為替レートを自動で追従!FXのトレール注文とは

FXで取引を行っていると
せっかく含み益が出ていたのに
少し目を離した隙に相場が反転して
気がついたら含み損に転落してた
なんて経験はありませんか

値動きの予想が当たったのに
利確のタイミングを逃すのは
非常に悔しい物です

そんなときに便利なのがトレール注文

トレール注文なら逆指値の注文が
為替レートに追従してくれるので

一定以上の含み益が発生していれば
相場が反転して利確のタイミングを
逃がしてしまったとしても一気に
マイナスまで転落してしまう事は
ありません

含み益がなくなるのが怖くてなかなか利益を伸ばせない
チャートが確認できなくて利確のタイミングを逃してしまう
と言う人はトレール注文を試して見ましょう

FXって何と言う人はこちらから
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

FXのトレール注文

トレール注文は非常に便利な注文方法ですが
取引でうまく活用するためには注文の仕組みを
理解しておく必要があります

まずはトレール注文がどういったものなのか
確認していきましょう

トレール注文とは

トレール注文は逆指値注文のように
現在の為替レートより不利なレートを
設定して行う注文方法

取引を終了する際の決済時に
使われることが多い注文方法です

逆指値注文では
最初に指定した為替レートに
なったときに注文が発動して取引を
行うことになりますが

トレール注文では注文が発動するタイミングが
その後の相場の値動きに応じて変動する

ようになっています

たとえばドル円が1ドル100円のときに
買いのポジションを持っていた場合に
損切り用に99円に逆指値注文を
いれていたとします

通常の逆指値注文の場合では
ドル円が102円まで上がったとしても
その後値動きが反転して99円まで
下がってしまったとすると

一時は2円分の含み益があったにもかかわらず

結果的には99円で決済されてしまうので
一円分の損失が発生して取引が
終了してしまいます

しかし同じ値動きが起こったとしても
通常の逆指値でなくトレール注文で
損切りの注文を行っていたとすると

1ドル100円で99円に設定しておいた注文内容が

ドル102円に上がった段階で
最初に設定した99円から
101円まで自動で引き上げられる

ことになり

その後1ドル99円まで
下がってしまったとしても
101円で注文が発動して
1円分の利益を確定することが
できる
ようになります

トレール注文では含み益が出ていれば
そのときの為替レートに合わせて
注文が成立するレートが変化するので

一度含み益が出てしまえば
通常の逆指値注文以上に
リスクを限定して取引が
行える
ようになります

いちいち手動で注文を出しなおさなくても
自動で為替レートに追従してくれる
非常に便利な注文方法なので

利益確定がうまく行かないという人は
トレール注文を試してみましょう

利確が苦手な人には特におすすめ

取引が行うときに利益確定で
悩んでいたりしませんか

せっかくの含み益が出ているのに
マイナスになってしまうのが怖くて
すぐに利確してしまい、なかなか
利益を伸ばせなかったり

逆に利益を伸ばそうとして
ポジションを持ち続けていたら
含み損に転落してしまったり

チャートを確認する時間が取れなくて
利確のタイミングを逃してしまったり

せっかく値動きの予想が当たって
含み益が出ていたのに利確のタイミングを
逃したばかりに損切りすることになってしまうのは

予想が外れて損切りする以上に悔しい物です

そもそも人は含み益が出ていると心理的に
すぐに利益を確定しようとしてしまう
ので
その場の判断で利確を行おうとすると
どうしても早めに決済してしまうことに
なってしまいやすいそうです

しかし仮にそのことを踏まえて
意識的にポジションを持ち続けたとしても
底値や高値を見極めるのは難しい
物です

常にチャートに張り付いているわけにもいかず
チャートを確認できない間に含み益が
消えてしまうといって事もそう珍しい
ことではないでしょう

しかしトレール注文を活用することで
今まで損失が出てしまっていた場面で
利益を確定することができる
ように
なるはずです

含み益が出ているのに
利益確定がうまく行かなかった
と言う人は一度トレール注文を
試してみるといいでしょう

トレール注文の注文方法

為替レートを自動で追従してくれるトレール注文ですが、
何を基準に為替レートに追従しているのでしょうか

トレール注文では最初にトレール幅と呼ばれる
値幅を決める
ことになります

注文を行った後の為替変動で高値や安値が更新されると
更新された為替レートからのトレール幅に
注文のラインが自動で変更される
ことになるのです

たとえば買いのポジションを持っていた場合
トレール幅を1円に設定していたとすれば

1ドル100円のときは99円、
1ドル101円なら100円に
1ドル102円になれば101円に

為替レートの高値が更新された分だけ
注文のラインが引き上げられる

ことになります

この場合では一旦引き上げられた注文のラインは
為替レートが反転したとしてもそこから引き下げ
られることはありません

102円で反転したとしても注文のラインが
101円から引き下げられていつまでも決済されない
といったことは起こらないことになります

トレール注文では自分の持っているポジションから
最初に指定したトレール幅の分だけ為替レートが
逆行したときに注文が発動することになります

一度為替レートへの追従が起これば
その後逆方向に移動してしまうことは
無いので、取引の決済時うまく活用して
みましょう

トレール注文が行えるFX会社

初心者でも使いやすい

外為オンライン

外為オンライン
おすすめポイント
  1. 初心者に人気!
  2. ツールが使いやすい
  3. 少額からできる
  4. キャッシュバックあり
  5. 外為オンラインの詳細へ

口座開設数50万突破!
初心者にオススメしたいFX会社

4000円と少額から始められるのが、初心者向けFX会社の外為オンラインです。
元AKB48の大島優子さんがイメージキャラクターを務めています。

1000通貨に対応しているので、通常の10分の1の資金から始められるようになっています。
初心者に支持されているのは資金面ではなく、取引の手軽さからもです。

外為オンラインではなんと、賢く代わって自動取引してくれる「iサイクル注文」を搭載!
日中忙しい方や、始めるタイミングに迷っていた方でもお任せでFXが始められてしまいます。

そんな便利な自動売買も、デモトレードで無料練習が可能。

口座開設費などもないので、お試し感覚から始めることが出来ます。

期間限定で5,000円のキャッシュバックキャンペーン中です!

取引コストがお得

FXブロードネット

FXブロードネット
おすすめポイント
  1. 自動売買が人気
  2. 少額からできる
  3. キャッシュバックあり
  4. FXブロードネットの詳細へ

取引タイミングの悩みから解放してくれるトラッキングトレード

FXブロードネットの最大の特徴は、ユーザーのわがままを実現した賢い自動売買「トラッキングトレード」です。

24時間あなたに代わって、忙しいときや寝ている間も売買を繰り返してくれます。
迷いがちな取引のタイミングをバッチリと掴んで、売買のチャンスを逃がしません。

1000通貨からと少額対応しているほか、使いやすいツールが全て無料なのも嬉しいポイント。

また電話対応から動画セミナーなど、初心者バックアップも万全になっています。

今なら最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中!

トレール注文のメリット・デメリット

便利なトレール注文ですが
実際の取引では注意が必要な場合もあります

注文の仕組みを覚えたら
次はトレール注文のメリットと
デメリットを確認していきましょう

利益を確定しやすい

トレール注文が最も威力を発揮するのは
利益確定をするための決済注文を行ったとき
です

利益確定や損切り自体は
指値注文や逆指値注文でも
行うことができますが

利益を伸ばしたり少しでも損失を減らそうとすれば
相場の状況によって注文内容を変更する必要が
出てきてしまいます

しかし、このような注文の変更は
チャートを確認しなくては行えず

常にチャートを確認できるわけではない
主婦やサラリーマンのトレーダーの方には
難しいでしょう

そんなときにトレール注文を行っておくと
決済ラインを為替レートに合わせて
自動で変更してくれます

チャートを確認することができなくても
損切りのラインが自動で引き上げられる
ので
今まで利確することができなかった含み益でも
利益を確定して決済することができるように
なります

底値や天井で決済するというわけには行きませんが
トレンドが続いている限り自動で利益を伸ばせる
ようになるので、トレール注文をうまく活用して
利益確定に役立てるようにしましょう

だましに弱い

便利なトレール注文ですが
デメリットとして一時的な相場の反転である
だましに弱いことが上げられます

FXのチャートは
たとえトレンドが発生していたとしても
一方方向の値動きが続くことは非常に稀で
上昇と下降を繰り返しながら相場が
進行していきます

このようなトレンド中の一時的な逆行が
最初に設定したトレール幅を超えてしまうと
その後トレンドが続いたとしても
途中で決済される
ことになってしまうのです

トレンド中といっても値動きは常に
上昇と下降を繰り返しています

トレンド中に決済されてしまう
ことがないようにしたい場合は

トレール幅に余裕を持たせて設定しておき
一時的な押しや戻しで決済されてしまわないように
気を付けておきましょう

トレール注文と相場の状況

トレール注文は相場の状況によって
使い勝手が大きく異なります

非常に便利な注文方法ではありますが
有効な局面とそうでない場合があるので
使いやすい状況と使いにくい状況を
しっかりと把握しておきましょう

強いトレンドが発生している

トレール注文では高値や安値を更新するたびに
自動で為替レートを追従してくれるので

相場に強いトレンドが発生している場合
損切りのラインが自動で切り上げられるので
トレンドが続く限り利益を伸ばすことができます

トレール注文ではリスクを
トレール幅に限定していますが、

狙える利益に上限はありません
トレンド発生中のトレール注文では
思った以上に利益が伸びる可能性があるので

強いトレンドが発生している場合は
トレール注文での決済を狙ってみましょう

しかし、トレンド発生中といっても
一方方向だけの値動きだけが起こる
と言うことは少ないので、

途中で決済されてしまわないように
トレール幅の設定に気を付けておきましょう

レンジ相場の場合

トレンド相場に強いトレール注文ですが

レンジ相場の場合では
その威力をうまく発揮
することができません

このような相場では一定の値幅内で
上昇と下降を繰り返すことになるので

高値や安値を予想しやすく
トレール注文ではトレール幅の分だけ
決済時にロスが発生する
ことになってしまいます

ただでさえ変動幅が小さくなりがちなレンジ相場で
決済のたびにロスが発生してしまっては
十分な値幅を確保できず、うまく利益を狙えない
可能性もあります

レンジ相場や十分な値幅が確保できないような
弱いトレンドなど、相場の状況がトレール注文に
向いていないようなときは別の注文方法で
取引を行ったほうがいいでしょう

トレール注文まとめ

自動で為替レートに追従して
決済ラインを引き上げてくれる
トレール注文は非常に便利な
注文方法となっています

しかし強いトレンドが発生している状況では
どんどん利益を伸ばすことができますが

レンジ相場で使ってしまうと
決済のたびにロスが発生してしまい
うまく利益を伸ばすことができなく
なってしまいます。

チャートはレンジ相場とトレンド相場を
繰り返していますが

相場全体でトレンドが発生しているのは
3割程度と言われているので、

相場の状態を見極めてから
トレンド相場に絞って注文の発注し
相場の状況に合わせた注文を行うことで

うまくとレール注文を活用して
利益を伸ばせるような取引を行いましょう