FXの窓とは?ポジションの持ち越しは危険!?

FXの窓とは?ポジション持越しは危険!?

FXにおける「窓」の存在

FXでは週明けの月曜日になるとチャートに窓ができることがあります。

窓とはFXのチャート上で隣り合ったローソク足の間に隙間ができてしまった状態です。

日本ではその隙間を「窓」と呼んでいます。(英語圏では「ギャップ」)

FXではそう頻繁に出現する物ではありませんが、株や先物取引では比較的良く見られるこの窓。

ここでは窓とはいったいどういったものなのか?

FXではなぜ他の投資商品に比べて窓が発生しづらいのか?

などといったFXの窓の特徴についてご紹介します。


初心者が絶対に持っておくべきFX口座は?
外為オンラインは多くの初心者に支持される!人気の秘密とは
FXで初心者向けというと必ず目にするのが「外為オンライン」です。検索でも必ず目にするFXの取引業者ですが、外為オンラインは本当に初心者向けなの?初心者がFX会社選びで重視するべきポイントと、外為オンラインで取引するメリットや注意点について解説します。
FXで成功するには口座選びが大切です。初心者向けサービス・サポートが非常に充実、初めての人も安心の外為オンラインについて上記リンクで詳しく解説します。

窓とは

窓とは

冒頭の通り窓とは隣り合ったローソク足の間に隙間が開いてしまっている状態のことを表しています。

画像のようにチャート上のローソク足とローソク足が離れてしまっているのが分かるでしょうか。

このすき間を窓と呼んでいるわけですが、ではなぜこのような状態になってしまうのでしょうか?

なぜ窓が発生するのか

通常であれば隣り合ったローソク足に隙間ができることはありません。

あったとしても一目ではわからないような小さな物となっています。

FXの取引画面を眺めていると、頻繁に為替レートが変動していることが確認できると思います。

FXでは為替レートが変動したとしても、一回ごとの反動幅はそれほど大きな物でないことがほとんどです。

ですが小さいとはいっても実際には、1ドル113.299円から113.307円のように推移しており、完全に取引レートが連続しているわけではありません

つまり相場が比較的安定している状態だと実際には連続していない価格変動でも一度の値動きごとの変動幅が大きくないので、値動きをローソク足チャートに変換したとしてもローソク足が次のローソク足に切り替わるときに大きく隙間が開いてレートが乖離することがないと言うことになります。

そのため、ローソク足が次のローソク足に切り替わったときに前のローソク足の終値付近のレートで取引が行われることが多く、確認できるほどの隙間が開くことはないということです。

しかし、先ほど画像で見た通り、窓はローソク足の間に大きな隙間ができてしまっています。

大きな隙間ができているということは前回のローソク足と大きく乖離したレートで取引が行われたということを表しています。

これはローソク足が切り替わって次のローソク足ができるタイミングで大きな為替変動が起こってしまい、前回のローソク足の終値とかけ離れた為替レートで取引が成立してしまったと言うことを表しているのです。

時間軸によって表示に変化があることも

もしローソク足の窓が開いていたとしても別の時間足では必ずしも窓になっているとは限りません。

窓はローソク足が切り替わるタイミングに合わせ、レートに大きな乖離があったということを表しているのでローソク足チャートの時間軸を変えてしまった場合はローソク足の実態が大きくなる大陽線や大陰線、もしくは大きな上ヒゲや下ヒゲがついたローソク足で表示されることになります。

たとえば4時間足でチャートに窓が見られたとしても日足では4時間足の6本分のローソク足を一つのローソク足に
まとめて表示することになります。

隙間ができた二つのローソク足も一つにまとめてしまえば上下に長いだけのローソク足となってしまいます

ちょっとした小話ですが、チャートの時間軸を切り替えると窓がわからなくなってしまう場合があることは頭に入れておきましょう。

FXでは比較的に窓が開きづらい

FXでは滅多に起こらないことですが株などの取引では日中の取引時間中でも取引レートに大きな乖離が発生し窓ができることも珍しくはありません。

たとえば何らかの事件や企業の不祥事等、株価に大きな影響を与えるニュースなどが発表されてしまうと一気に取引レートが乖離して大きな窓が開いてしまうこととなります。

また、株価を日足で表示した場合は頻繁に窓が開いている銘柄を確認できるでしょう。

ではなぜ、株の取引では頻繁に取引レートの乖離が起きるのでしょうか?

株の取引では板寄せと言う取引方式を採用しており、この板寄せでは買い手と売り手が注文を入れている価格と数量を確認することができる様になっています。

朝、実際に取引が開始される前から注文状況を確認することができるので前日とは異なった価格帯に注文が集まっていることも珍しくないのです。

そのため前日よりも高い価格帯や低い価格帯でしか取引が成立しない場合も多くなってしまい、結果として前日の取引レートと乖離が生じチャートに窓ができることになります。

FXで窓が開くことが少ないのは株とは違い24時間レートが動いていることが上げられます。

日本のFX会社の場合、平日は早朝の十数分間以外は常に取引が行われているので、株取引のように日足の間に大きな窓が開くことは少なくなっています。

さらにFXで取引されているものは世界中で流通している通貨、つまりはお金です。

通貨と個別の株では比べるまでもなく、取引量に大きな違いがあります。

決済や新商品の発表、企業の不正などで株価が一方方向にしか動かなくなってしまった場合やそもそも取引量が少ない知名度が低い株の場合は売り手や買い手がついている価格帯が前回のレートから大きく乖離してしまいそもそも取引自体が成立しなことも珍しくありません

対して通貨を取引しているFXでは注文を出せば通常、指定したレートに近いレートで即座に取引を行うことができるので取引レートに大きな乖離ができることはありません。

やはり取引量の違いも大きな影響があるといえるでしょう。

FXで窓が開くときとは?

FXで為替レートに乖離が起こり、窓ができる可能性は高くはありません。

しかし窓が開く可能性もゼロではないのです。

では一体どんなときにまどが開いてしまうのでしょうか?

率直に言ってしまうと、FXで窓が開いてしまうのは、大きなニュースや要人発言など事件ともいえるような相場に大きな影響を与える出来事が起こったときになります。

実際にドル円で100pipsの窓が開いてしまったり、ポンド円などの値動きが大きい通過ペアではさらに大きなまどが開いてしまったこともkao過去にはありました。

最近ではイギリスのEU離脱が報じられた際にはポンドドル大きな窓ができることとなり250pipsもの窓明けを記録しています。

これほどの窓が開いてしまうことは滅多にないことだとは思いますが、政界情勢に大きな影響を与えかねないニュースが報じられれば実際に大きな窓が開いてしまう可能性もゼロではありません。

ギリシャの国民投票や中国株のの大暴落、北朝鮮のミサイル発射など大きなニュースが報じらた際にはFXと言えどもレートに乖離が生じてしまう可能性は否定できません。

なかなか起こらないとはいえ、不意の窓空けに備えておく必要があるでしょう。

マイナーな通貨ペアに注意

皆さんはスイスフランショックと言うものを聞いたことがあるでしょうか?

スイスフランショックはスイス中央銀行がユーロスイスフランに行っていた為替介入を中止することを発表したために起こってしまいました。

元々スイス中央銀行の為替介入により一定のレートを超えないと信じて取引を行っていたところに、介入中止のニュースが報じられることによって2000pipsもの大きな窓が開いてしまう事態となりました。

その後もレート下がり続け十数分で4000pipsもの変動が起こることになっています。

日本にもスイスフラン円を取引していた投資家がおり通常、証拠金がそこをつく前に行われるはずの強制ロスカットも全く間に合わずネット上には預けていた証拠金以上の損失が発生してしまった人の呟きがあふれています。

株などに比べて取引量が桁違いに多いといっても通貨ペアによっては流動性が低い物もあり、大きな事件が起こったときには取引が成立しにくくなってしまうことも考えられます。

大きなニュースとマイナーな通貨ペアと言う二つの要因から想定外の損失が発生する事態がスイスフラン取引には起こってしまいました。

通常では即座に取引が成立するので取引には売り手と買い手が必要と言うことを忘れてしまいがちですがFX言えども取引には取引相手がいないと取引を行うことができないということは忘れないようにしましょう。

特にマイナーな通貨ペアの取引を行っている場合は注意が必要になるでしょう。

週明けには窓が開く場合も

FXでも特に大きな出来事が無くても窓が開いてしまうタイミングが存在しています。

それは月曜の早朝のタイミングです。

FXでは24時間取引を行っていますが、通常、土日の取引は休みとなっています。

しかし中東の一部の国では市場の休みが金曜となっており土日に取引を行っている場合もあります。

日本のFX会社では朝6時や7時から取引を開始するところがほとんどですが、オセアニアの市場が4時から取引を行っている影響で月曜の朝は金曜の終値と乖離したレートで取引が開始されることも少なくありません。

株の取引を思い浮かべると、FXでも取引が再開される週明けには窓が開きそうな事が想像できるのでは無いでしょうか。

それらの市場での通貨の取引量は非常に少ないものですが、日本で取引できない時間帯にも取引が行われていることになるので週明けの為替レートに影響を与える可能性が存在していることになります。

通常では大きな影響は無いのですが土日に選挙が行われたり、テロなどの世界的な事件が起きてしまった場合は話が変わります。

取引量が少ないとはいえ、レートに大きな影響を与える出来事が起こってしえば週明けには為替レートが大きく乖離してしまうことになってしまうでしょう。

週末に注目されている政治や経済に関する出来事が起こる場合は週明けに為替レートが乖離してしまい、大きな窓が開く可能性も高くなります。

ポジションを翌週に持ち越す場合は大きな窓が開く可能性があるかを予め良く考えておく必要があるでしょう。

さらに突発的な事件に関しては予測すら難しい状態になってしまいます。

ポジションを持ち越す際には窓空けのリスクを考慮して思わぬ為替レートの乖離に備えておく必要があるでしょう。

FXの窓空けまとめ

FXの取引では窓が開くほどの為替レートの乖離は非常に稀な物ですが、その可能性はゼロではありません。

世界情勢の変化や大きな事件が起こってしまえば、思わぬ損失を抱えてしまうことになりかねません。

マイナーな通貨ペアには十分注意を払い、資金やレバレッジをしっかりとコントロールして取引を行うようにしましょう。

FX会社一覧

外為オンライン

外為オンライン
おすすめポイント
  1. 初心者に人気!
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. キャッシュバックあり
  5. 外為オンラインの詳細へ

口座開設数55万突破!
初心者にオススメしたいFX会社

4000円と少額から始められるのが、初心者向けFX会社の外為オンラインです。
元AKB48の大島優子さんがイメージキャラクターを務めています。

1000通貨に対応しているので、通常の10分の1の資金から始められるようになっています。
初心者に支持されているのは資金面ではなく、取引の手軽さからもです。

外為オンラインではなんと、賢く代わって自動取引してくれる「iサイクル注文」を搭載!
日中忙しい方や、始めるタイミングに迷っていた方でもお任せでFXが始められてしまいます。

そんな便利な自動売買も、デモトレードで無料練習が可能。

口座開設費などもないので、お試し感覚から始めることが出来ます。

期間限定で5,000円のキャッシュバックキャンペーン中です!

FXブロードネット

FXブロードネット
おすすめポイント
  1. 自動売買が人気
  2. 少額からできる
  3. キャッシュバックあり
  4. FXブロードネットの詳細へ

取引タイミングの悩みから解放してくれるトラッキングトレード

FXブロードネットの最大の特徴は、ユーザーのわがままを実現した賢い自動売買「トラッキングトレード」です。

24時間あなたに代わって、忙しいときや寝ている間も売買を繰り返してくれます。
迷いがちな取引のタイミングをバッチリと掴んで、売買のチャンスを逃がしません。

1000通貨からと少額対応しているほか、使いやすいツールが全て無料なのも嬉しいポイント。

また電話対応から動画セミナーなど、初心者バックアップも万全になっています。

今なら最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中!

インヴァスト証券 シストレ24

インヴァスト証券 シストレ24
おすすめポイント
  1. 初心者に人気
  2. 自動売買が使いやすい
  3. 少額からできる
  4. インヴァスト証券 シストレ24の詳細はこちら

直感的でシステムトレードといえばここ

インヴァスト証券 シストレ24は、
初心者でもすぐに理解できる直感的で分かりやすいものです。

システムトレード(シストレ)は、プロが作った賢い自動売買のシステムのことです。
アイコン表示や収益率の表示で、FXに詳しくなくてもボタンを押すだけで設定が出来てしまいます。

シンプルであるにも関わらず、高性能なプログラムを備えているのがインヴァスト証券です。

実際に使ってみた感覚や、
システムの成績が知りたい方は、デモ口座での無料お試しが可能です。

トライオートFX

トライオートFX
おすすめポイント
  1. 自動売買が使いやすい
  2. 少額からできる
  3. 取引コストが安い
  4. トライオートFXの詳細はこちら

自動売買にこだわりたい人向けのトライオートFX

トライオートFXは、シストレ24でおなじみのインヴァスト証券が提供するもう一つの自動売買ツールです。

シストレ24より、更に詳細な注文設定が行えるのがトライオートFXで、
自動売買をもっと自分好みにカスタマイズできます。

操作性はシストレ24同様、シンプルで使いやすい取引画面が特徴で、
取引ツールはスマホにも対応しています。

トライオートFXは1000通貨対応で最低4000円ほどからスタートできるので、
少額から自動売買を始めたい初心者にもおすすめです。

FXトレード・フィナンシャル

FXトレード・フィナンシャル
おすすめポイント
  1. MT4が使える
  2. 自動売買ができる
  3. 少額からできる
  4. FXトレード・フィナンシャルの詳細はこちら

世界で人気のMT4(メタトレーダー4)が扱える国内業者

MT4は海外で人気を集める取引ツールのひとつです。
チャートが非常に便利な上に高性能であり、更にはシステムトレードも行えるツールとなっています。

国内業者では提供が限られますが、それを可能にしているのがFXトレード・フィナンシャル。
小島瑠璃子さんがイメージキャラクターを務め、仮想通貨事業でも有名になっています。

一見難しく感じられがちなMT4ですが、日本人向けにカスタマイズされているのがポイント。

1000通貨対応やデモトレードの提供で無料練習が可能なこと、
スマートフォン対応を行っていることからも、初心者が始めやすい気遣いが伺えます。

FXプライム byGMO

FXプライム byGMO
おすすめポイント
  1. 初心者に人気
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. FXプライム byGMOの詳細はこちら

口座開設者の半数以上が初心者と初めての人に選ばれるFX会社

FX初心者に愛用されているのがFXプライム byGMOです。

1000通貨から少額取引が可能!
初期費用を少なく済ませたい方でも安心して始めることが出来ます。

プロの世界でも活用されているチャート分析が使える「ぱっと見テクニカル」は、
ワンクリックで使用可能で大変便利になっています。

また、マーケット情報の発信も活発です。
中には情報口座として、この口座を持つトレーダーもいるほど!

講師にチャットで質問出来るオンラインセミナーが人気を集めています。

こんな記事も読まれています

 

FXとは何?簡単に学ぶ初心者入門

FX初心者の方は、FXと聞くと「難しそう」「具体的なやり方がわからない」という悩みが尽きないと思います。まずは、どのような事でも何かを始めるにあたり下準備が大切となってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運営者
運営者:小林 徹
小林 徹@超入門FXブログTwitter
株式会社モフピュアにて超入門FXブログを担当しています。
初心者の頃はチャート見ただけで面倒さから拒否感が出てましたが。その経験を生かした楽しく分かりやすい解説を心がけています。
正しい知識を身に着け、FXが初めての人でも安心安全に取引ができる一助になれれば幸いです。
運営者情報

当サイトで紹介してますFX会社は全て金融庁に登録されている業者です。しっかりと金融庁により監督されていますので安心してご利用いただけます。
金融庁に登録されている業者一覧ページ

フォロー応援お願いいたします