FXをギャンブルにしない、値動きが激しいポンド取引のポイント

FXをギャンブルにしない、値動きが激しい英ポンド

FXの取引では様々な種類の通貨の
売買を行うことができますが、

値動きが激しいことで有名なのが
イギリスのポンドです。

初心者に勧めらることは少ないのですが
ポンドを含む通貨ペアはその値動きの激しさから
日本のトレーダーには非常に人気の通貨があります

しかし値動きが激しいからといって
ただそれだけの理由で取引を行うのでは
FXがギャンブルとなってしまいます

FXの取引はギャンブルではありません

ポンドとなると値動きの激しさだけに
とらわれてしまいがちですが

その他の通貨と同じように
様々な要因の影響を受けながら
為替の値動きが起こっています

ここでは激しい値動きから日本で人気の通貨
イギリスのポンドについて取引のポイントや
注意点などをご紹介します

また↓はウィキペディアでの英ポンド解説です。
ポンド:Wikipedia

ポンドという名称は質量の単位にもあるが、通貨のポンドは、かつて1トロイポンドの高純度の銀を通貨の単位として使用していたことに由来する。

FXって何と言う人はこちらから
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

値動きが荒くなりやすいポンド

値動きが荒くなりやすいポンド

イギリスのポンドは短時間のうちに
大きな値動きが起こることも珍しくなく

その値動きの荒さから「殺人通貨」や
「悪魔の通貨」等と呼ばれることがあるほどの
ハイリスク、ハイリターンな通貨です

値動きの幅であるボラティリティーが非常に高く
短時間で大きな利益を狙える可能性があることから
日本でも人気のある通貨ですが

なぜそんなにも値動きが荒くなってしまうのでしょうか?

なぜ値動きが荒くなってしまうのか?

アメリカのドルが世界的に決済通貨として使われる前までは、
イギリスのポンドが国際的な決済通貨として使われており

現在でもドルやユーロ、円についで
世界で四番目に取引量が多いポンドの取引は
日本のトレーダーの間でも人気がある通貨です

しかし、ドルやユーロ、円と比べると
通貨の流通量が少なく、値動きが荒く
なりやすい
要因の一つとなっています

さらに値動きが荒くなりやすいと
多くの人が考えたことで

荒い値動きを狙った
投機的な通貨の売買が
さらに増える
こととなり

いっそう荒い値動きが起こりやすい
状況となっているのです

ポンドの値動きが荒いのは
元々値動きが荒くなりやすかったところに
荒い値動きを狙った売買が集中することで
さらに値動きが荒くなってしまった
結果と
言えるでしょう

日本で人気のポンド円

ポンドは日本トレーダーにも
非常に人気の通貨ですが

日本人のトレーダーは
通貨ペアに円を含んでいるものを
選んで取引を行うことが多いので

通貨ペアで考えると
世界的に取引量の多いポンドドルではなく
ポンド円の取引が良く行われています

しかし、ポンドドルような
ドルストレートの通貨ペアと比べると

ポンド円のようなクロス円の通貨ペアは
値動きが大きくなりやすくなっています

ただでさえ値動きが大きいポンドですが、
ポンド円の取引ではいっそう値動きが激しく
なってしまう可能があるので注意が必要です

ポンド円とポンドドルの違いをしっかりと確認して
自分が取引を行う通貨ペアを選ぶようにしましょう

クロス円の通貨ペアとは

世界の決済通貨である
ドルを含まない通貨ペア

たとえば、ポンド円などの
通貨ペアの取引を行う場合

円をドルに交換してから
ドルをポンドに交換する

といったように

一度、間にドルを挟んで
通貨の売買が行われています

一見するとポンドと円を
直接取引しているように見えますが

実際にはポンドドルとドル円で
二段階の取引が行われることになり

当然値動きも二つの通貨ペアの
値動きを組み合わせた物
となっていまい

結果としてポンドドルとドル円
二つの通貨ペアの値動きを組み合わせた
値動きが起こることになります

このような
見た目上にドルを含まない
通貨ペアはクロス通貨と呼ばれ

ドルを含んだドルストレートの通貨ペアと比べると

二段階の取引が行われている分
値動きが大きくなってしまうのです

クロス通貨では二つの通貨ペアが
組み合わさっている関係上

値動きの複雑になってしまい
予想しにくくなっている上に
取引コストも大きくなってしまう
ので

ただ円が含まれているからといって
クロス円の通貨ペアを選ぶというのは
やめておいたほうがいいでしょう

特別な理由が無ければ
ドルストレートの通貨ペアで
取引になれておきましょう

ポンドの値動きに影響を与えるのは

ポンドの値動きに影響を与えるのは

ポンドの値動きが荒く
投機の対象になりやすいといっても

他の通貨の為替相場と同じように
経済の状況や金融政策、政治の情勢などが
相場の値動きに大きな影響を与えることに
なります

取引を行う前にポンドの値動きに
影響を与えやすい要因を確認しておきましょう

金融政策

まず相場に大きな影響を与える可能性があるのは
中央銀行の金融政策でしょう

イギリスの中央銀行にあたる
BOE(Bank of England)の金融政策は
ポンドの相場に大きな影響があり

年8回開かれる金融政策委員会の発表は
大きな注目を集めています

政策金利や量的緩和、議事録や声明などが発表され、
発表される内容によってはポンドの値動きに
大きな影響を与えることになります

発表前後には大きな値動きが
起こる可能性があるので

金融政策委員会の発表スケジュールは
取引前に必ず確認しておきましょう

政治情勢

もちろんイギリスの政治情勢も
ポンドの値動きに影響を与える
可能性があります

近年ではEU離脱をかけた国民投票が行われた際に
残留確実とみられていた選挙結果が
予想を裏切りEU離脱が確実となってしまい
ポンド円が一時20円以上も変動してしまう
事態となりました

大きな選挙などが行われ
予想と異なる結果が出てしまった場合
為替相場に非常に大きな影響を与える

ことになってしまうので

注目を集めている選挙のスケジュール等は
必ず確認しておきましょう

原油相場

イギリスには油田が多く存在し
原油価格が景気に影響を与えることがあります

原油の上昇に合わせてポンドが買われるなど
原油相場と為替相場が連動する場合があるので

為替レートと合わせて原油の相場も
チェックするようにするといいでしょう

地政学的な影響

イギリスは近隣のアイルランドと
貿易などのほかにも経済支援を行うなど
地理的・歴史的に深い関係があり

アイルランドとの国際関係や
アイルランドの経済情勢などが
ポンドの相場に影響を与える
場合があります

他にもEU離脱に連動した
スコットランド独立の動きなど
相場に影響を与える要因が考えられるので

イギリス国内や近隣諸国の情勢も
注意しておいたほうがいいでしょう

経済指標

経済指標の発表も
相場に影響を与える可能性があるので
重要な物はチェックしておきましょう

GDPや年八回発表される
BOEの金融政策発表のほかにも

毎月上旬に発表される
四半期インフレレポート

毎月中旬に発表される
CPIや失業率・失業保険申請件数、
小売売上高

毎月下旬に発表される
CIPS製造業PMI

など定期的に発表される物が存在しています

FX会社のウェブサイトなどには
指標の発表スケジュールや
重要度を一覧にまとめたページが
用意されているので取引前に
確認しておいたほうが良いでしょう

ポンド取引のポイント

ポンド取引のポイント

ポンドはボラティリティーが高く
値動きが激しくなりやすい通貨です

大きな利益を狙える可能性がある反面
損失が拡大してしまうリスクもあるので

取引する際のポイントをおさえておきましょう

初心者向きではない

値動きが荒くなりやすいポンドは
そのボラティリティーの高さを考慮して
自分の資金に合わせた通貨の取引量や
レバレッジをコントロールして取引を
行う必要があります

また投機的な取引の割合も多く
他の通貨とは違った値動きの傾向が
見られることもあり値動きの予想が
立てにくいといった場合が考えられます

FXを始めたばかりで取引に慣れていない
と言う人は値動きの予想を立てづらい
ポンドではなく他のもっと値動きの緩やかな
通貨ペアで取引に慣れる
ようにしておきましょう

ポンド円よりポンドドル

日本では円を含んだ通貨ペアの取引の人気があり
ポンドの取引ではポンド円が最も取引されています

しかしポンド円を始めとしたクロス円の通過ペアは
ドルストレートの通貨ペアに比べると
値動きの予想が立てにくくなってしまいます

世界的にみればポンドドルと比べて
ポンド円の取引量は少なくなっており

取引量の多い通貨ペアのほうが
値動きの予想精度が高くなることが
多いので、特にこだわりが無い場合は

値動きの予想が難しいポンド円ではなく
値動きの予想が立てやすいポンドドルで
取引を行う
ようにしたほうがいいでしょう

短期の取引に向いている

FXでポンドの取引を行う場合
そのボラティリティーの高さから

デイトレードやスキャルピングといった
短期間の取引でも十分な利益を狙うことが
可能
となっています

値動きが激しい分、
損益が発生するスピードも速いため
短時間の取引に非常に向いた通貨だと
言えるでしょう

しかしいくら値動きが激しいポンドといっても
日本の日中ではロンドンを始めとしたヨーロッパの
為替市場では取引が行われておらず

ポンドやユーロなどの取引量が
大きく減少してしまっています

ポンドの取引を行う場合は
ロンドンの為替市場が開き始める前後
16時から17時以降に取引を行うように
しましょう

夕方から深夜にかけては
ロンドンやニューヨークの為替市場で
取引が行われている一日でも
最も為替相場が活発になる
時間帯でもあります

ポンドの取引では仕事が終わった
夕方からが、ちょうどチャンスの
時間帯
となっているます

FXの取引を行うときは
通貨の取引量が多い時間帯を選んで
取引を行うようにするといいでしょう

必ず損切りを設定しておく

FXでポンドの取引を行った場合
値動きが激しくなりやすいため
すぐに含み益や含み損が発生
することになります

含み益が発生している場合、
問題になることは少ないのですが

値動きの予想が外れてしまい
含み損が発生してしまった場合

激しい値動きによって一気に
含み損が拡大してしまう可能性が
あります

大きな損失を抱えてしまうことがないように
ポジションを持ったら必ず損切りの注文を
設定
しておきましょう

指標を跨いだ取引は控える

ただでさえ値動きが大きいポンドの取引ですが

重要な経済指標の発表や大きな選挙など
特に激しい値動きが予想されるイベントを
跨いで、ポジションを保持しておくのは
控えたほうがいいかもしれません

選挙や発表で予想を裏切る結果が出てしまった場合
非常に激しい値動きが起こってしまい

予想以上の損失が発生してしまう可能性もあります

予め大きな値動きが予想されるタイミングでは
ポジションを整理したり、取引量を通常よりも
少なくしておくなど、取引の内容をしっかりと
コントロールして急激な為替変動に備えておくと
良いでしょう

ポンド取引のまとめ

値動きが激しくなりやすいポンドの取引は
短時間で大きな利益を狙える可能性がある
日本でも人気の通貨です

しかし、一歩間違えると大きな損失を
抱えてしまう可能性がある通貨でもあります

ポンドの取引を行う場合は
資金や値動きの激しさを考慮したうえで
通貨の取引量やレバレッジを設定する
必要があるので、他の通貨の取引で
ある程度FXに慣れてから取引を
始めたほうがいいでしょう

ポンドと言うと値動きの激しさに
目を奪われてしまいますが

値動きだけにとらわれて取引を行ってしまうと
ギャンブル的な売買を行うことになってしまい
かねません

ポンドが他の通貨より値動きが激しいといっても
FXの取引であることに変わりはありません

しっかりとチャートの分析を行い
値動きに影響を与える可能性がある
隻語とをチェックしながら今後の
値動きを予想して取引を行うように
心がけましょう

こんな記事も読まれています

 

 

マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX

FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

 

 

 

 

運営者
運営者:小林 徹
株式会社モフピュアにて超入門FXブログを担当しています。
初心者の頃はチャート見ただけで面倒さから拒否感が出てましたが。その経験を生かした楽しく分かりやすい解説を心がけています。
正しい知識を身に着け、FXが初めての人でも安心安全に取引ができる一助になれれば幸いです。
運営者情報

当サイトで紹介してますFX会社は全て金融庁に登録されている業者です。しっかりと金融庁により監督されていますので安心してご利用いただけます。
金融庁に登録されている業者一覧ページ

FX会社一覧

外為オンライン

外為オンライン
おすすめポイント
  1. 初心者に人気!
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. キャッシュバックあり
  5. 外為オンラインの詳細へ

口座開設数50万突破!
初心者にオススメしたいFX会社

4000円と少額から始められるのが、初心者向けFX会社の外為オンラインです。
元AKB48の大島優子さんがイメージキャラクターを務めています。

1000通貨に対応しているので、通常の10分の1の資金から始められるようになっています。
初心者に支持されているのは資金面ではなく、取引の手軽さからもです。

外為オンラインではなんと、賢く代わって自動取引してくれる「iサイクル注文」を搭載!
日中忙しい方や、始めるタイミングに迷っていた方でもお任せでFXが始められてしまいます。

そんな便利な自動売買も、デモトレードで無料練習が可能。

口座開設費などもないので、お試し感覚から始めることが出来ます。

期間限定で5,000円のキャッシュバックキャンペーン中です!

FXブロードネット

FXブロードネット
おすすめポイント
  1. 自動売買が人気
  2. 少額からできる
  3. キャッシュバックあり
  4. FXブロードネットの詳細へ

取引タイミングの悩みから解放してくれるトラッキングトレード

FXブロードネットの最大の特徴は、ユーザーのわがままを実現した賢い自動売買「トラッキングトレード」です。

24時間あなたに代わって、忙しいときや寝ている間も売買を繰り返してくれます。
迷いがちな取引のタイミングをバッチリと掴んで、売買のチャンスを逃がしません。

1000通貨からと少額対応しているほか、使いやすいツールが全て無料なのも嬉しいポイント。

また電話対応から動画セミナーなど、初心者バックアップも万全になっています。

今なら最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中!

インヴァスト証券 シストレ24

インヴァスト証券 シストレ24
おすすめポイント
  1. 初心者に人気
  2. 自動売買が使いやすい
  3. 少額からできる
  4. インヴァスト証券 シストレ24の詳細はこちら

直感的でシステムトレードといえばここ

インヴァスト証券 シストレ24は、
初心者でもすぐに理解できる直感的で分かりやすいものです。

システムトレード(シストレ)は、プロが作った賢い自動売買のシステムのことです。
アイコン表示や収益率の表示で、FXに詳しくなくてもボタンを押すだけで設定が出来てしまいます。

シンプルであるにも関わらず、高性能なプログラムを備えているのがインヴァスト証券です。

実際に使ってみた感覚や、
システムの成績が知りたい方は、デモ口座での無料お試しが可能です。

トライオートFX

トライオートFX
おすすめポイント
  1. 自動売買が使いやすい
  2. 少額からできる
  3. 取引コストが安い
  4. トライオートFXの詳細はこちら

自動売買にこだわりたい人向けのトライオートFX

トライオートFXは、シストレ24でおなじみのインヴァスト証券が提供するもう一つの自動売買ツールです。

シストレ24より、更に詳細な注文設定が行えるのがトライオートFXで、
自動売買をもっと自分好みにカスタマイズできます。

操作性はシストレ24同様、シンプルで使いやすい取引画面が特徴で、
取引ツールはスマホにも対応しています。

トライオートFXは1000通貨対応で最低4000円ほどからスタートできるので、
少額から自動売買を始めたい初心者にもおすすめです。

FXトレード・フィナンシャル

FXトレード・フィナンシャル
おすすめポイント
  1. MT4が使える
  2. 自動売買ができる
  3. 少額からできる
  4. FXトレード・フィナンシャルの詳細はこちら

世界で人気のMT4(メタトレーダー4)が扱える国内業者

MT4は海外で人気を集める取引ツールのひとつです。
チャートが非常に便利な上に高性能であり、更にはシステムトレードも行えるツールとなっています。

国内業者では提供が限られますが、それを可能にしているのがFXトレード・フィナンシャル。
小島瑠璃子さんがイメージキャラクターを務め、仮想通貨事業でも有名になっています。

一見難しく感じられがちなMT4ですが、日本人向けにカスタマイズされているのがポイント。

1000通貨対応やデモトレードの提供で無料練習が可能なこと、
スマートフォン対応を行っていることからも、初心者が始めやすい気遣いが伺えます。

FXプライム byGMO

FXプライム byGMO
おすすめポイント
  1. 初心者に人気
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. FXプライム byGMOの詳細はこちら

口座開設者の半数以上が初心者と初めての人に選ばれるFX会社

FX初心者に愛用されているのがFXプライム byGMOです。

1000通貨から少額取引が可能!
初期費用を少なく済ませたい方でも安心して始めることが出来ます。

プロの世界でも活用されているチャート分析が使える「ぱっと見テクニカル」は、
ワンクリックで使用可能で大変便利になっています。

また、マーケット情報の発信も活発です。
中には情報口座として、この口座を持つトレーダーもいるほど!

講師にチャットで質問出来るオンラインセミナーが人気を集めています。