為替相場の値動きの単位、FXのpipsとは?

ネット上などでFXのトレード結果をみていると

「今日はプラス○○pipsでした」

と言ったようにpipsといった表現で
トレード結果を表しているものを
良く見かけます

なぜ使い慣ている
○○円といった具体的な金額ではなく
わざわざ「pips」のような表現を使って
いるのでしょうか?

ここでは始めはわかりづらいけど
慣れてみると非常に使いやすい
値動きの単位FXのpipsについて
ご紹介します

FXって何と言う人はこちらから
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

pipsとは

投資にしろギャンブルにしろ
損をしたり得をしたりした場合
5万円負けたや10万円勝った
といったように円で具体的な金額を
表現する人がほとんどでしょう

しかしFXの世界ではトレードの結果を
使い慣れてわかりやすそうに思える円ではなく
pipsといった普段は使わないような単位が
良く使われています

いったいどうしてなのでしょうか?

まず、pipsはpercentage in pointsの略で
パーセンテージつまり1/100ポイント
円で言えば0.01円、1銭を表している
ことになります

これだけをみると、わざわpipsなんて使わずに
銭で表せばいい様に感じてしまうかもしれません

pipsなんていう単位は日常生活で見かける機会は
一切無いでしょう

FXの損益を表す為だけに利益や損失を
pipsで計算するのも面倒に思えてしまいます

5万円損したなら5万円損したといえばいいですし
10万円勝ったなら10万円勝ったといえばいいのです

ただ、FX結果を伝えることを考えると
ここで一つの問題が起こってしまいます

10万円勝ったときの為替変動は
いったいどれくらいだったのでしょうか?

FXの損益は取引している通貨の量に大きく依存しています

ドル円で考えた場合、10万円の含み益が出るには
10万通貨で取引している時は1円の値動きが必要ですが
100万通貨で取引を行っていたとすれば0.1円の値動きで
すんでしまうことになります

発生した含み益の金額は同じだったとしても
必要な為替変動の幅が大きく異なってしまう

ことになるのです

これを踏まえて考えてみましょう

1万円勝ったという人と
10万円勝ったと言う人が居たとすると
金額では単純に10万円勝ったという人が
いいトレードを行っている様に見えます

しかし
1万通貨の取引で1万円勝った人と
100万通貨の取引で10万円勝った
という人だったしてみましょう

1万通貨で1万円勝つためには1円の値動き
100万通貨で10万円勝つためには0.1円の値動き
必要だったことになります

こう考えると利益の金額は少ないですが
1万通貨で1万円勝った人の方が
効率のいいトレードを行っていた
ということがわかります

このケースをpipsで表したとすると
100pipsのプラスで1万円勝ったや
10pipsのプラスで10万円勝った
と言うことになりどちらが効率の
よいトレードを行っていたのか
と言うことが一目でわかる
ように
なるのです。

単純な損益の大小だけでは
どの程度効率がいいトレードなのかを
判断することはできない
ので

効率のいいトレード方を探すためにも
pipsの表現にはなれておきましょう

FXの取引は円建てだけではない

実際にプラスした金額ではなく
値動きの値幅で取引結果を表現することで
トレード効率の良さがわかりやすくなりますが

それでもまだpipsでは無く何銭といった
値幅で表現すればいいのではと思う人も
いるかもしれません

しかしFXで取引されている通貨は様々で
必ずしも通貨ペアに円が含まれているとは
限りません

ユーロ円やポンド円などのクロス円の通貨ペアではなく
ユーロドルやポンドドルなどのドルストレートで
取引を行っている人もたくさん居るのです

しかもFXのトレードは世界中で行われています

海外のトレーダーに目を向ければ
円建てで取引を行っているのは
多数派とはいえないでしょう

こう考えるとpipsの便利さが見えてきます

為替相場の値動きの表現方法に
一定のルールを決めておくことで

取引している通貨ペアに関わらず
どのくらいの効率でトレードを行ったのか
と言うことが一目でわかることになるのです

確かに使い慣れた円や
比較的日本人に馴染み深いドル
で表現すれば損益は想像しやすいかもしません

しかし、
ユーロやポンド、フランやリラなど
FXで取引されている通貨の種類は様々で

マイナーな通貨になればなるほど
個別の通貨単位での損益のイメージが
しにくくなってしまいます

共通した値動きの単位であるpipsを
使うことによってなじみの無い通貨でも
取引に対する損益の効率を
一目で理解することができる
のです

結果としてpipsを使ったほうが
個別の通貨の単位を使うよりも
簡単に取引結果を理解することが
できるようになることになります

pipsの計算方法

pipsの計算方法はそれほど難しい物ではありません

一度覚えてしまえば
様々な通貨ペアで使うことができるので
pipsの計算方法は覚えておくようにしましょう

クロス円の通貨ペアでの1pipsは
基本的に100分の1円を表しています

通貨ペアに円が含まれていれば
基本的に0.01円つまり1銭が
1pips
と言うことになります

対してドルストレートの通貨ペアでは
1pipsは0.0001ドルとなっています

ドルストレートの通貨ペアでの取引では
pipsの基準となる通貨の桁が変わってしまいます

100分の一ではなく1万分に一ドルで計算されるので
注意しておきましょう

実際の取引では
1pipsの為替変動が起これば、
1万通貨の取引では100円、
10万通貨の取引なら1000円、
100万通貨の取引なら1万円分の
損益が発生することになります

通貨の取引量が増えれば増えるほど
損益に大きな影響を与えることになるので

資金とレバレッジのバランスに
十分注意して取引を行いましょう

円とドルのpipsの違い

pipsを円で表現する場合
0.01円つまり1銭です。

しかしドルでpipsを表すと
0.0001ドルとなってしまいます

なぜドルでは100分の位置ではなく
1万分の一になってしまっているのでしょうか?

実はドルでpipsを計算するときに
基準にとなっているのは1ドルではなく
100分の1ドルである1セントが使われている
のです

ドルではなくセントを基準としてpipsを計算を行い
1pipsは0.01セントとなるので、ドルで表記すると
0.0001ドルとなってしまうのです

取引ツールではセントではなくドルを基準に
小数点を振ってあるので、円とのpipsの違いは
覚えておきましょう

pipsの計算例

実際にpipsを計算して確認してみましょう

ドル円が100円のときに
買いのポジションを持った場合で考えます

その後予定通り為替レートが上昇して
100.50円になったとすると

100.50-100=0.50

となり50銭
つまり50pipsと計算することができます

逆に予想が外れて為替レートが下降して
99.50に下がってしまったとすれば

99.50-100=-0.50

となってしまい-50銭
-50pipsと計算できることになります

pipsは変動前後の為替レートを比較すれば
簡単に計算することができる
ので、すぐに
覚えることができるでしょう

実際の取引で確認してみよう

初心者でも使いやすい

外為オンライン

外為オンライン
おすすめポイント
  1. 初心者に人気!
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. キャッシュバックあり
  5. 外為オンラインの詳細へ

口座開設数50万突破!
初心者にオススメしたいFX会社

4000円と少額から始められるのが、初心者向けFX会社の外為オンラインです。
元AKB48の大島優子さんがイメージキャラクターを務めています。

1000通貨に対応しているので、通常の10分の1の資金から始められるようになっています。
初心者に支持されているのは資金面ではなく、取引の手軽さからもです。

外為オンラインではなんと、賢く代わって自動取引してくれる「iサイクル注文」を搭載!
日中忙しい方や、始めるタイミングに迷っていた方でもお任せでFXが始められてしまいます。

そんな便利な自動売買も、デモトレードで無料練習が可能。

口座開設費などもないので、お試し感覚から始めることが出来ます。

期間限定で5,000円のキャッシュバックキャンペーン中です!

取引コストがお得

FXブロードネット

FXブロードネット
おすすめポイント
  1. 自動売買が人気
  2. 少額からできる
  3. キャッシュバックあり
  4. FXブロードネットの詳細へ

取引タイミングの悩みから解放してくれるトラッキングトレード

FXブロードネットの最大の特徴は、ユーザーのわがままを実現した賢い自動売買「トラッキングトレード」です。

24時間あなたに代わって、忙しいときや寝ている間も売買を繰り返してくれます。
迷いがちな取引のタイミングをバッチリと掴んで、売買のチャンスを逃がしません。

1000通貨からと少額対応しているほか、使いやすいツールが全て無料なのも嬉しいポイント。

また電話対応から動画セミナーなど、初心者バックアップも万全になっています。

今なら最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中!

損切りラインの決め方

FXの取引では
どんなにチャートの分析を行っても
全ての取引をプラスで終えると言うのは
非常に困難で、ほぼ不可能といってもいいでしょう

どんなトレードのプロでも値動きの予想を
はずすことがあり、必ずどこかのタイミングで
損失を確定して損切りを行うことになります

損切りを行わなければ
いたずらに損失を拡大させてしまい
最悪の場合強制ロスカットなる可能性もあり
そうなれば取り返しのつかない事態と
なってしまうでしょう

取引を始めるときにはまず許容できる
損失の金額を決めておかねばなりません

なぜなら一度含み損が発生してしまうと
冷静な判断を行うことができなくなり
心理的にも損切りを行うことが難しく
なってしまうからです

取引を行っている資金の金額にもよりますが
一般的にFX取引で許容できる損失の範囲は
1-5%程度
できれば一度の取引で発生する損失は
1-2%程度に抑えるのが良いとされています

しかし、いくら資金に対する割合で考えるといっても
投資に使う資金の金額は個人差が大きく
10万円から取引を行う人もいれば
1000万円、1億円で取引を行っている人も
いるでしょう

原則を踏まえた上で投資に当てている金額が
自分にとってどういった金額なのかをしっかりと
考えた上で、許容できる損失の範囲を決める

ようにしましょう

pipsで考える損切りライン

自分の許容できる損失の範囲が決まったら
次は実際に注文の設定を行う必要があります

許容できる損失の範囲で実際に何度か取引を行い
取引の結果を見直しながら取引結果をプラスに
するためにはいったい何が必要なのかを
考えていきまよう

仮に取引の勝率が50%だったとすると
トータルでプラスにするためには

利確するよりも少ない値幅で損切りを
行う必要があることになります

勝っている取引で平均10pipsで
決済できていたとすると

損切りはそれよりも少ない値幅
10pips以下に設定することになります

10回の取引で
5回の取引がプラスが50pipsだったとすれば
残り誤解の取引でマイナスしてしまったとしても
損切りの設定を10pips以下に設定しておくことで
トータルでプラスになることとなり

このような取引を継続して行うことで
利益を積み重ねて行くことができるように
なります

FXで利益を狙うための基本は
損失を抑えて利益を最大化する
損小利大といった考え方です

自分が行った取引を見直すことで
取引の勝率や損益のバランスを分析して
自分の取引内容がどのようになれば
トータルでプラスになることができるのか

といったことを常に考えながら
損切りの設定を考えて見ましょう

pipsまとめ

普段は聞きなれないpipsといった単位ですが
FXで損益を表現するときに良く使われる単位です

一般的にはなじみの無いpipsですが
いちど覚えてしまえば

慣れしたしんだ円はもちろんのこと
様々な通貨ペアで取引の効率や
損切りや利確の設定など素早く
行うことができるようになります

自分の資金やトレードスタイルに合わせた
設定が行えるようにまずはFXのpipsについて
しっかりと確認しておきましょう