ロスカットとは?FXのロスカットの仕組みと注意点

ロスカットとは

ロスカットとは

FXではポジションの損失が一定額以上になると、損失がそれ以上大きくならないように、
ポジションを強制的に決済させる「ロスカット」という仕組みがあります。

FXは証拠金取引ですので、
FX口座に入金した資金(証拠金)の範囲内で通貨の売買を行う、という取引です。

投資家が口座に5万円の証拠金を入金すると、
FX会社が投資家の代わりに5万円分の取引を行います。

そして、取引で利益が出た場合は、その利益を投資家の5万円の証拠金に上乗せします。

逆に損失が出た場合は、証拠金の5万円から損失分の金額が引かれ、投資家の手元には証拠金から損失を引いた差額が残ります。

これがFX取引の仕組みです。

FXとは?初心者向けのマンガで分かるFX解説!
FXとは?マンガで読めるFX解説 マンガで分かるFX解説

FXのレバレッジは利益も損も大きくする

また、FXではレバレッジといって、
証拠金の最大25倍までの金額で取引できるという特徴があります。

例えば、
証拠金の5万円に10倍のレバレッジをかけた場合、50万円分の取引ができるようになります。

少ない資金でも大きな取引ができることは、FX最大の魅力でもあります。

しかし、先ほどのFXの仕組みを思い出してみましょう。

レバレッジをかけるという事は、
5万円の証拠金でFX会社が50万円分の取引を行っていることになります。

つまり、レバレッジをかけた取引はFX会社に借金をして取引しているようなものです。

50万円分の取引をして利益が出た場合は問題ありませんが、
50万円の取引で証拠金の5万円以上の損失が出てしまった場合はどうなるでしょうか?

口座には5万円しかないので、不足金を追加で入金する必要が出てきます。

レバレッジで証拠金以上の取引ができるFXでは、
このような事態を防ぐためにロスカットという仕組みがあるのです。

ロスカットは損失の拡大を防ぐ

ロスカットは損失が大きくなるのを防ぐための強制決済です。

損失は出てしまいますが、ロスカットによって最低限の資金を残しておくことができます。

レバレッジをかけて取引できるFXでは、ロスカットの仕組みが無いと資金を全額失ったり、
資金を上回る損失が出る可能性があります。

ロスカットで損失は確定してしまいますが、
それ以上の損失を出させないことで最低限の資金が残るのです。
FXの仕組みを初心者にも分かりやすく解説!FXで利益を得る方法とは?
例えば1ドル100円の時に購入して、120円になったら売ることで20円の利益が出ます。FXはこのように為替の動きを利用してドルや円などの通貨を売買することで利益を得る取引です。

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは、FXのロスカットを理解する上で重要なキーワードです。

証拠金維持率とは、FX口座にある資金(純資産)と、
取引のポジションを持つために必要な証拠金にどのくらい余裕があるのかを示す数字です。

証拠金維持率は次の計算から求められます。

純資産÷必要証拠金×100=
証拠金維持率(%)

必要証拠金

この記事の最初に説明したように、
FX取引では口座に入金した資金を担保にして為替の取引を行います。

そのため担保となる資金=口座に入金した資金は「証拠金」と言います。

必要証拠金というのは、
FX取引でポジションを持つのに最低限必要となる資金の事です。

例えば、1ドル100円の時に1000通貨の取引を行う場合の必要証拠金は
100円×1000通貨=10万円となります。

FXは最大25倍のレバレッジで取引できるので、
その場合、必要証拠金は100円×1000通貨×4%=4000円となります。

FXは4000円と少額から取引可能!

FXの1000通貨とは?4000円から始められる秘密

ロスカットライン

ロスカットラインとは、証拠金維持率が一定%以下になったらロスカットが行われる損失の限度ラインのことです。

ロスカットラインは取引のコースやFX会社によって差があります。

FX会社 ロスカット基準
外為オンライン L25Rコース:
取引証拠金の100%
L25コース:
取引証拠金の20%
FXブロードネット ブロード1コース:
取引証拠金の4%
ブロード20コース
取引証拠金の80%
ブロード25コース:
取引証拠金の100%
シストレ24
インヴァスト証券
必要証拠金率(必要証拠金÷有効証拠金×100)が
100%以上
トライオートFX
インヴァスト証券
有効比率(有効証拠金額÷必要証拠金額×100)が
50%以下
FXトレード・フィナンシャル 証拠金維持率100%以下
FXプライム byGMO 証拠金維持率80%以下

このように、ロスカットの基準は取引コースにも大きく変わります。

また、FX会社によってはロスカットラインを自分で設定できるところもあります。

FX口座を開設する時は、ロスカットラインについても確認してみましょう。
本当におすすめのFX会社を紹介!FX初心者が見るべきポイントとは
比較サイトによってオススメの会社が違うのはなぜ?FXを始めようと検索してみると、既に様々なFX会社の情報で溢れかえっています。この記事では初心者がFX会社を選ぶときに見るべきポイントと、本当に初心者向けとしておすすめできる国内のFX会社2社を徹底比較しています。

ロスカットの基準で何が変わる?

ロスカットの基準で何が変わる?

例えば、FX会社の外為オンラインにはL25RL25の2種類のコースがありますが、
それぞれのロスカットライン(ロスカット値)は以下のようになっています。

コース ロスカット値
L25Rコース 取引証拠金の100%
L25コース 取引証拠金の20%

外為オンラインでは証拠金維持率ではなく、
資金が取引証拠金(必要証拠金)の一定%を下回った時点でロスカットが発生します。

ロスカット後の資金の違い

L25Rコースでは資金が証拠金の100%を下回るとロスカットになります。

先ほどの1000通貨の例では必要証拠金が4000円だったので、
1万円を入金して取引した場合、資金が4000円を下回った時点でロスカットが発生します。

L25コースでは20%を下回るとロスカットなので、
資金が800円を下回った時点でロスカットが発生します。

L25Rコースではロスカットラインが100%と高めなので、L25コースに比べてロスカットされやすいですが、ロスカット後に残る資金は4000円となります。

しかし、L25コースでは20%となるため、
L25Rコースよりもロスカットは発生しにくくなりますが、ロスカット後の資金は800円と少なくなります。

このように、ロスカットラインの違いによってロスカットのタイミングや、
ロスカット後に残る資金に違いが出てきます。
外為オンラインについての記事はこちら

多くの初心者に支持される外為オンライン!人気の秘密とは

マージンコールとは

マージンコールとは

マージンコールとは

マージンコールとは「追証(おいしょう)」のことです。

追証とは投資用語のひとつで、
「取引で証拠金が不足しそうなので、追加の証拠金を口座に入金して下さい」
という意味があります。

つまり、マージンコールは
「このままだともうすぐロスカットになりますよ!」という警告なのです。

ロスカットは証拠金維持率が一定を下回ると、全てのポジションを強制決済しますが、
その前に一度、マージンコールでロスカットが近いことを知らせるのです。

マージンコールが来た場合、
そのまま放っておいてはロスカットされてしまうので、
すぐにロスカットを防ぐための対策を行う必要があります。

マージンコールが来たら

マージンコールが来たということは、ロスカットが近いことを示しています。

ロスカットがレッドカードだとしたら、
マージンコールはその手前のイエローカードになります。

マージンコールが来たら、ロスカットを防ぐための対策を取りましょう。
ロスカットを防ぐには2つの方法があります。

  1. FX口座に追加で資金を入金する
  2. ポジションの一部を決済する

これらの方法についてより詳しく見ていきましょう。

1.FX口座に追加で資金を入金する

ロスカットは証拠金維持率が一定ラインを超えると発生します。

含み損が増えてきて、ロスカットされそうな場合は、
FX口座に追加の資金を入金することで証拠金維持率を上げることができます。

証拠金維持率がロスカット基準を超えていればロスカットは発生しません。

2.ポジションの一部を決済する

持っているポジションの一部を決済すると必要証拠金も減ります。

必要証拠金が減ると結果的に証拠金維持率が上がり、ロスカットを防げます。

ロスカットまでの流れ

ロスカットまでの流れ

では、実際にロスカットが発生するまでの流れを見てみましょう。

※以下の計算は分かりやすくするためにスプレッドなどの手数料を省いています。

証拠金維持率100%以下でロスカットの場合

1ドル100円の時に、1000通貨の買いポジションを持ったとします。

取引口座には必要証拠金に少しプラスして5000円を入金。

レバレッジ25倍での必要証拠金は4000円となるので、
取引開始時の証拠金維持率は125%です。

相場が1ドル99円に下落

相場が下落し、1ドル100円から1ドル99円になったとします。

必要証拠金は3960円に変化します。(99円×1000通貨÷レバレッジ25倍)

1円の損失×1000通貨で1000円の含み損となり、
証拠金維持率は4000円÷3960円×100=101%となります。

この時点ではギリギリですがまだロスカットは発生しません。

しかし、あと少しの相場変動でロスカットされる可能性が高いため、
このあと相場が上昇するという確信が無いのであれば、追加の証拠金を口座に入金する必要があります。
相場が1ドル98.5円に下落

相場が下落し、1ドル98.5円になったとします。
必要証拠金は3940円に変化します。

1.5円の損失×1000通貨で1500円の含み損となり、
証拠金維持率は3500円÷3940円×100=88%となります。

相場が1.5円下落したことで証拠金維持率は100%を下回り、ロスカットが発生します。

必要証拠金4000円に対して5000円の資金で取引した場合は、1円前後の相場変動でロスカットされる可能性があります。

取引開始時の証拠金維持率が125%とロスカットラインに近くなるため、取引にもあまり余裕がないことが分かりますね。

1万円で同じ取引をした場合

先ほどと同じ1ドル100円で1000通貨の買いポジションを持つのに、
余裕を持たせて1万円を入金した場合を見てみましょう。

取引開始時の証拠金維持率は、
1万円÷4000円×100%=250%となります。

5000円の時の125%と比べても、維持率にだいぶ余裕ができました。

取引資金は少し多めにしておこう

取引資金は少し多めにしておこう
1万円で取引した場合、
ロスカットが発生するのは相場が93.75円まで下落した時となります。

5000円で取引した場合は1.5円の相場変動でロスカットになりますが、
1万円では6.25円までの相場変動耐えられることが分かります。

このように、取引する資金に余裕を持たせることで、
少しの相場変動でもロスカットされにくくなります。

ロスカットを防ぐには

ロスカットを防ぐには

最低限の資金を守るための、もしもの時のロスカット。

しかし、ロスカットされるという事は、
「そもそも自分の資金に見合った取引ができていない」
という事になります。

取引資金に余裕を持って取引

ロスカットは証拠金維持率が一定以下になると発生します。

FX取引では、証拠金に余裕を持たせて取引することでロスカットを防げます。

必要証拠金より多めの資金を口座に入れておくことで、
証拠金維持率が高まり余裕のある取引ができます。

頻繁にロスカットされて取引がうまく行かない、という場合は、
資金を多めにして取引してみましょう。

損失を限定させるために、あえて口座には必要最低限の資金しか入れないという方法もあります。

レバレッジを高くし過ぎない

FXはレバレッジをかけて少ない資金でも大きな取引が可能です。

しかし、最初に説明したように、
高すぎるレバレッジはロスカットの原因にもなります。

取引のコツを掴むまではレバレッジは低めに設定し、
慣れたら少しずつレバレッジを上げて取引してみましょう。

FXのロスカットまとめ

FX初心者は取引の仕組みや資金管理についてよく分かっていないので、
最初はロスカットされることも多いかもしれません。

初心者のうちは大きな利益をねらってレバレッジをかけ過ぎたり、
資金に余裕のない取引はしないようにしましょう。

FX会社によっては、ロスカットが発動される前に「マージンコール」で知らせてくれる機能もあります。

ロスカットは損失の拡大を食い止めるための最終手段です。

取引中はポジションの状況を把握し、
まずは自分で損切りを行えるようにしましょう。

FXの損切りで使う逆指値注文についてはこちらの記事でも説明しています。

FX注文方法 FXの基本の注文方法と初心者におすすめの注文方法を解説!
FXの注文方法とは? FX取引を始めるにあたり、注文方法の種類を学んでいきましょう。 まずFXの売買取引は、売りと買いが成立して損益が確...

FXでは自分の勝ちやすい取引スタイルを確立させることが、利益を上げるための近道です。

最初はロスカットも経験しながら、徐々に自分の取引スタイルを見極めていきましょう。