IFD注文とは?新規と決済を同時に発注!

FXのIFD注文とは?新規と決済を同時に発注

そもそもIFD注文ってなに?

FXには様々な注文方法が用意されています。

IFD注文もそのうちの一つです。

状況に合わせて適切な取引方法を選べれば取引を有利に進めることができる様になるのでそれぞれの注文方法の特徴を把握しておくことは非常に重要となります。

すぐに取引が成立する成行注文や、一つの為替レートを指定して行う指値・逆指値注文は比較的わかりやすくなっていますがFXを始めたばかりだと複数の注文方法を組み合わせたIFD・OCO・IFO注文などの注文方法は少しわかり難いかもしれません。

ここでは指値と逆指値を組み合わせた注文方法、IFD注文についてご紹介します。


初心者が絶対に持っておくべきFX口座は?
外為オンラインは多くの初心者に支持される!人気の秘密とは
FXで初心者向けというと必ず目にするのが「外為オンライン」です。検索でも必ず目にするFXの取引業者ですが、外為オンラインは本当に初心者向けなの?初心者がFX会社選びで重視するべきポイントと、外為オンラインで取引するメリットや注意点について解説します。
FXで成功するには口座選びが大切です。初心者向けサービス・サポートが非常に充実、初めての人も安心の外為オンラインについて上記リンクで詳しく解説します。

IFD注文とは?

IFD注文とは?

IFD注文のIFDは「if done」の略で「イフダン注文」と呼ばれています。

金融や為替の世界では取引が成立したときの合図としてDoneを使う習慣がありDoneは確定した取引の成立を表しています。

IFD注文では「if done」すなわち、もし(IF)為替レートが○○になったら取引が成立(Done)するといった注文の内容を表しています。

実際にどういった内容の注文方法なのか確認していきましょう。

新規注文と決済注文を同時に発注できる

IFD注文は一回の発注で自分が売買を行いたい為替レートでの新規注文と決済注文を同時に行うことができる注文方法です。

最初に新規注文用の為替レートと決済注文用の為替レート、二つの為替レートを指定することで新規と決済の二つを同時に設定することができる様になっています。

IFD注文後の流れ

IFD(if done)注文は新規注文と決済注文を同時に設定することができる注文方法です。

予め二つの為替レートを指定しておくことで「為替レートが○○になったら新規注文を出して」「その後為替レートが○○になったら決済注文を出したい」という二つの注文を同時に発注することができます。

たとえば、チャートから今後の値動きを予想して1ドル100円でドルを買って、101円で決済を行いたいと考えた場合、新規の買い注文を100円に設定決済の売り注文を101円設定することで為替レートが100円になったときに新規注文が発動して101円になったときに決済注文が発動するIFD注文を発注することができます。

IFD注文では成行注文とは違い一度発注してしまえば、その後チャートをチェックできなかったとしても新規注文から決済まで自動で取引行ってくれます注文さえして出してしまえば常にチャートをチェックする必要もなくなるので主婦やサラリーマンなど忙しくてなかなかチャートを確認することができないと言う人も取引を行いやすい注文方法となっています。

取引時間が取りづらいという人は、IFD注文をうまく活用して空き時間に注文を済ませてしまいましょう。

決済は利益確定か損切りのどちらか

IFD注文では新規注文用と決済用の二つの為替レートを指定できる便利な注文方法です。

しかし、決済で指定するレートによって決済注文が利益確定を狙った物になるのか損切りを想定した物になってしまうのかがかわってくることになってしまいます。

IFD注文では注文を出すときに決済を利益確定を狙ったものにするのかそれとも損切りの設定を行うのかを考えて注文を発注する必要があることになります。

実際の注文を行う際に間違ってしまわないように利益確定と損切りで注文を行う場合の違いを確認しておきましょう。

IFDで利益確定を行う場合

まずはIFD注文で利益確定を行う場合を考えて見ましょう。

現在の相場が為替レートが1ドル99円から101円に間を行ったり来たりしているレンジ相場だったとして為替レートが下降しているときに99円での反発を予想したとしましょう。

99円で反発した後に101円まで上昇すると考えたのであれば、99円で買いの新規注文を行い101円で売りの決済注文行うように設定してIFD注文を出すことになります。

このようにIFD注文で利益確定を狙う場合、新規の注文を行いたい為替レートでの注文と新規の注文より有利なレートの決済注文を行うことで自分が狙っている利益確定のポイントで自動で取引を行うことができる様になります。

損切りの設定を行う場合

為替レートが予想の通りに動いてくれるなら利益確定を狙った注文だけでもいいのですが、実際の取引では思ったとおりの値動きが起こってくれないことも珍しくはありません。

自分の予想とは違った値動きが起こってしまえば含み損が発生してしまい利益確定を狙った注文設定では最悪の場合強制ロスカットとなってしまう可能性もあります。

IFD注文では強制ロスカットのリスクを抑えるために損切りを想定した注文を行うことも可能になっています。

利益確定の場合と同じく1ドル99円から101円の間を行ったり来たりしているレンジ相場の場合で考えて見ましょう。

99円で値動きの反発が起こり、このまま101円まで上昇するのではと予想したすると。

このとき予想が外れて為替レートが下降してレンジを抜けてしまい99円を割ってしまった場合に備えておきたいとします。

この場合IFD注文では、99.1円での新規の買い注文を出して99円で決済の売る注文を出すことになります。

この場合予想が外れて為替レートが下降してしまい、99円を割ってしまうような値動きが起こってしまったとしても実際の損失は1ドル辺り0.1円ですむことになります。

このように注文を出したときに損切りの設定を行っておけば予め発生する可能性のある損失を予測することができるのでリスクを最小限に抑えることができる様になります。

IFD注文では利益確定だけでなく損切りの注文も設定することができるので、IFD注文をうまく活用してリスクをコントロールして取引を行うようにしましょう。

IFD注文のポイント

IFD注文のポイント

取引が成立するのは為替レートが条件満たしたとき

doneは取引の成立を表しているのですが、IFD(if done)で設定した注文が成立するのはifの条件が満たされたとき。

つまりIFD注文で設定した為替レートに現実の為替レートが到達したとき。

たとえ注文を出していたとしても指定した為替レートに到達するまでは注文が発動するということはありません

発注をしていたとしても為替変動の状況によって注文がいつまでも成立しない可能性もあるので注意が必要になります。

指定した為替レートになる前なら設定を変更できる

doneが取引の成立を表しているといっても、ifで設定した為替レートになるまで取引が成立するということはありません。

指定した為替レートに到達して注文が発動するまでは自由に注文内容を変更することができるようになっています。

注文を出しただけで取引が成立(done)してしまうと言うようなことはないので、安心して注文を行いましょう。

最低限のチャートチェックは行なうようにしよう

IFD注文は指値や逆指値を組み合わせることで新規と決済両方の注文を自分の指定したレートに予約しておくことができる便利な注文方法です。

一度、注文を行えばチャートを確認していなくても新規注文から決済までを自動で行ってくれますが、その後の為替レートの推移によっては注文が成立しない可能性があります。

新規注文が成立する前なら大きな問題は起こらないかも知れませんが新規注文は成立したのにいつまでも決済されないといった状態になってしまうと手動で利益確定や損切りを行わなければ決済の設定によっては最悪の場合、強制ロスカットとなってしまいます。

取引が成立しない場合を考えると、注文をだしたら完全に放置するというのはリスクを伴うことになるので、最低限のチェックは必要となります。

特に利益確定を狙った決済の設定をしている場合は、自動で損切りが行われないので、こまめにチャートをチェックするなどの注意が必要です。

なかなかチャートを確認する時間が取れない場合は損切りを優先して決済を設定しておいた方がいいでしょう。

ただ、損切り用に決済を設定していた場合には利益確定を手動で行なう必要が出てきてしまいます。

狙ったポイントで決済が行なえず利益確定のタイミングを逃してしまえば利幅が小さくなってしまったり、逆に損切りを行なうことになってしまう可能性もあります。

チャンスを逃さないためにも可能な限りチャートのチェックは行なっておいた方がいいでしょう。

IFD注文まとめ

IFD注文は新規の注文と決済注文を同時に発注することができる便利な注文方法で複数の注文を組み合わせて行なう複合注文の中ではシンプルで使いやすい注文方法となっています。

実際に発注を行なった後でも指定した為替レートに到達し注文が成立する前なら自由に注文内容の変更も可能となっており、新規の注文が成立した後でも決済注文が成立するまえなら決済の条件を変更することも可能となっています。

しかし逆に言えば発注を行なっておいても為替レートが指定した値に到達しなければ発注した注文が成立することはありません。

IFD注文の内容は指値注文と逆指値注文の組み合わせた物となっているので、注文がなかなか成立しない場合はチャートを分析しなおして注文内容を調整するなど、その後の注文の状況を定期的にチェックすることが必要となります。

IFD注文を発注したからといって注文を完全に放置してしまえば含み益が含み損に変わってしまったり成立した注文がいつまでも決済されずに大きな含み損を抱えてしまう結果になる可能性もあります。

一度出した注文は決済されるまで、できるだけチェックするようにしたほうがいいでしょう。

注文内容が少し複雑になりますがFXにはIFO注文と言う利益確定と損切りの注文を同時に出すことができる注文方法も存在しています。

取引に慣れてIFD注文を不便に感じてきたらIFO注文とIFD注文を状況によって使い分けると良いでしょう。

FXの注文方法は状況によって使いやすいものが変わります。

自分の取引スタイルに合わせて使いやすい注文方法を探してみましょう。

FXとは?マンガで読めるFX解説 マンガで分かるFX解説

FX会社一覧

外為オンライン

外為オンライン
おすすめポイント
  1. 初心者に人気!
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. キャッシュバックあり
  5. 外為オンラインの詳細へ

口座開設数55万突破!
初心者にオススメしたいFX会社

4000円と少額から始められるのが、初心者向けFX会社の外為オンラインです。
元AKB48の大島優子さんがイメージキャラクターを務めています。

1000通貨に対応しているので、通常の10分の1の資金から始められるようになっています。
初心者に支持されているのは資金面ではなく、取引の手軽さからもです。

外為オンラインではなんと、賢く代わって自動取引してくれる「iサイクル注文」を搭載!
日中忙しい方や、始めるタイミングに迷っていた方でもお任せでFXが始められてしまいます。

そんな便利な自動売買も、デモトレードで無料練習が可能。

口座開設費などもないので、お試し感覚から始めることが出来ます。

期間限定で5,000円のキャッシュバックキャンペーン中です!

FXブロードネット

FXブロードネット
おすすめポイント
  1. 自動売買が人気
  2. 少額からできる
  3. キャッシュバックあり
  4. FXブロードネットの詳細へ

取引タイミングの悩みから解放してくれるトラッキングトレード

FXブロードネットの最大の特徴は、ユーザーのわがままを実現した賢い自動売買「トラッキングトレード」です。

24時間あなたに代わって、忙しいときや寝ている間も売買を繰り返してくれます。
迷いがちな取引のタイミングをバッチリと掴んで、売買のチャンスを逃がしません。

1000通貨からと少額対応しているほか、使いやすいツールが全て無料なのも嬉しいポイント。

また電話対応から動画セミナーなど、初心者バックアップも万全になっています。

今なら最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中!

インヴァスト証券 シストレ24

インヴァスト証券 シストレ24
おすすめポイント
  1. 初心者に人気
  2. 自動売買が使いやすい
  3. 少額からできる
  4. インヴァスト証券 シストレ24の詳細はこちら

直感的でシステムトレードといえばここ

インヴァスト証券 シストレ24は、
初心者でもすぐに理解できる直感的で分かりやすいものです。

システムトレード(シストレ)は、プロが作った賢い自動売買のシステムのことです。
アイコン表示や収益率の表示で、FXに詳しくなくてもボタンを押すだけで設定が出来てしまいます。

シンプルであるにも関わらず、高性能なプログラムを備えているのがインヴァスト証券です。

実際に使ってみた感覚や、
システムの成績が知りたい方は、デモ口座での無料お試しが可能です。

トライオートFX

トライオートFX
おすすめポイント
  1. 自動売買が使いやすい
  2. 少額からできる
  3. 取引コストが安い
  4. トライオートFXの詳細はこちら

自動売買にこだわりたい人向けのトライオートFX

トライオートFXは、シストレ24でおなじみのインヴァスト証券が提供するもう一つの自動売買ツールです。

シストレ24より、更に詳細な注文設定が行えるのがトライオートFXで、
自動売買をもっと自分好みにカスタマイズできます。

操作性はシストレ24同様、シンプルで使いやすい取引画面が特徴で、
取引ツールはスマホにも対応しています。

トライオートFXは1000通貨対応で最低4000円ほどからスタートできるので、
少額から自動売買を始めたい初心者にもおすすめです。

FXトレード・フィナンシャル

FXトレード・フィナンシャル
おすすめポイント
  1. MT4が使える
  2. 自動売買ができる
  3. 少額からできる
  4. FXトレード・フィナンシャルの詳細はこちら

世界で人気のMT4(メタトレーダー4)が扱える国内業者

MT4は海外で人気を集める取引ツールのひとつです。
チャートが非常に便利な上に高性能であり、更にはシステムトレードも行えるツールとなっています。

国内業者では提供が限られますが、それを可能にしているのがFXトレード・フィナンシャル。
小島瑠璃子さんがイメージキャラクターを務め、仮想通貨事業でも有名になっています。

一見難しく感じられがちなMT4ですが、日本人向けにカスタマイズされているのがポイント。

1000通貨対応やデモトレードの提供で無料練習が可能なこと、
スマートフォン対応を行っていることからも、初心者が始めやすい気遣いが伺えます。

FXプライム byGMO

FXプライム byGMO
おすすめポイント
  1. 初心者に人気
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. FXプライム byGMOの詳細はこちら

口座開設者の半数以上が初心者と初めての人に選ばれるFX会社

FX初心者に愛用されているのがFXプライム byGMOです。

1000通貨から少額取引が可能!
初期費用を少なく済ませたい方でも安心して始めることが出来ます。

プロの世界でも活用されているチャート分析が使える「ぱっと見テクニカル」は、
ワンクリックで使用可能で大変便利になっています。

また、マーケット情報の発信も活発です。
中には情報口座として、この口座を持つトレーダーもいるほど!

講師にチャットで質問出来るオンラインセミナーが人気を集めています。

こんな記事も読まれています

 

FXとは何?簡単に学ぶ初心者入門

FX初心者の方は、FXと聞くと「難しそう」「具体的なやり方がわからない」という悩みが尽きないと思います。まずは、どのような事でも何かを始めるにあたり下準備が大切となってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運営者
運営者:小林 徹
小林 徹@超入門FXブログTwitter
株式会社モフピュアにて超入門FXブログを担当しています。
初心者の頃はチャート見ただけで面倒さから拒否感が出てましたが。その経験を生かした楽しく分かりやすい解説を心がけています。
正しい知識を身に着け、FXが初めての人でも安心安全に取引ができる一助になれれば幸いです。
運営者情報

当サイトで紹介してますFX会社は全て金融庁に登録されている業者です。しっかりと金融庁により監督されていますので安心してご利用いただけます。
金融庁に登録されている業者一覧ページ

フォロー応援お願いいたします