新規注文から利確、損切りまでを設定できる!FXのIFO注文とは

FXには様々な注文がありますが
注文方法によっては何度も注文を
発注する必要があったり、一部の
注文を手動で行う必要があったりなど

少し面倒に感じることもあるかもしれません

そんな人にぴったりなのがIFO注文です

IFO注文なら新規の注文から
決済の利確、損切りの注文までを
一度の発注で行うことが可能です

ここでは新規注文から決済までを一度に行うことができる
FXのIFO注文についてご紹介します

FXって何と言う人はまずこちらから
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

IFO注文とは

IFO注文は「if done one cancels the ohter order」の略で
IFDOCOとも呼ばれる、IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。

新規注文と決済注文を同時に行えるIFD注文と
指値と逆指値を同時に指定することができる
OCO注文を組み合わせることで

新規注文から決済時の利確と損切りを
一度の発注で設定することができる

便利な注文方法となっています

IFO注文後の流れ

IFD注文とOCO注文を組み合わせたIFO注文では
一度に三つの為替レートを指定することになり

最初に新規でポジションを持ちたい為替レート
決済のために利確と損切りを行いたいと考えている
為替レート
をそれぞれ指定することになります

注文を発注するとIFD注文のように
ポジションを持ちたいと考えて設定した
為替レートになった段階で新規の注文が
発動
することになります

その後、指値で設定した利確用の注文と
逆指値で指定した損切り用の注文が有効となり

OCO注文のようにどちらかの為替レートに到達した段階で
注文が発動
、一方の注文が発動するともう一方の注文が
キャンセル
され注文が終了することになります

具体例で考えてみると

ドル円で1ドルが100円になった後に
上昇を始めると予想して買い注文を
出そうとしていたとします

その後予想通り上昇すれば101円で利確を行い
予想が外れたときに備えて99円で損切りを行いたい
と考えたとしましょう

IFO注文ならこの一連の注文を一度の発注で
済ますことが可能となっています

まず為替レートが100円になった段階で新規の注文が発動

その後予想通り為替レートが上昇すれば
101円になった段階で指値注文が発動して
利益を確定することができ

逆に予想に反して為替レートが下降してしまった場合
99円になった段階で逆指値注文が発動することとなり
自動で損切りを行うことができるのです

新規と決済を同時に発注できるIFD注文
指値と逆指値を同時には注できるOCO注文
組み合わせたIFO注文なら新規の注文と同時に
決済注文を損切り注文を発注することができる
ので

注文を出してさえしまえば
頻繁にチャートをチェックする必要はありません

チャートを確認しなくても利確と損切りを行ってくれるので
注文を出したいけど、この後チャートを確認できなさそう
と言うときにも安心して取引を行うことができます

忙しくてなかなかチャートを確認できないと言う人には
非常に便利な注文方法となっています

組み合わせる前のIFD注文とOCO注文とは

IFO注文を説明する際に出てくる
IFD注文とOCO注文とは
元々どういった注文方法なのでしょうか

それぞれの注文方法を確認してみましょう

IFD注文とは

IFD注文は、もし為替レートが○○になったら新規の注文を行い
その後もし為替レートが○○になったら決済の注文を行いたい
と言うような新規注文と決済注文を同時に発注することができる
注文方法
です

具体例で考えてみると

ドル円で現在のレートが1ドル100円だとして

99円に下がった段階で上昇を始め
その後101円まで上昇が続くだろう
と予想したとしましょう

その場合99円の新規注文と101円の決済注文の
二つの注文を一度のIFD注文で発注することが
可能となっています

注文を出した後に為替レートが99円になった段階で
新規の注文が発動
してその後予想通りに為替レートが上昇すれば
101円に到達した段階で決済注文が発動することになります

IFD注文とは、このように新規と決済の注文を
同時に発注できる注文方法です

OCO注文とは

OCO注文は指値と逆指値の注文を
同時に発注することができる注文方
法で
同時に発注した注文の片方が成立した段階で
もう一方の注文がキャンセル
されて
注文が終了します

具体例で考えると

ドル円のレートが現在100円だとして
今からレートが上昇すると考えて
買いのポジションを持ったとしましょう

その後チャートを確認しながら
手動で決済を行うことが難しいので

101円に利確を行うための指値注文
99円に損切りを行うための逆指値注文
OCO注文で発注したとします

利確と損切り用の注文をOCO注文で発注すると

予想通り為替レート上昇すれば
1ドル101円に到達した段階で注文が発動
利益を確定する決済が行われてもう一方の
99円の逆指値注文がキャンセルされて
取引が終了します

逆に予想が外れてレートが下降してしまったとしても
1ドルが99円になってしまった段階で注文が発動して、
決済が行われてポジションが損切りされることになり
101円の指値注文がキャンセルされて取引は終了
となります

このようにOCO注文では指値と逆指値
どちらか一方の注文が成立した段階で
もう一方の注文が自動でキャンセル
される
ことになります

いちいち自分で注文をキャンセルする必要が無いので
どちらか一方だけが成立すればいい決済の取引を
行うときには非常に便利な注文方法となっています

チャートを見なくても自動で取引できる

IFO注文では
一度発注してしまえば新規の注文から
利確や損切りの決済注文までを自動で
行う事が可能です

予め値動きの予想って注文を行えば
チャートをみていなくても取引を
行うことができるということです

IFO注文は
注文を出したくても仕事や家事でチャートを確認できない
と言う主婦やサラリーマンなどの日中忙しい人たちに
ピッタリの注文方法となっています

IFO注文のポイント

一度に三つの為替レートを指定できる
IFO注文は様々な使い方ができる便利な注文方法です

取引の前にポイントをおさえておきましょう

急な価格変動に強い

FXでは予測が難しい要因によって
突発的な為替変動が起こってしまう
可能性が常に存在しています

ポジションを建ててから決済注文を発注する
注文方法ではそのわずかなタイムラグの間に
急激な為替変動が起こってしまい

損切りの設定が間に合わず
大きな含み損を抱えてしまう
といった可能性もゼロではありません

しかしIFO注文なら新規の注文と同時に
決済時の利確や損切りの注文を同時に
設定して注文を発注することになるので

ポジションを持つと同時に損切りの設定を
行うことが可能
となっています

IFO注文では損切りようの注文を発注する前に
為替変動が起こるといったことは
考えられないので、想定外の急変に
対応しやすい注文方法と言えるでしょう

決済の注文が有効になるのは新規の注文が成立してから

IFO注文では新規の注文として設定した
為替レートに到達し新規の取引が成立
するまでは決済の注文が有効になることは
ありません

チャートを分析して行った予想に近い値動きを
していたとしても新規の注文に設定した為替レートに
届いていなければそもそもの取引が行われない

と言うことになってしまいます

せっかく予想に近い値動きが起こったとしても
ポジションを持てていなければ意味はありません

常にチャートをチェックする必要はありませんが
取引が予想通り進行しているのかを確認するために
最低限のチャートチェックは行ったほうが良いでしょう

注文の有効期限に注意

IFO注文に限ったことではありませんが
FXでは発注した注文に有効期限が設けられている
場合があります

現在の為替レートと注文を出した為替レートに
開きがあったり、値動きの予想をはずしてしまった場合は
いつまでも取引が成立せずに注文の有効期限となってしまい
注文自体が無効となってしまう可能性もあります

FX会社や取引の設定によって有効期限は
異なっているので自分が出した注文の
有効期限がいつなのかは必ず確認しておきましょう

組み合わせる前の注文方法に慣れておこう

IFO注文は元々組み合わせ注文である
IFD注文とOCO注文二つの組み合わせ注文を
組み合わせた注文方法なので、

FXの取引を始めたばかりの投資初心者の方には
少し難しく感じてまうかもしれません

そんなときはまずIFO注文の元になった組み合わせ注文
IFD注文やOCO注文でFXの組み合わせ注文に慣れておきましょう

IFO注文をわかりづらく感じていたとしても
IFO注文の元となっているIFD注文やOCO注文を
事前にマスターしておけばIFO注文も
無理なく理解することができるように
なるはずです

解説を見ただけでは
IFO注文って結局どんな注文方法なの
となってしまった人はまずIFO注文を構成している
IFD注文とOCO注文をつかって取引を行っていましょう

IFO注文まとめ

IFO注文は新規注文から利益確定、損切りの注文までの
設定を一度の発注で済ませられる非常に便利な注文方法
となっています

発注さえしてしまえば、チャートを確認することが
できなくても決済までを自動で行うことができる
日中、忙しく取引時間が取りづらい主婦やサラリーマンに
ぴったりな注文方法です

しかし、取引を成立させるためには
実際の為替レートが注文で設定した為替レートに
到達する必要があり発注の段階でしっかりと
値動きを予想する必要があったり

そもそも組あわせ注文を組み合わせたという
性質上、注文の設定を細かく行う必要があったり
するなど

取引を始めたばかりのFX初心者には少し
難しい注文方法となってしまうかもしれません

注文の設定が細かくなるといっても
所詮はIFD注文とOCO注文を組み合わせた
だけの注文方法です

一度理解してしまえばこれほど便利な注文方法は
ありません

値動きの予想をしっかりと行い
取引の有効期限に注意するなど
注文時のポイントをおさえて

チャートに張り付かない
効率のいいトレードを
マスターしましょう