FXのレバレッジは危険!?レバレッジのメリット・デメリットを理解しよう

レバレッジとは?

レバレッジとは?

レバレッジとはFXの最大の特徴とも言える仕組みです。

実際に持っている資金の何倍もの金額で取引ができるようになる仕組みであり、
少額の資金でも大きな利益をねらえるレバレッジはFX取引の魅力でもあります。

通常、10万円の資金を持っている人は10万円の取引ができるのが普通です。

しかし、FXではレバレッジを使うことにより、
10万円の資金であれば最大25倍の250万円までの大きな金額での取引が可能になります!

もし10万円で取引した時に1万円の利益が出たとすれば、
レバレッジ25倍の場合では、利益も1万円の25倍の25万円になります。

しかし、FXの大きな魅力であるレバレッジにもいくつか注意点があります。

これからFXを始めるのであれば、レバレッジの仕組みやメリット・デメリットを理解して取引を始めましょう。

レバレッジの仕組み

レバレッジの仕組み

FXのレバレッジは、実際に持っている資金の何倍もの金額で取引ができるシステムです。

レバレッジには【てこ】という意味があり、
FXでも小さな資金で大きな金額を動かすことを表しています。

レバレッジ取引ができるのはどうして?

FX取引でレバレッジを使うと資金の何倍もの取引が可能なのは、
FXが証拠金取引と呼ばれる取引であるからです。

証拠金取引というのは、取引口座に入金した自己資産を担保として、その資金の範囲内で取引を行うというものです。

取引で担保となる資金の事を「証拠金」と言います。

FXでは証拠金の最大25倍までの金額で取引が可能です。
これがレバレッジです。

レバレッジの倍率というのは、
「証拠金に対して何倍の金額で取引できるか」ということを示しています。

レバレッジ1倍なら証拠金の1倍、つまり証拠金額分の取引ができ、
レバレッジ25倍なら証拠金の25倍までの範囲で取引ができます。

通常、1ドル100円の時に1000通貨の取引を行う場合、
100円×1000通貨(1000ドル)で10万円の資金が必要となります。

しかし、FXでは最大25倍までレバレッジをかけることができます。

上の場合であれば、

10万円÷25(レバレッジの倍率)=4000円

つまり、レバレッジ25倍であれば、
4000円で10万円の取引が可能になります。

FXの1000通貨とは?4000円から始められる秘密
FXを始めるのには必要な最低資金はいくら?1000通貨取引対応なら4000円からFXを始めることが出来ます。FX初心者には1000通貨取引がおすすめの理由とは?FXの1000通貨取引と1000通貨対応のFX会社について解説します。

レバレッジは無金利

レバレッジ取引は、FX会社からお金を借り入れて取引すると考えると分かりやすいです。

お金を借り入れて取引をしますが、レバレッジをかけて取引する場合は
通常の借金と違ってFX会社に金利を払う必要はありません。

レバレッジのメリット・デメリット

レバレッジのメリット・デメリット

メリット

金利もかからず、資金の何倍ものお金で取引ができるのは
レバレッジの大きなメリットの1つです。

レバレッジを利用すれば、
資金が少ない初心者でも大きな利益をねらえる可能性があります。

レバレッジの効果

10万円で取引した際の、レバレッジの違いによる取引利益の差を比較してみましょう。

レバレッジ1倍の場合

1ドル100円の時に10万円で1000ドルを購入して、101円で売ったとします。

この時、為替差益は1円×1000ドルで1000円の利益となります。

レバレッジ10倍の場合

1ドル100円であれば、レバレッジ10倍では1万ドル(100万円)購入できます。

1ドル100円で1万ドル購入して101円で売った場合、
利益は1円×1万ドルで1万円となります。

このように、FXでは資金は同じでも
レバレッジをかけることで、より大きな利益を得ることができます。

元手となる資金が多いほど、レバレッジによる利益も大きくなります。

レバレッジはあまり大きな資金が投資できない方や、資金を効率的に運用をしたい方にとって大きなメリットと言えます。

デメリット

しかし、レバレッジには、良いところばかりではなくデメリットもあります。

レバレッジのメリットは状況によってはデメリットにもなり得るのです。

レバレッジはハイリスク・ハイリターン

少額の資金で何倍もの金額の取引を行えて、利益も大きくなるのがレバレッジの特徴となりますが、その逆に損失を出した場合も損失額がレバレッジの分大きくなってしまいます。

レバレッジをかけた取引はハイリスク・ハイリターンで、
利益にも損失にも大きく倍々に反映されるということです。

また、レバレッジをかけての取引をしている時は
架空の資金を設定しトレードしている事になります。

仮に失敗して損失が出てしまった場合は、
その失った架空の資金も埋め合わせをしなければならないのです。

レバレッジをかけず自己資金だけでトレードしているのであれば、元手資金がなくなるだけなので問題はないのですが、レバレッジをかけて架空の資金を運用している場合は、全資産以上の損失になってしまう可能性もあります。

FXにはその様に含み損が大きくなりすぎた場合、証拠金以上の損失を招かない様に自動的に強制決済をするロスカットという仕組みがあります。

レバレッジのかけ過ぎはロスカットに注意

レバレッジのかけ過ぎはロスカットに注意

ロスカットとは

最大25倍までのレバレッジをかけて取引できるFXでは、
証拠金以上の損失が出るのを防ぐためにロスカットという仕組みがあります。

ロスカットとは、取引の含み損(今決済したらこのくらいの損が出ますよ、という決済前の見込みの損失)が証拠金の一定額以上になると、
自動で全てのポジションを決済してしまう仕組みです。

ロスカットについての詳しい記事はこちら。

ロスカットとは?FXのロスカットの仕組みと注意点
FX取引をするなら必ず覚えておきたいロスカットとその仕組みとは?FX初心者はロスカット=恐怖の損切りだと思っていませんか?ロスカットは大きな損失から資金を守る仕組みですが、注意点もあります。FXではロスカットを正しく理解して取引しましょう。

ロスカットはトレーダーの資産を守るための仕組みです。

取引の損失が一定以上になると自動で取引を決済し、損失がそれ以上大きくなることを防いでくれます。

ロスカットが発生する基準は各FX会社によって違いますが、
多くの場合は証拠金維持率が50%を下回った時点でロスカットが実行されます。

証拠金維持率とは、資金と証拠金にどれくらい余裕があるかを表す指標で、次の式で求めることができます。

証拠金維持率(%)=純資産÷必要証拠金×100

高すぎるレバレッジに注意しよう

高すぎるレバレッジに注意しよう

レバレッジは少ない資金で大きな金額の取引ができる仕組みですが、
自分の資金に見合わない大きすぎるレバレッジはロスカットを早める可能性があります。

証拠金維持率50%でロスカットが発生する例を見てみましょう。

レバレッジ1倍の場合

1ドル100円の時に10万円で1000ドル購入したとします。

レバレッジ1倍なので取引に必要な証拠金は10万円となります。

この時点での証拠金維持率は10万円÷10万円×100=100%です。

この場合、ロスカットになるのは証拠金維持率が50%、資金が5万円になった時となります。

つまり、ロスカットになるまでに5万円の余裕があることになります。

レバレッジ25倍の場合

先ほどの取引をレバレッジ25倍にした場合はどうでしょうか?

レバレッジ25倍の場合、必要証拠金は10万円(1000ドル)÷25で4000円です。

証拠金維持率は、4000円÷(10万円÷25)×100=100%となり、
50%である2000円になった時点でロスカットが発生します。

レバレッジ1倍では5万円までの損失に耐えられますが、25倍では2000円の損失が出た時点でロスカットとなってしまうことが分かります。

相場は上がったり下がったりしているので、待つことで利益が上がる可能性もあります。

資金に余裕があれば、現在は含み損が出ていても、
相場がプラスになるまで待つことができます。(塩漬け)

しかし、少ない資金で高いレバレッジをかけた取引では、
レバレッジが低い場合より少ない損失でもロスカットされやすくなります。

そのため、自分が想定していた損切りラインよりも早くロスカットされてしまう可能性もあるのです。

ロスカットされない為には

ロスカットされない為には

レバレッジは大きなメリットもある反面、
高すぎるレバレッジはロスカットの原因にもなります。

ロスカットは損失が大きくなりすぎるのを防いでくれる仕組みですが、
予想外のロスカットは資金も減るため、できれば避けたいものです。

ロスカットを避け、レバレッジをうまく活用するには
次の2つの点に気を付けるようにしましょう。

  1. 自分に見合ったレバレッジを設定する
  2. 資金に余裕を持って取引する

自分に見合ったレバレッジを設定

最初から大きな利益をねらって、
自分の資金に見合わない高すぎるレバレッジはロスカットのもとです。

実はFX初心者が失敗してしまう原因の多くはこのレバレッジです。

初心者のうちは大きな利益を求め過ぎず、
まずは少額取引低いレバレッジから取引を始めるようにしましょう。

資金に余裕をもって取引する

ロスカットの説明に出てきた証拠金維持率

証拠金維持率は、取引に必要な証拠金に対して
資産が多いほど大きくなり、取引にも余裕が生まれます。

高いレバレッジかけ、資金の大部分を費やす取引では、
相場の少しの値動きでもロスカットされやすくなってしまいます。

取引する際は証拠金維持率を高めに保つため、
資金には少し余裕を持たせておくのがポイントです。

レバレッジのまとめ

これまで説明してきたように、
手持ち資金以上の大きな金額での取引を可能にするのがFXのレバレッジです。

少額投資でも大きな利益を得られることは、FXの大きな魅力でもあります。

しかし、レバレッジはハイリスク・ハイリターンであり、その分デメリットも存在します。

国内のFX会社では、レバレッジは最大25倍までとなっています。

以前は100倍や200倍といった高いレバレッジで取引が可能でしたが、
投資家を大きな損失から守るため、現在では最大25倍までに規制がかかるようになりました。

しかし、個人の取引では最大25倍のレバレッジでも、
法人としてのFX口座では最大100倍で取引できるFX会社も存在します。

高すぎるレバレッジは失敗のもとになりやすいです。

レバレッジを高く設定したために、1円の下落でロスカットになってしまった…
などということにならないように、FX初心者などはいきなり高いレバレッジで取引せず、低いレバレッジから始めることをオススメします。

レバレッジ何倍だから安全・危険ということではなく、自分の保有しているポジションが証拠金に対し、どのくらい大きいのかをしっかり認識してトレードするようにしましょう。

レバレッジは自己資金とトレードスタイルなどに合わせ、
上手に活用していくことが重要です。
FXの1000通貨とは?4000円から始められる秘密
FXを始めるのには必要な最低資金はいくら?1000通貨取引対応なら4000円からFXを始めることが出来ます。FX初心者には1000通貨取引がおすすめの理由とは?FXの1000通貨取引と1000通貨対応のFX会社について解説します。

マンガで分かるFX解説!

マンガで分かるFX解説!