初心者でもおさえておきたい経済指標のポイントとは

「経済指標」聞いたことはあるけど

多すぎてどれに注目すればいいかわからない
数値をみてどうやって予想すればいいの

などFXを始めたばかりだとどうやって
値動きの判断の材料にすればいいのか
わからないという人が多いと思います。

ココでは経済指標の基本的な見方や
特に重要な指標などを紹介したいと思います。

FXって何と言う人は
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

経済指標とは

FXで取引を行っていると
話題に上がることが多い経済指標ですが
具体的にはどういった物なのでしょうか?

経済指標は各国の公的機関が発表している
その国の経済の状況を把握できる情報を数値化したものです。

過去に発表された数値と
現在の数値を比較することで

その国の経済状況の変化を
客観的に把握することが出来ます。

経済指標は重要なのか?

FXでは経済指標を重視している人と
ほとんど気にせずに取引している人がいます。

その違いは何なのでしょうか?

相場に影響を与える指標は数えるほど

FX会社で掲載されている
経済指標の発表スケジュールを確認してみると

毎日いくつもの経済指標が
発表されていることに驚いてしまいます。

しかし、
即座に相場に影響を与える指標は
数えるほどで

チャートをみていても
発表があったことを知らなければ
気付かないことがほとんどです

デイトレードやスキャルピングなど
短期的な取引をメインに行っている場合

短期の取引ではすぐに通貨を売買してしまうので
経済指標が影響を与える前に取引が終了してしまいます

短期の取引では経済指標よりも
現在の値動きを重視したテクニカル分析の方が
重要になります。

重要な経済指標の発表は値動きに大きな影響を与えます。
短期の取引でも重要な指標の発表には注意しておきましょう

長期の取引では経済指標も重要

経済指標はその国の経済の状況を
数値で表しています

国の経済的な状況が
いきなり大きく変化することは少ないので

この後
景気が良くなるのか、悪くなるのか

政策金利は上がりそうなのか
それとも下がりそうなのか

現在と過去の数値を比較、分析することで
その国の経済の状況がどのような方向に
向かっていくのかを予想
することができます。

特に政策金利はスワップポイントにも
大きな影響
を与えてしまいます。

長期の取引を行う上で
経済指標は非常に重要な要素といえるでしょう。

経済指標の見方

経済指標は単純に前回の発表と比較するだけでは
役にたたない場合があります

まず経済指標をどういう見方をすればいいのかを
確認しておきましょう

予想との違いが重要

経済指標は公的機関が発表を行う前に
プロが予想した数値が発表されています。

ほとんどの指標では
プロの予想を元にすでに
為替変動が起こっており

相場に織り込み済みとなっています。

なので前回の発表から数値がよくなったり
逆に前回より数値が悪くなったりしていても
プロの予想に近い数値なら相場にほとんど影響がない

といった事が起こってしまうのです。

相場が動くのは予想が外れたとき

相場が大きく動くのは
プロの予想値と実際の発表値が
大きく異なった場合
です。

プロの予想が外れるということは
プロでも分析できない要素や
知らない情報があったということになります

情報が不足していれば
正しい分析を行うことはできません

指標の数値を予想して利益を狙って
大口に取引を行ってい機関投資家等も
予想をはずしてしまったことになります

プロにも予想外のことが起こったと考えると
あわててポジションを解消したり
急いで逆のポジションを建てたり
している様子が想像できると思います。

こうした動きが世界中で起こってしまうので
経済指標では予想が外れた場合に大きな値動きが
起こることになるのです。

重要なのは注目されている指標

経済指標には多くの人に注目されている物と
ほとんどの人が全く重視していない物があります。

注目されていない指標を判断材料にして
分析を行っても大きな効果は見込めません

重要な指標はFX会社などの指標一覧で
★マークで重要度が表されているが多いので

取引を行うときは重要な指標発表がないか
確認
しておきましょう

経済情報が充実したFX会社

無料経済ニュースが充実している

外為オンライン

外為オンライン
おすすめポイント
  1. 初心者に人気!
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. キャッシュバックあり
  5. 外為オンラインの詳細へ

口座開設数50万突破!
初心者にオススメしたいFX会社

4000円と少額から始められるのが、初心者向けFX会社の外為オンラインです。
元AKB48の大島優子さんがイメージキャラクターを務めています。

1000通貨に対応しているので、通常の10分の1の資金から始められるようになっています。
初心者に支持されているのは資金面ではなく、取引の手軽さからもです。

外為オンラインではなんと、賢く代わって自動取引してくれる「iサイクル注文」を搭載!
日中忙しい方や、始めるタイミングに迷っていた方でもお任せでFXが始められてしまいます。

そんな便利な自動売買も、デモトレードで無料練習が可能。

口座開設費などもないので、お試し感覚から始めることが出来ます。

期間限定で5,000円のキャッシュバックキャンペーン中です!

アプリで手軽にニュースをチェックできるFX会社

FXブロードネット

FXブロードネット
おすすめポイント
  1. 自動売買が人気
  2. 少額からできる
  3. キャッシュバックあり
  4. FXブロードネットの詳細へ

取引タイミングの悩みから解放してくれるトラッキングトレード

FXブロードネットの最大の特徴は、ユーザーのわがままを実現した賢い自動売買「トラッキングトレード」です。

24時間あなたに代わって、忙しいときや寝ている間も売買を繰り返してくれます。
迷いがちな取引のタイミングをバッチリと掴んで、売買のチャンスを逃がしません。

1000通貨からと少額対応しているほか、使いやすいツールが全て無料なのも嬉しいポイント。

また電話対応から動画セミナーなど、初心者バックアップも万全になっています。

今なら最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中!

特に重要な経済指標

一口に経済指標といっても種類は様々で
相場に与える影響それぞれ違ってきます。

FXを始めたばかりだと
発表の多さに戸惑ってしまいますが、

相場に影響を与えるほど
重要な物は想像以上に少ないので

まずは重要な指標だけでも把握しておきましょう。

アメリカの重要経済指標

アメリカのドルはFXの基本となる通貨で
全ての通貨ペアでドルを経由した取引が
行われています

FXではアメリカの経済指標が
非常に重要
になります。

米雇用統計(非農業部門雇用者数、失業率)

現在、世界中で最も注目されているのが
アメリカの雇用状況の変化を数値化した
米雇用統計です。

雇用統計は複数の項目で構成されていますが
特に重視されているのが非農業部門雇用者数と
失業率
です。

非農業部門雇用者数は
予想が外れることも多く

発表時には毎月のように
大きな値動きが起こるので

特に注意が必要な経済指標の一つです。

FOMCの政策金利発表

FOMCは連邦公開市場委員会の略称で
アメリカの政策金利はこの委員会で決定されています。

年8回、6週間ごとに発表されています。

金利が上がれば通貨が買われ
金利が下がれば通貨が売られてしまうので

金利が注目されているときは特に重要な指標ですが

事前の情報が多く予想を立てやすいので
発表時には織り込み済みになっています。

そのため
事前予想に比べてどうなったのかが
注目するべきポイントとなります。

米GDP成長率

GDPは国内総生産と呼ばれ
その国で作られた物やサービスから
原価を引いた物で、その国で作られた
付加価値の総額を表しています。

速報値、改定値、確報値の三回の発表があり

速報値が最も注目されています。

アメリカのGDPは特に重視されているので
注目しておきましょう。

米小売売上高

GDPの多くは個人の消費で占められています
アメリカでは特に個人の消費の割合が多くなっているので
GDPと合わせて小売売り上げにも注目しておきましょう。

米鉱工業生産

鉱工業生産は企業の景気を計る指標です

生産と消費は基本的に比例する関係に
なっているので企業の生産からも景気の
良し悪しを計ることができます。

米消費者物価指数

最終的な消費者がものやサービスを
買うときの価格の推移を表した指標で

価格変動が大きい
食料品とエネルギー価格を抜いて計算した
コア物価指数が特に重視されます。

インフレ率を計る指標のひとつで
金利が注目されている状況では
重要な指標
の一つとなります。

米消費者信頼感指数

現在の景気を
消費者がどう感じているか
を調査した物です。

消費者が実際にどう感じているかは
その後の消費に直結するため
今後の景気を予想するために
重要視されている指標
です。

実際に消費者にアンケートを行い
現状の景気と、6ヵ月後の景気に対する
消費者の意識を数値化したものが発表されます。

前回の調査と比較して判断の材料にしましょう。

ミシガン大消費者信頼感指数

米消費者信頼感指数より規模が小さいですが
こちらのほうが早く発表されるので、
米消費者信頼感指数を予想するのに
使われる
ことがあります。

こちらも前回の調査と比較して判断の材料にしましょう

日本の重要経済指標

日本ではクロス/円の通貨ペアが
多く取引されているので、

日本の指標ははずせません
重要な物は覚えておきましょう。

日銀金融政策決定会合

日本銀行が政策金利等の金融政策を
決めるために行う会合が
日銀金融政策決定会合です

決定内容の発表は会合後に行うので
発表時間は決められていませんが、
12時前後に発表されることが多いです

近年では事前の予想と異なる結果が
発表されることが増え、度々相場に
影響を与え、注目を集めるようになりました

金融政策に関心が集まっているときは
特に注意
しておきましょう

日銀短観

日銀短観は日本銀行が
一定以上の規模の企業を対象に
雇用状況や業績、設備投資など
企業の景況間を調査した物で
四半期に一度発表されています。

特に景気が良いと答えた企業と
悪いと答えた気魚の割合から算出される
業況判断指数が注目されています。

EUの重要経済指標

ユーロは世界で二番目に
取り引き量が多い通貨です

自分が取引している通貨ペアになくても
重要な物はチェックしておきましょう

欧州中央銀行政策金利発表

欧州中央銀行政策金利発表は欧州中央銀行役員会と
ユーロ導入国の中央銀行総裁達によって
ユーロ圏の政策金利を決定するための会合です

毎月開催されているので
金利が注目されていない場合
相場に与える影響は小さいですが

政策金利などの金融政策が注目されている場合は
大きな値動きを起こす要因になる可能性があります

事前情報が多いので予想が外れることは少ないですが
金利に関心が集まっているときには注意しておきましょう。

ifo景況感指数

ifo景況感指数はドイツの企業に対して
アンケートを行い現在と6ヶ月後の景況感
を調査した物です。

ドイツはユーロで大きな影響力を持っているので
ドイツの企業側から見た景況感はEU全体の経済の
動向を判断する上で非常に重視
されています。

前回の発表と比較して判断の材料にしましょう

ZEW景況感指数

ZEW景況感指数はドイツで
経済アナリストや機関投資家などを対象に
行われるアンケートを元に景況感を調査ものです

ifo景況感指数の少し前に発表されるため
ifo景況感指数の予想に使われることが
多くなっています。

こちらも前回の結果と比較して
判断の材料にしましょう。

取引を行う通貨の国の指標

雇用統計、GDP成長率、政策金利の発表は
どの国でも重要な経済指標です。

他の国の通貨の価格に影響を与えるほどの
指標は少ないですが、自分が取引を行っている
通貨ペアでは、その国の雇用統計、GDP成長率、
政策金利の発表だけでもチェック
するようにしましょう

その国や世界の経済状況によって
注目される経済指標が変化する場合があります。
その時々で重要な指標を把握しておきましましょう。

経済指標の影響

雇用統計

雇用統計はその国の労働者の
雇用状況を表した指標で

各業種の雇用者数や労働時間、
賃金、失業率等をまとめたものです。

雇用が改善されると就業者の消費が上向くので
景気がよくなる
といわれています。

インフレ率

消費者物価指数や生産者物価指数など
ものの価格を表す指標が代表的です。

ものの価値が上がれば通貨の価値が下がるので

インフレとなり利上げを行う可能性が上がり

利上げを行えば通貨が買われることになります。

GDP成長率

GDPはその国で作られた物やサービスから
原価を引いたもので、その国で作られた付加価値
(利益)の総額を表す指標です。

GDPが増えると全体的に企業の利益が増え
企業から個人への報酬が増えることから
景気がよくなるといわれています。

財政支出

FXで重視されている財政支出は
貿易収支です。

その国が
貿易黒字なら外貨が溜まっていき
自国通貨に両替することになり

貿易赤字なら外貨が不足して
自国通貨で外貨を買うことにるので

貿易黒字の国は通貨が買われやすく
貿易赤字の国は通貨が売られやすく

なります。

経済指標の注意点

指標を跨いだ取引には気を付ける

米雇用統計などの
重要な経済指標の発表時には
激しい値動きが起こる場合が多く

資金やレバレッジによっては
ポジションに関わらず

上下の一時的な値動きで
強制ロスカットされてしまう

場合もあります。

ポジションを決済したり取引数を減らすなど
重要な指標前は十分に注意しましょう

経済動向の分析を行うのは困難

プロでも知りえない情報があると
予想をはずしてしまうのが経済指標です

その経済指標の発表から
自分で経済の動向を分析するのは
非常に困難です

全ての指標の発表を把握、理解して
今後の経済動向を予想することができるなら

プロの経済アナリストを目指せることに
なってしまいます

中途半端に自分で分析するくらいなら

細かい分析はプロに任せて
自分は重要な経済指標に絞って
予想
した方がいいでしょう

経済指標まとめ

・経済指標はその国の経済状況を表している

・経済指標は長期の取引で特に重要

・短期の取引でも重要な指標の発表には注意

・数値を見るときは予想値との違いに注目

・相場が大きく動くのは予想値が外れたとき

・注目される指標は経済の状況で変わる可能性がある

・通貨の取引量が多いアメリカ、日本、EUの重要指標をチェック

・取引する通貨ペアの重要指標もチェックしよう

・重要指標前後の取引は特に注意が必要

以上経済指標についてご紹介しました

経済指標は今後の値動きを決める重要な要素の一つですが
たくさんの経済指標から今後の経済動向を予想しきるのは
プロの経済アナリストでも非常に困難です。

最初は無理に完全に予想しようとせずに
重要な発表を抑えて予想外の急な為替変動に
巻き込まれないように気を付けましょう