利確と損切りを同時に発注!FXのOCO注文とは

FXで取引を行い値動きの予想が当たっていても
チャートを確認できないうちに相場が進行してしまい

利確できたはずの含み益が・・・
なんて経験はないでしょうか?

せっかく予想が当たっても
含み益が目減りしてから
利益を確定するのは
非常に悔しい物です

狙ったポイントを逃さずに利確するために
チャートに張り付く方法もありますが

仕事や予定を考えれば
チャートに張り付いて
取引するにも限界があります

そんなときに便利なのがOCO注文

OCO注文なら利確と損切りの注文を
同時に発注できるので

予め発注しておけば
狙った為替レート担ったときに
自動で決済を行ってくれます

ここではチャートに張り付いていなくても
自動で決済を行える便利なOCO注文について
ご紹介します

FXって何と言う人はこちらから
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

OCO注文とは

OCO注文のOCOは「one cancel the other order」の略で

一度の発注で指値と逆指値二つの注文を同時に行い

片方の注文が成立したら、もう一方の注文が
自動的にキャンセルされる
という注文方法です

取引の設定によってはOCO注文を使わなくても
指値と逆指値の注文を出しておける場合もありますが

その場合片方が成立しても
もう一方の注文が残ってしまい

その後の為替変動によっては
残った注文が成立してしまう可能性があり
手動で注文をキャンセルしなければなりません

OCO注文を使えば片方が成立した後に
もう一方が自動でキャンセルされるので

どちらか一方の注文だけ成立すれば良い
決済時の注文などを発注する場合には
非常に便利な注文方法となっています

利確と損切りを同時に発注できる

OCO注文では一度の発注で
指値注文と逆指値注文を
同時に発注することができます

指値と逆指値を同時に指定することで
利確と損切りの設定を行うことができるので

決済時にOCO注文に使うことで、
利確を行うための指値注文と
損切りを行うための逆指値注文を
同時に発注することが可能
となっています

OCO注文の流れ

それでは実際に取引を行う際の
OCO注文の流れを確認してみましょう

1ドル100円のときに
ドルを買った場合で考えてみると

この場合ではドルを買っているので

ドル円の為替レートが上昇すれば含み益
逆に為替レートが下降してしまうと含み損
それぞれ発生することになります

上昇して含み益になったら101円で利益を確定して
下降して含み損になったら99円で損切りしようと
考えたとすると

101円で利確用の指値注文
99円で損切り用の逆指値注文
設定してOCO注文を発注することなります

上昇した場合と下降した場合
それぞれがその後どうなるかと言うと

為替レートが予想通り上昇した場合

ドル円が予想通り上昇した場合では
為替レートが101円まで上昇した段階で
利確用の指値注文が発動
することになります

101円付近で決済用の取引が成立して
同時に損切りのために発注しておいた
99円の逆指値注文はキャンセルされることになります

為替レートが予想に反して下降した場合

為替レートが予想に反して
下降してしまった場合では

ドル円が99円になった段階で
損切り用に発注した逆指値注文が
発動
することになります

99円付近で決済用の注文が成立し
同時に利確のために発注しておいた
101円の指値注文が自動的にキャンセルされる
ことになります

この様にOCO注文を活用すれば
利確と損切りの注文を同時に発注することができ

利確か損切りどちらかの注文が成立すると同時に
もう一方の注文が自動的にキャンセルされることに
なるので、チャートに確認していなくても
狙った為替レートでポジションの決済を
行うことができる
ようになるのです。

普段から忙しくなかなかチャートをチェックできない
人にとっては非常に便利な注文方法なので
上手く取引に活用しましょう

決済するまでがFXの取引

FXで取引を行っていると
ポジションを持った瞬間から

含み益や含み損が為替変動と連動して
リアルタイムで数値に反されることになります

しかし、FXの取引で
いくら含み益が出ていたとしていても
決済するまではまだ確定していない
架空の利益
でしかありません

決済で利益を確定するまでは
実際の利益とはなっていないので

決済のタイミング一つで
全てが水泡、絵に描いた餅に・・・
なんて事になってしまうことも
珍しいことではありません

含み損に関しても
一度大きな含み損を抱えてしまうと
人は心理的に損切りに踏み切ることが難しくなってしまい

損切りできないままずるずるとポジションを持ち続けた挙句

ポジションが強制ロスカット、資金の大半を失って
取引の継続が困難に・・・

なんてことになってしまいかねません

FXで取引を行う場合、ポジションを持ったら
必ず決済用の注文を設定
しておくようにしましょう

エントリーに合わせて
決済用にOCO注文を発注しておけば

チャートを確認していない間に
含み益がなくなってしまったり

想定外の含み損を抱えてしまい
損切りに踏み切れなくなってしまった

と言うようなことが起こる前に
予め設定した為替レートになれば
自動で決済を行ってくれます

新規の注文を行う場合は
必ず決済用の注文を行う癖をつけることで
しっかりと値動きを予想してポジションを
建てる
習慣をつけるようにしましょう

臨機応変といえば聞こえがいいですが
取引中には冷静な判断を行うことが
難しくなってしまい、必ずしも正しい決断を
行うことができるとは限りません

取引前や取引開始時に決済の設定を行うことで
冷静に決済のポイントを判断することができるので
格段に取引が安定する用になります

安定した取引を行えるようになれば
後は自分が行った取引を見直して

勝率が高い取引を増やして
勝率の低い取引を減らしていくだけです

FXで成功するためには
一度の取引にこだわって
失敗を引きずったりせずに

取引全体の収支をプラスにする
と言う考え方が重要になります

たとえ損切りすることになってしまったとしても
次の取引で成功できるように気持ちを切り替えて
取引を行うようにしましょう

OCO注文の設定

OCO注文では通貨を売るのか買うのか
その注文は指値注文なのかそれとも逆指値注文なのかを
設定する必要があるので

慣れるまでは発注に手間取ってしまうかもしれません

この注文はどっちだっけ?
となってしまわないように
注文内容をしっかりと確認しておきましょう

現在の為替レートより
有利なレートで注文を行いたい

たとえば100円でドルを買って
101円になってときに売りたい
と思っていた場合は指値注文

現在の為替レートより
不利なレートで注文を行いたい

たとえば100円でドルを買って
99円になったときに売りたい
と思っていた場合は逆指値注文

でそれぞれ注文を発注することになります

現在の取引ツールでは
注文方法を選んだあとに
間違った設定で注文を
出そうとしても

注文自体を発注することができないので
間違った方向で注文を行ってしまう
と言う可能性は低いのですが

設定を間違って注文が通らない
と言うことが頻発してしまえば
スムーズに発注を行うことが
難しくなってしまいます

OCOは発注さえしてしまえば
自動で決済を行ってれるので

思い通りに注文を出せるように
注文内容の設定はしっかりと
確認しておきましょう

注文内容はいつでも変更できる

OCO注文では注文を発注した後でも
指定した為替レートに到達して
注文が成立するまで

注文内容を自由に変更することが
可能
となっています

設定した為替レートに到達するまでは
取引が成立してしまうことは無いので

その後のチャートの状態などから
決済を早めたくなったりしたら
注文内容を変更してしまいましょう

特に含み益が乗ってきた段階で
損切りのラインを引き上げて
そのポジションで損失が出ないように
設定しなおすいった変更は
重要なテクニックなので覚えておきましょう

しかし損切りの設定を変更するときには
注意が必要な場合があります

値動きの予想が外れてしまい
損切りの設定が近づいてくると
損切りを回避しようとするあまり
思わず損切りの設定を変更して
しまうことがありますが

この損切りを避けるために損切りの
設定を変更するという行為は
相場の世界では最大のタブー
とされています

人は誰しも含み損を抱えてしまうと
冷静な判断を行うことが難しくなってしまいます

一回の取引にこだわりすぎるあまり
損切りの設定を変更するようなことは
絶対に避けましょう

損切りの設定に問題があると感じたなら
取引中ではなく

取引が終わった後にその取引を見直し
冷静になってから設定を考えて

次の取引から変更した設定で
取引を始めることがFXで安定した
利益を狙うための近道となるはずです

OCO注文まとめ

FXの取引は上昇と下降を予想するという
シンプルさからなんとなく取引を行っていたとしても
利益が出てしまう場合も少なくありません

しかし、FXで継続して安定した利益を狙うためには
その後の値動きを予想して注文を行い
行った取引を見直して次の取引に
役立てていくということが何よりも
重要となります

ポジションを持った段階で
利確と損切り両方の決済タイミングを考える
OCO注文は今後の値動きを予想しなければ
発注することができない注文方法です

ポジションを持ったとき同時にOCO注文を
発注する癖をつけることで

自然とその後の値動きを予想することが
できるようになります

しっかりと自分なりの値動きの予想を行っていれば
たとえ取引に失敗することがあっても
取引を見返すことで必ずFXの上達に
繋がるはずです

ろくに値動きの予想も行わずに
取引中に利確や損切りの注文を
考え始めるようではいつまでたっても
FXが上達することはないでしょう

FXはギャンブルではなくれっきとした
投資です

FXの取引をギャンブルにしてしまう事が
ないようにするためにも

エントリーから決済までの値動きを
しっかりと予想できるOCO注文を
活用して、ギャンブルだったFXを
しっかりとした投資にできるように
していきましょう