損失を抑えて自動で決済!FXの逆指値注文とは

FXでポジションを持っているときに
チャートを確認できずにいたら
気がつけば大きな含み損が・・・
といった経験は無いでしょうか

大きな含み損を抱えてしまうと
損切りのタイミングを見失ってしまい

ひとたび損切りのタイミングを
見失ってしまえばどんどん損失が膨らみ
最悪の場合強制ロスカットとなってしまいます

そんなときに役に立つのが逆指値注文です

逆指値注文を設定しておくことで
損失を限定してリスクを最小限に
抑えることが出きる様になります

ここでは損失を限定してリスクを抑える
FXの逆指値注文についてご紹介します

FXって何と言う人はこちらから
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

損失を抑えるのに役立つ逆指値注文

FXの取引では損失を抑える事が何よりも重要となります

逆指値注文をマスターして取引を有利に進めましょう

逆指値注文とは

逆指値注文は指値注文と同じく
自分が売買を行いたい為替レートを
予め指定しておくことで

指定した為替レートになったときに
自動で取引を行ってくれる
という
注文方法です

指値注文の違い逆指値注文では
現在より高いレートを指定して買いの注文を出したり
現在より安いレートを指定して売りの注文を出したり
することができます

しかし実際に逆指値注文で取引した場合を考えると
現在より為替レートが高くなったときに通貨を買ったり
現在より為替レートが安くなったときに通貨を売る
といった注文を出していることになるので

一見すると現在より不利な為替レートで取引を行い
損をしてしまうように感じてしまうかもしれません

そのまま注文を出すと損をしてしまいそうな
逆指値注文は実際の取引ではどのように使うのでしょう

損失を限定することができる

そのまま注文を出してしまえば
損をしそうに感じる逆指値注文ですが

逆指値注文をうまく使うことで
発生する可能性がある損失を限定し
損失を最小限に抑える事が
できる様になります

自分がFXで取引を行っているとして
損をしてでも売買を行うのはどういった
状況のときでしょうか?

FXの売買で損失が発生するとしても
取引を行う必要があるのは
保持しているポジションで
含み損が発生している場合です

つまり為替変動の予想が外れてしまい
持っているポジションの損切りを
行わなければならないときと
言うことになります

不利な為替レートで注文を出す逆指値注文で
自分が許容できる損失の範囲を予め決めておけば

予想が外れて含み損が発生してしまった場合に
自動で損切りを行う注文を出しておくことが
できる
のです

たとえば
現在の為替レートが1ドル100円だったとすると

買いのポジションを持てば
相場が上昇したときに利益が出ることになりますが
予想に反して相場が下降してしまった場合には
損失が発生することになってしまいます

しばらくチャートをチェックできないうちに
1ドル98円まで下がってしまったとすると
1ドル辺り2円の損失が発生することに
なってしまいます

そんなときに役に立つのが逆指値注文です

たとえばポジションを持った段階で
1ドルが99円まで下がってしまったら
損切りしようと考えて逆指値注文を
出しておけば

チャートを確認した段階で
1ドル98円になってしまっていたとしても
99円になった段階で決済注文が行われるので
1ドル辺りの損失は1円程度で済むということに
なるのです

このように逆指値注文を使うことで
チャートに張り付いていなくても
自分が許容できる範囲に損失を
抑えることができる
様になります

ポジションを持っているときに
逆指値注文を入れておかないと

チャートを確認できないうちに
急激な為替変動が発生してしまい

気付いたときにはポジションが
強制ロスカットとなってしまい
資金の大半を失ってしまう
なんて事になってしまう可能性もあるので

リスクをコントロールして損失を
最小限に抑えるためにもポジションを
持ったら必ず逆指値注文を入れておきましょう

逆指値注文の設定法

逆指値注文を出す場合
自分が許容で来る損失を目安に
注文を行う方法のほかにも

チャートの分析を行い
損切りのタイミングを決める

方法も存在しています

たとえばドル円が1ドル99円から101円の間で
行ったり来たりしているレンジ相場の場合で
考えて見ましょう

レンジ相場は一定の値幅内で上昇と下降を
繰り返している相場のことで

この場合では99円と101円の間を
行ったり来たりしながらチャートが
進行しています

99円で反発が起こり上昇を始めたので
101円付近まで上昇するのではと考えて
買いのポジションを持ったとすると

損切りの逆指値注文は何円に設定するのがいいのでしょうか?

レンジ相場では値動きがレンジに収まる
可能性が高くなっていますが

一度レンジを抜けてしまえば
大きなトレンドが発生する切欠に
なることも少なくありません

この場合では99円を抜けてしまった場合に
自分予想と逆方向のトレンドが発生する

可能性があることになります

ひとたびトレンドが発生してしまえば
為替レートが大きく動いてしまいます

そうなると99円を超えた段階で
損切りできなければ大きな含み損が
発生してしまう
ことになるので

99円を超えた段階で損切りできるように
逆指値注文を出しておくことになります

このようにチャートの分析を行うことで
自分の予想から外れた値動きが起こりやすい
タイミングで損切り
を行うために
逆指値注文を設定しておくことは
実際の取引で非常に重要となるので
必ず覚えておきましょう

指値注文との違いとは

指値注文と逆指値注文、名前は良く似ていますが
注文内容にどのような違いがあるのでしょうか?

間違って注文を出してしまわないようにしっかりと
確認しておきましょう

指値注文は
現在のレートより高いレートで売りたいときや
現在のレートより安いレートで買いたいときに
行う注文方法で、買うときも売るときも
現在より有利な為替レートを指定して
取引を行う
注文方法です

対して逆指値注文は
現在の為替レートより安いレートで売ったり
現在の為替レートより高いレートで買ったり
といった現在より不利な為替レートを指定して
注文を行う
ことになります

どちらも為替レートを指定して行う取引ですが
指値注文では有利なレートを指定して利益確定を狙ったり
逆指値注文であえて不利なレートで注文を出して
損切りの設定
をしておき損失を限定したりなど
使い方が異なることになります

どちらの注文も有効に使えば
チャートに張り付いていなくても
自動で取引を行うことができるので
特徴を覚えて取引に役立てましょう

逆指値注文でのリスク管理

逆指値注文はリスクを管理する上で
非常に役に立つのでポイントを抑えて
おきましょう

逆指値注文を使うことで
為替レートが自分思惑と
はずれてしまった場合でも

損失を自分が想定した範囲に
抑えることができる
様になります

逆指値注文の設定を忘れてしまうと
相場が急変、いきなりレートが大きく動き
大きな含み損を抱えることになってしまい
かねません

ポジションをもったら忘れないように
必ず逆指値注文をいれておく
ようにしましょう

損切り注文の目安

リスクを管理する上で重要になるのは損切りの設定です

適切に損切りの設定を行うことで
自分の予想が外れた場合にも
損失を最小限におさえることができるので
逆指値注文を利用して損切りの設定を
行いましょう

しかし損切りの設定は実際にどのように決めるのが
よいのでしょうか?

いくら逆指値注文で損切りのための注文を設定していたとしても
損切りの幅が大きければ大きが発生することになってしまいます

チャートを分析して損切りのラインを決定する方法もありますが

テクニカル指標を使ってチャート分析を行い
適切な損切りのラインを設定するのは
FXに慣れていない初心者には
少し難しいかもしれません

しかし損切りの設定をしないわけにはいきません
チャートの分析に慣れるまでは自分が投資に使える
資金から許容できる損失額を決めて損切りのラインを
設定
しておきましょう

FXでは1回の取引で許容できる損失の割合は
資金総額の1-5%程度と言われています

1回の取引で発生する可能性のある損失を
1-5%程度に抑えておくことで
運悪く予想が続けて外れてしまったとしても
トレードを続けることができる様になります

資金が残ればチャンスも残る


FXで最も大切なのは
必ずトレードを成功させることではなく
トレードを続けられなくなるような
損失を出さない
ということです

たとえ一時的に大きな利益を出すことができたとしても
一気に資金を失うような取引を繰り返していては
一度の失敗で資金の大半を失うことになってしまいます

FXでは取引に失敗することがあっても
その後の取引で損失を取り返して
収支をプラスに転換できるように
取引を続けていくことが重要なのです

そのためには数度の失敗で
取引が続けられなくならないように
損切りの設定をしっかりと行い
リスクを管理しながらトレード
する必要があります

一度の失敗でそれまでの資金が
無くなってしまわないように
自分の資金にあわせてレバレッジや
損切りのラインを設定して
取引を続けられるように
しましょう

逆指値注文の注意点

損切りの設定を行って
リスク管理に役立つ逆指値注文ですが
実際の取引で使う時には注意が
必要な場合があります

成行注文や指値注文で自分が想定していた
為替レートからずれたレートで取引が
成立してしまった経験は無いでしょうか?

逆指値注文でも同じようなことが起こってしまう場合があります

通常の相場状況では逆指値注文で
為替レートの指定を行えば
指定したレートに限りなく近いレートで
取引が成立することになります

しかし、指定しておいたレート付近で
経済情勢に大きな影響を与える出来事や
世界的な事件が起こり

急激な為替変動が起こってしまうと
注文の発動が間に合わず指定した
レートからずれた値で取引が成立
してしまう場合がある
のです

非常に稀ではありますが
損失を限定できるといっても
100%では無いので万が一の場合に備えて
注意しておきましょう

逆指値注文が機能しない場合も

逆指値注文に限ったことではありませんが
為替レートを指定した注文方法では
必ずしも指定した為替レートで取引が
行われるとは限りません

たとえば99円に損切りのための
逆指値注文を設定
しておいたとしても

実際には98.9円で決済されてしまう
といったことが起こってしまう可能性が
あるのです

為替レートは常に変動していますが
指定したレートが近づいた瞬間に
急な為替変動が起こったり、
指定したレートで取引が成立
しなかったりしてしまうと
ずれたレートで取引が
成立することになってしまいます

このように自分が狙った為替レートで
注文が成立し無かった場合

ずれたレートはスリッページと呼ばれ
スリッページが発生すると
注文が滑ったなどと言われています

スリッページが起こるのは?

狙ったレートで取引が成立しない
スリッページですが、通常の取引での
多少のずれのほかにスリッページが
起こりやすい状況が存在しています

スリッページが起こりやすいのは
急激な為替変動が起こっているタイミングで

重要な経済指標の発表時や
要人の発言などがあるときには
相場の急変が起こりスリッページ
が発生しやすくなってしまいます

原因は確かではありませんが
取引量が増え、レートが急激に変動したり
売買の注文が片方に大きく偏ってしまうなど
が起これば注文が間に合わず狙ったレートでの
取引成立が難しい場合があるようです

スリッページが発生してしまうと
狙ったレートで決済を行うことが
できなくなってしまいます

自分に有利なスリッページなら大歓迎ですが
自分に不利なスリッページが発生すれば
思わぬ損失が発生することになってしまいます

突発的な自然災害やテロなどの事件を予想することは難しいですが
経済指標の発表や要人の演説などは事前に予想することができるので
スリッページの発生が予想されるタイミングでの取引は
十分注意して行いましょう

逆指値まとめ

FXを始めたばかりだと
大きな利益を狙うことに夢中になってしまい、
場合によっては全勝する意気込みで
取引に望んでしまいます

しかしFXで成功するためには目先の利益だけでなく
いかにリスクを管理して損失を抑え
資金を大きく減らすことなく取引を続けることで
トータルの収支をプラスにする必要があります

FXでは全ての取引を成功させることはできません
リスクの高い取引を行い一時的に資金を増やしたとしても

一度のトレードで資金を大きく減らす可能性がある取引を続ければ
いずれ資金の大半を失う結果になってしまい
取引を続けることができなくなってしまいます

相場から退場する結果になってしまわないように
適切な損切りでリスクをコントロールするためにも
逆指値注文を活用して取引を行いましょう

損切りの設定さえ行っていれば
予め発生する可能性がある損失を
予想することができるので

万が一自分の予想が外れてしまったとしても
落ち着いてトレードを行うことができる様になります

ポジションを持ったら忘れずに
損切りの注文を出しておきましょう

ただし、逆指値注文も100%ではありません
相場の状況によってはスリッページが発生し
指定した為替レートからずれて取引が成立してしまう
可能性もゼロではありません

重要な経済指標発表時には
ポジションを持ちこさないようにしたり
多少のスリッページを許容でくるように
取引量を調整するなどスリッページに
備えて取引を行うようにしましょう