分析といいます。

この分析により、相場の方向性や売買のタイミングを見極めることができるのです。

経済指標や情勢から分析するファンダメンタルズ分析

また、政治や経済などの様々な要因をもとに総合的に為替の動きを分析することをファンダメンタルズ分析といいます。

ファンダメンタルズとは経済活動の状況を示す基礎的な要因のことで、
国家の状態や企業の状態を表すため、為替や株価を動かす要因とされています。

基本的にその国の景気や経済状況が良くなると、その国の通貨の価値は上昇し、悪くなると下落してしまいます。

そのため各国の経済状況やニュースなどを知っておく必要があります。

テクニカル分析を用いて取引を行うトレーダーは、「テクニカルトレーダー」と呼ばれ
ファンダメンタルズ分析を用いて取引を行うトレーダーは「ファンダメンタルズトレーダー」と呼ばれます。

トレンド

トレンド
FXでいうトレンドとは、通貨の流行を表します。

FXには「売りと買い」の2つの取引方法があり、
流行している通貨=人気がある通貨は買われる傾向にあります。

逆に、流行していない通貨=人気がない通貨は売られる傾向にあります。

このように人気の有無がはっきりしていて、
人気のある通貨が買われることでその通貨の値段が上がったり
人気のない通貨が売られることでその通貨の値段が下がっていくことを「トレンド」と言います。

また、人気の有無がハッキリとしている状態をトレンドが発生していると言い、
トレンドが発生している相場のことを「トレンド相場」と呼びます。

さらに、人気のある通貨の価値が上がっていくことを「上昇トレンド」と呼び、
人気のない通貨の価値が下がっていくことを「下降トレンド」と呼びます。

トレンドが一度発生すると、なかなか相場が反転しにくいほか、
トレンドには強弱が存在し、強いトレンドほど反転しにくいという特徴を持っています。
FXで利益を出すためには、トレンドの発生をいち早く察知しそのトレンドに乗ることが重要となります。

レンジ

レンジ

レンジとはトレンドの対になる存在で、相場が大きく上がりも下がりもせずに、
一定の値幅で上下を繰り返す相場のことを指します。

売り買いが均衡しているレンジ相場は、一定の値幅の間ではたくさんの資金が流れ込みます。

そのため、その力の均衡が崩れると相場が一気に一方向へ動く傾向にあります。

レンジ相場はトレンドとは違い、相場の大きな流れがわからないため、FX初心者にとっては難しい取引となります。

順張りと逆張り

順張りと逆張り

順張りと逆張りとはトレンドの方向と同じか反対かということです。

順張り

順張りは、トレンドと同じ方向に「買い」「売り」の取引をしていくことです。
トレンドフォローとも呼ばれます。

逆張り

逆張りは、トレンドと反対方向に「買い」「売り」の取引をしていくことです。

FX初心者は順張りが基本

順張りはトレンドに逆らわず、
相場の流れに乗ることができるのでFX初心者の方も覚えていた方が良い取引方法です。

逆張りはトレンドとは反対方向に取引をするため、非常に難易度が高くリスクも大きい取引方法となります。

FXのやり方とは?FXの仕組みから口座開設と取引までを解説
そもそもFXとは何? FXとは、「Foreign Exchange」から作られた短縮形の造語で、 日本語で正式には「外国為替証拠...

トレードスタイル

トレードスタイル

FXでは基本的な4つのトレードスタイルがあり、スタイルによって取引期間が異なります。

スキャルピングトレード

スキャルピングトレードとは、数秒から数分間の最も取引期間が短い短期売買のことです。

トレード期間が短いため、一回の取引での利益が小さいことが特徴です。

最短で利益を出せる取引方法でもあり、利益になる確率も高いです。

レバレッジをかけて何回も取引を繰り返し、利益をコツコツと重ねていきます。

デイトレード

デイトレードとは、数時間から1日の中での値動きを利用し利益を狙う取引方法となります。

ポジションを翌日に持ち越さず、1日のうちに数回の取引をしその日のうちに決済します。

スキャルピングトレードほどではありませんが、
比較的少ない利幅をコツコツと積み重ねていく取引方法です。

スイングトレード

スイングトレードとは、数日から数週間におよぶ取引期間は中期的な取引方法です。

相場の波の一周期の値動きを利用し利益を狙うため、相場の波が終わるまでポジションを保有し続けます。

スイングトレードに向いている通貨ペアはトレンドが発生しやすい通貨ペアとなります。

キャリートレード

キャリートレードとは、数ヶ月から一年以上におよぶトレードスタイルの中でも一番長期的な取引方法です。

金利の低い国の通貨を、金利の高い通貨と交換をし金利収入を得ます。

つまり通貨間の金利差益からのスワップポイントを狙ったスワップ取引もキャリートレードの1つと言えます。

売買回数自体が少ないため、負ける確率も低くなっています。

FXでは、これらのトレードスタイルの中から自分にあったものを見つけましょう。

FXのトレードスタイルについては、こちらの記事でも詳しく説明しています。

FXデイトレードとは?初めてでも利益を出すためにするべきことは
FXは取引する期間によってトレードスタイルが決まります。デイトレードは数時間~1日以内の短期間で取引するFXの取引スタイルです。デートレードはポジションを次の日まで持ち込まず、長期トレードになってしまうことで生じるリスクを回避できるため初心者にもおすすめのスタイルです。

マンガで分かるFX解説!

マンガで分かるFX解説!