狙ったレートで自動で取引!FXの指値注文とは

FXを始めたばかりだと取引が楽しくて
時間さえあればチャートに張り付いて
ついついトレードを行ってしまう
と言う人も多いのではないでしょうか?

チャートに張り付きながら取引を行えば
素早く売買ポイントを察知できるので
利益を狙えるチャンスも多くなります

しかし日中は仕事でトレードは夜から
と言う人にとってはトレードに夢中になって
FXに熱中するあまりついつい寝不足に・・・

なんて事になってしまいますよね

毎晩、チャートに張り付いたトレードを続けるのは
体力的にも厳しく体が持ちません

しかし、
トレードをしていなかったときに限って
予想通りの値動きが起こってしまうと
無理してでもトレードしておけばと
後悔することになってしまいます

特に日本で夜に当たる時間は
ニューヨーク市場で取引が行われている
一日でも大きな値動きが起こりやすく

大きな利益を狙える可能性がある
チャンスの時間帯でもあります

チャンスの時間帯に取引しておきたけど
チャートに張り付いた取引は体力的に厳しい

と言うのは日中に仕事を抱えている
FXトレーダーにとっては共通の悩み
といえるのではないでしょうか

そんなときにオススメなのが指値注文です

指値注文はチャートを見ながら行う
成り行き注文とは違って

予め設定しておくだけで
チャートを開いていない状態でも
取引を行うことができてしまうのです

ここではチャートに張り付かなくても
トレードすることがができる注文方法、
FXの指値注文についてご紹介します

FXって何と言う人はこちらから
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

FXの指値注文

FXでは24時間取引を行うことができ
為替レートも常に変動しているので
利益を狙えるチャンスは常に存在しています

しかし、いくらいつでもチャンスがあるといっても
24時間チャートに張り付いてトレードを行う
と言うのは現実的ではありません

FXの取引ではチャートに張り付いていなくても
取引を行えるように様々な注文方法が用意されており
その中で最も基本的な注文方法が指値注文です

指値注文とは

指値注文は注文を設定するときに
自分が取引を行いたい通貨ペアの
売買したい為替レートを指定しておくことで

指定した為替レートになったときに
自動で取引を行ってくれる注文方法
です

指値注文を使えば
予め自分が売買を行いたい
為替レートを指定しておけるので

自分がチャートに張り付いて
為替レートを確認していなくても
取引したい為替レートに近い価格で
通貨の売買を行うことができる
様になります

たとえばドル円の取引を行う場合
現在、1ドル100円だったとして
101円になったらドルを売りたいと
考えたとしましょう

この場合では、101円で売りの指値注文を
出すことになります

その後為替レートが変動し101円になれば
設定した指値注文が発動して、注文が成立
通常であれば101円に限りなく近いレートで
取引が行われることになります

逆に1ドル99円で買いたいと考えた場合では
99円で買いの指値注文を出すことになりますが

この場合でも為替レートが99円になれば
設定した指値注文がが発動することとなり
99円に限りなく近い値で取引が行われる
ことになります

このように指値注文では
現在より高い為替レートで通貨を売りたい場合や
現在より安い為替レートで通貨を買いたい場合に

予め為替レートを指定しておけば
チャートに張り付いていなくても
自動で取引を行ってくれるので
利益を確定する際に利用されることが多い
注文方法となっています

指値注文の活用法とは

指値注文は具体的にどういった状況で
使われるているのでしょうか?

ドル円の為替相場がレンジ相場を形成しており
1ドル100円と101円の間を行ったり来たりしている
状況だった場合で考えて見ましょう

レンジ相場では為替レートが一定の値幅の範囲内で
上昇と下降を繰り返す可能性が高く

この例では
100円が支持線(サポートライン)に
101円が抵抗線(レジスタンスライン)に
なっていることが考えられます

支持線や抵抗線とは為替レートの反発が起こりやすい
ポイントに引かれるラインのことで
おおくの人の注目を集め注文が集まりやすい
と考えられるラインになります

このとき
為替レートが100円に近づいてきたとすると
100円でのレート反発を期待して
100円になったら買うという指値注文を
出す
ことになります

その後為替レートが進行して
1ドル100円になった段階で指値注文が発動
指定した100円で注文が成立しポジションを
持つことができました

予想通りに100円で為替レートの反発が
起こって円安に
進めば順調に含み益が出てきたとすると

次ぎに考えなければならないのが
利益確定のタイミングです

現在のレンジ相場では101円に抵抗線があり
反発するのではと考えて101円になったら売る
と言う指値注文をだしました

その後予想の通りに為替レートが進行すれば
101円に到達すれば無事利益確定となり
今回の取引は終了となります

このように指値注文では値動きを予想して
取引したいと思った為替レートを指定することで
チャートを見続けていなくても自分が取引したい
ポイントで通貨の売買を行うことができる

注文方法なのです。

便利なFXの注文方法

成行き注文と指値注文の違い

FXで最も使いやすい注文方法は
成行注文でしょう

成行注文はチャートをチェックしていて
「今このレートで買いたい」という時や
「今このレートで売りたい」といったときに
現在見ているレートに近い為替レートで
取引を行える注文方法
です

指値注文のように為替レートを指定する必要は無く
買いか売り自分がポジションを持ちたいほうを
指定するだけ
で注文を行うことができます

対して指値注文では自分が買いたいレートや
売りたいレートを指定することで注文を行います

指値注文ではレートを指定する
つまり文字通り値を指して注文する
ことになります

現在確認しているレートで
取引を行いたい場合は指値注文

逆に今の為替レートとは別に
取引したいレートがある場合は
指値注文

自分がどのように取引を行いたいのかを
しっかりと考えて注文方法を
使い分けるようにしましょう

指値注文とは真逆の注文、逆指値注文とは

指値注文では取引したい為替レートの指定を行い
為替レートが今より上がったときに売りたい
為替レートが今より下がったときに買いたい
と言うときに使える注文方法でした

FXにはそれとは真逆の注文方法
逆指値注文と言うものが存在しています

逆指値注文では指値注文とは逆に
為替レートが今より下がったら売る
為替レートが今より上がったら買う
といった使い方をする注文方法となります

一見すると安くなったときに売って
高くなったときに買うような不利な注文を
出すことになるので、使いみちがあるのか
と感じてしまうかもしれませんが
逆指値注文にも様々なメリットが
存在しています

まず逆指値注文を使うことで
トレンドに沿った注文を
行うことができる様になります

相場の値動きでは上昇や下降が始まると
しばらくその方向に向かって値動きが
続くといった傾向が見られます。

この一度上昇や下降が始まると
同じ方向への値動きが続きやすい

という特性をうまく利用できるのが
逆指値注文です

上昇トレンドが発生しそうなときに
今の為替レートより高くなったら買い

逆に下降トレンドが発生しそうな時に
今の為替レートより安くなったら売る

という逆指値注文を出しておくことで

上昇トレンドになると判断できるポイントまで
上がった段階での買い注文

下降トレンドが発生したと判断できるポイントまで
下がった段階での売り注文

設定しておくことができる様になります

逆指値注文を使うことで
トレンドが発生したと判断できる
段階までレートが進行してから
売買を行う注文を出せることになり
トレードの安定性を増すことが
できるようになります

他に逆指値注文には
損失を予め限定するといった
使い方をすることができます

相場の値動きは複雑で
どんなにチャートを分析したとしても
完全に予測しきることは困難です

取引を始めたとしても
思惑通りの値動きが
起こってくれない場合も
珍しいことではありません

しかし自分の思惑と違った値動きが起こった場合
利益を確定するために設定した指値注文だけでは
自動でポジションを決済することができません

一見、高く買って安く売ることになる逆指値注文は
万が一損失が発生した場合に損失を限定できる

注文方法として機能することになります

たとえば1ドルが100円の場合で考えて見ましょう

為替レートが上昇すると予想して
100円で買いのポジションを持ち
101円に指値注文を出していたとします

しかし思惑に反して
どんどん為替レートがさがってしまい
1ドルが98円になってしまいました

この状況ではいくら指値注文を入れていても
注文が発動することは無く

チャートをチェックできていれば
どこかで損切りを行い決済できるかもしれませんが

チャートをチェックできない状況だったとすると
どんどん損失が増えていってしまう
こととなります

このような状況のときに
予め逆指値注文を出しておけば
損失を限定することができるのです

たとえば為替レートは思惑とは逆に
98円まで下降してしまいましたが
99円に逆指値注文を入れておいたとすれば

為替レートは98円まで進行してしまいましたが
99円の段階で逆指値注文による決済が行われる
ことになるので、損失を半分に抑えることが
できた
事になります

このように一見不利なレートで注文を出している
逆指値注文でも使い方によっては非常に有効

注文方法となることがあるのです

逆指値注文はリスクを抑えるために非常に重要な
注文方法なので有効に活用して損失を抑え
うまくトレードに役立てるようにしましょう

指値注文の注意点

チャートを見続けていなくても取引を行うことができる
指値注文ですが便利なだけではありません

指値注文ならではの注意点も存在しているので
注文を使いこなすためにも必ずチェックしておきましょう

注文が成立するのは指定したレートになったとき

指値注文では注文を出すときに
予め為替レートを指定することになります

実際に注文が成立するのは
為替レートが指定した値になったとき

指定した為替レートに到達するまでは
注文が成立することはありません

そのため自分の予想通りにレートが進行しなければ
いつまでも注文が成立しない
といったことが
起こってしまう可能性があります

また注文には有効期限が設定されている場合もあり
注文を出しておいたつもりがいつの間にか有効期限切れ
注文自体が消滅してしまったり

逆に有効期限が設定されておらず
注文を出しておいたことをすっかり
忘れてしまった頃に注文が成立してしまう
といったケースも考えられます

有効期限は本日中、今週中、今月中、無期限など
FX会社や取引ツールの設定によって異なります

注文を出したら成立を待つだけ
と考えていたのに想定外に事態に
なってしまわないように

自分が出した注文がいつまで有効なのか
は必ず確認
しておいた方がいいでしょう

注文が約定しなかった場合は注文を見直そう

指値注文では指定した為替レートにならなければ
取引が約定することはありません

いつまでたっても注文が成立しないようなときは
チャートの分析をやり直してみましょう

自分が注文を出してからの為替レートの変化を
チェックすることで、実際にはどの程度の
値動きが起こっていたのかや何度も反発が
起こってるようなラインが無いか等を確認して
値動きの予想をやり直してみましょう

レンジの予想が外れていたり
支持線や抵抗線の設定がずれていたり
など予想が間違っていた可能性もあります

自分の予想と実際のチャートとのズレを確認しながら
なんども予想の修正を繰り返すことで
指値注文を入れるべきポイントが
見えるようになってきます

予想と違う値動きが起こってもめげずに
チャートの分析を繰り返してみましょう

指値注文のまとめ

FXを始めたばかりだと
その場で注文を出すことができる成行注文が
使いやすく感じてしまうかもしてません

しかし成行注文だけで取引したい
タイミングに注文を出すためには
24時間チャートをチェックし続け
無ければならず現実的には不可能です

自分が取引したいレートで注文を成立させるためにも
成行注文だけでなく指値注文を併用して効率よく
トレードを行うようにしましょう