新規と決済を同時に発注!FXのIFD注文とは

FXには様々な注文方法が用意されています

状況に合わせて適切な取引方法を選べれば
取引を有利に進めることができる様になるので

それぞれの注文方法の特徴を把握しておくことは
非常に重要となります

すぐに取引が成立する成行注文や

一つの為替レートを指定して行う指値・逆指値注文は
比較的わかりやすくなっていますが

FXを始めたばかりだと
複数の注文方法を組み合わせた
IFD・OCO・IFO注文などの注文方法は
少しわかり難いかもしれません

ここでは指値と逆指値を組み合わせた注文方法
IFD注文についてご紹介します

FXって何と言う人はこちらから
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

IFD注文とは?

IFD注文のIFDは「if done」の略で
「イフダン注文」と呼ばれています

金融や為替の世界では取引が成立したときの合図として
Doneを使う習慣がありDoneは確定した取引の成立を表しています

IFD注文では「if done」すなわち
もし(IF)為替レートが○○になったら
取引が成立(Done)する

といった注文の内容を表しています

実際にどういった内容の注文方法なのか
確認していきましょう

新規注文と決済注文を同時に発注できる

IFD注文は一回の発注で
自分が売買を行いたい為替レートでの
新規注文と決済注文を同時に行うことが
できる注文方法です

最初に新規注文用の為替レートと
決済注文用の為替レート、

二つの為替レートを指定することで
新規と決済の二つを同時に設定することが
できる様になっています

IFD注文後の流れ

IFD(if done)注文は新規注文と決済注文を
同時に設定することができる注文方法です

予め二つの為替レートを指定しておくことで
「為替レートが○○になったら新規注文を出して」
「その後為替レートが○○になったら決済注文を出したい」
という二つの注文を同時に発注することができます

たとえば、チャートから今後の値動きを予想して
1ドル100円でドルを買って、101円で決済を行いたい
と考えた場合

新規の買い注文を100円に設定
決済の売り注文を101円設定することで

為替レートが
100円になったときに新規注文が発動して
101円になったときに決済注文が発動する
IFD注文を発注することができます

IFD注文では成行注文とは違い一度発注してしまえば
その後チャートをチェックできなかったとしても

新規注文から決済まで自動で取引行ってくれます

注文さえして出してしまえば常にチャートを
チェックする必要もなくなるので

主婦やサラリーマンなど忙しくて
なかなかチャートを確認することができない
と言う人も取引を行いやすい注文方法となっています

取引時間が取りづらいという人は
IFD注文をうまく活用して空き時間に
注文を済ませてしまいましょう

決済は利益確定か損切りのどちらか

IFD注文では新規注文用と決済用の
二つの為替レートを指定できる
便利な注文方法です

しかし、決済で指定するレートによって
決済注文が利益確定を狙った物になるのか
損切りを想定した物になってしまうのかが
かわってくることになってしまいます

IFD注文では注文を出すときに
決済を利益確定を狙ったものにするのか
それとも損切りの設定を行うのかを
考えて注文を発注する必要がある
ことに
なります

実際の注文を行う際に間違ってしまわないように
利益確定と損切りで注文を行う場合の
違いを確認しておきましょう

IFDで利益確定を行う場合

まずはIFD注文で利益確定を行う場合を考えて見ましょう

現在の相場が為替レートが1ドル99円から101円に間を
行ったり来たりしているレンジ相場だったとして

為替レートが下降しているときに
99円での反発を予想したとしましょう

99円で反発した後に
101円まで上昇すると考えたのであれば

99円で買いの新規注文を行い
101円で売りの決済注文行うように設定して
IFD注文を出すことになります

このようにIFD注文で利益確定を狙う場合
新規の注文を行いたい為替レートでの注文と
新規の注文より有利なレートの決済注文を
行うことで自分が狙っている利益確定の
ポイントで自動で取引を行うことが
できる
様になります

損切りの設定を行う場合

為替レートが予想の通りに動いてくれるなら
利益確定を狙った注文だけでもいいのですが
実際の取引では思ったとおりの値動きが
起こってくれないことも珍しくはありません

自分の予想とは違った値動きが起こってしまえば
含み損が発生してしまい利益確定を狙った
注文設定では最悪の場合強制ロスカットと
なってしまう可能性もあります

IFD注文では強制ロスカットのリスクを抑えるために
損切りを想定した注文を行うことも可能
になっています

利益確定の場合と同じく
1ドル99円から101円の間を行ったり来たりしている
レンジ相場の場合で考えて見ましょう

99円で値動きの反発が起こり
このまま101円まで上昇するのでは
と予想したすると

このとき予想が外れて為替レートが下降して
レンジを抜けてしまい99円を割ってしまった
場合に備えておきたいとします

この場合IFD注文では
99.1円での新規の買い注文を出して
99円で決済の売る注文を出すことになります

この場合予想が外れて為替レートが下降してしまい
99円を割ってしまうような値動きが起こってしまったとしても
実際の損失は1ドル辺り0.1円ですむことになります

このように注文を出したときに損切りの設定を行っておけば
予め発生する可能性のある損失を予測することができるので
リスクを最小限に抑えることができる
様になります

IFD注文では利益確定だけでなく損切りの注文も
設定することができるので、IFD注文をうまく活用して
リスクをコントロールして取引を行うようにしましょう

IFD注文のポイント

取引が成立するのは為替レートが条件満たしたとき

doneは取引の成立を表しているのですが
IFD(if done)で設定した注文が成立するのは
ifの条件が満たされたとき

つまりIFD注文で設定した為替レートに
現実の為替レートが到達したとき

たとえ注文を出していたとしても
指定した為替レートに到達するまでは
注文が発動するということはありません

発注をしていたとしても為替変動の状況によって
注文がいつまでも成立しない可能性もあるので
注意が必要になります

指定した為替レートになる前なら設定を変更できる

doneが取引の成立を表しているといっても
ifで設定した為替レートになるまで
取引が成立するということはありません

指定した為替レートに到達して
注文が発動するまでは自由に
注文内容を変更することが
できる
ようになっています

注文を出しただけで取引が成立(done)してしまう
と言うようなことはないので、安心して注文を
行いましょう

最低限のチャートチェックは行なうようにしよう

IFD注文は指値や逆指値を組み合わせることで
新規と決済両方の注文を自分の指定したレートに
予約しておくことができる便利な注文方法です

一度、注文を行えばチャートを確認していなくても
新規注文から決済までを自動で行ってくれますが

その後の為替レートの推移によっては
注文が成立しない
可能性があります

新規注文が成立する前なら
大きな問題は起こらないかも知れませんが

新規注文は成立したのにいつまでも決済されない
といった状態になってしまうと手動で利益確定や
損切りを行わなければ

決済の設定によっては最悪の場合
強制ロスカット
となってしまいます

取引が成立しない場合を考えると
注文をだしたら完全に放置するというのは
リスクを伴うことになるので、最低限の
チェックは必要となります

特に利益確定を狙った決済の設定をしている場合は
自動で損切りが行われないので、こまめにチャートを
チェックするなどの注意が必要です

なかなかチャートを確認する時間が取れない場合は
損切りを優先して決済を設定しておいた方がいいでしょう

ただ、損切り用に決済を設定していた場合には
利益確定を手動で行なう必要が出てきてしまいます

狙ったポイントで決済が行なえず
利益確定のタイミングを逃してしまえば
利幅が小さくなってしまったり

逆に損切りを行なうことになってしまう
可能性もあります

チャンスを逃さないためにも
可能な限りチャートのチェックは
行なっておいた方がいいでしょう

IFD注文まとめ

IFD注文は新規の注文と決済注文を
同時に発注することができる便利な注文方法で

複数の注文を組み合わせて行なう複合注文の中では
シンプルで使いやすい注文方法となっています

実際に発注を行なった後でも
指定した為替レートに到達し
注文が成立する前なら自由に
注文内容の変更も可能となっており

新規の注文が成立した後でも
決済注文が成立するまえなら
決済の条件を変更することも
可能となっています

しかし逆に言えば発注を行なっておいても
為替レートが指定した値に到達しなければ
発注した注文が成立することはありません

IFD注文の内容は指値注文と逆指値注文の組み合わせた
物となっているので、注文がなかなか成立しない場合は
チャートを分析しなおして注文内容を調整するなど
その後の注文の状況を定期的にチェックすることが
必要となります

IFD注文を発注したからといって
注文を完全に放置してしまえば

含み益が含み損に変わってしまったり
成立した注文がいつまでも決済されずに
大きな含み損を抱えてしまう結果になる
可能性もあります

一度出した注文は決済されるまで
できるだけチェックするようにしたほうが
いいでしょう

注文内容が少し複雑になりますが
FXにはIFO注文と言う利益確定と
損切りの注文を同時に出すことができる
注文方法も存在しています

取引に慣れてIFD注文を不便に感じてきたら
IFO注文とIFD注文を状況によって使い分けると
良いでしょう

FXの注文方法は状況によって使いやすいものが変わります

自分の取引スタイルに合わせて使いやすい注文方法を
探してみましょう