申告するのはいくらから?FXに掛かる税金とは

皆さん、今年の取引の調子はいかがでしょうか?

FXでは取引がうまくと
想像以上の利益が・・・
と言うことも珍しくありません

しかし「利益」となると
気にしなければいけないのが税金です。

FXを始めたばかりだと税金については
わからないことが多いと思います。

特にサラリーマンや専業主婦の方は
確定申告を行ったことがないという人が
ほとんどでしょう。

せっかく儲かっても税金の申告を忘れて
後から余分に税金を取られてしまっては
喜びも半減してしまいます。

ここでは申告の必要がある人の条件や
FXの税金についてご紹介したいと思います。

FXって何?と言う人は
マンガで読めるFX!FXって何?漫画でわかりやすく学べるFX
FXがマンガで分かる!漫画で読める初心者向けFX解説。FXや投資に興味はあるけど仕組みや専門用語がよくわからない…このサイトではそんな人向けにFXを漫画で紹介!FXのメリットや注意点は?初心者が始めるにはどの口座がおすすめ?ネットで調べてもよく分からなかったという人にもFXについて分かりやすく説明します。

FXに掛かる税金とは?

FXの利益は雑所得に分類されています。

FXの利益に掛かる税金は一律20.315%
所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%
を合計した割合となっています。

株取引とは違い、FXで一定の利益を上げた場合
必ず自分で確定申告を行う必要があります

まずは確定申告が必要な場合を
確認しておきましょう

申告が必要なのは?どんな人

大きな利益が上がれば税金の申告を行う必要がありますが
利益の金額によっては申告が必要ない場合もあります。

まずは自分が申告を行う必要があるのかをチェックしましょう。

一箇所から給料を貰っている場合

一箇所から給料を貰っている
サラリーマン(給与所得が2000万円以下)や
フリーター(給与が月88,000円以上)で
給与から源泉徴収されている場合
給与以外の所得が20万円を超えると
申告が必要になります。

給与以外の所得が20万円以下の場合
税務署への申告は必要ありませんが

FXの他にも給与以外の所得があると
FXの利益が20万円以下の場合でも
申告が必要になる可能性があるので
給与以外の所得の合計を必ず確認しましょう。

専業主婦の場合

専業主婦で給与所得がない場合
所得の合計が38万円を超えると
申告が必要
になります。

所得が38万円以下の場合
税務署への申告は必要ありませんが

所得の合計が38万円を超えると
FX利益が38万円以下場合でも
申告が必要になります。

給与以外の所得が38万円を超えると
扶養控除にも影響があるので注意しましょう。

扶養の範囲内で働いている場合

扶養の範囲内(103万円以内)で
パートやアルバイトを行っている場合

65万円を超える給与所得と
その他の所得の合計が38万円を超えた場合
確定申告が必要
になります。

所得の合計が103万円以下でも
FXの利益が多くなると申告が必要になるので
しっかりと確認しましょう。

専業主婦や扶養の範囲内で働いている場合
FXの利益によっては配偶者控除に
影響を与えてしまうことになります。

特に収入が130万円を超えてしまうと
社会保険の扶養から外れてしまうことなるので

扶養から外れたくない場合は
給与だけでなくFXの利益など
他の収入にも注意しましょう。

個人事業主の場合

個人事業主は所得の合計が38万円を超えた場合
全ての所得を申告する
必要があります。

すでに確定申告を行っている方が
ほとんどだとはおもいますが
FXの利益も忘れずに申告しましょう。

住民税用に申告が必要になる場合も

利益の金額によっては所得税が掛からないので
その場合、確定申告は必要ありません

しかし住民税では別の計算をしているので

確定申告を行っていないと
住民税の計算を行えないことがあり
役所から確認の連絡がくる場合があります

経費を申告すれば住民税がお得になるので
役所から連絡がきたらきっちり申告しておきましょう。

FX利益とは

自分のFXの利益がわからなければ
申告が必要なのかどうかわかりません

自分は申告が必要なのか
まずは利益を計算してみましょう

基本は売買の利益

FXの利益の基本は取引によって生じた
売買損益の合計です。

為替変動により売買で発生した損益の合計が
FXの利益の基本になります。

注意しないといけないのは
含み損、含み益は含まれない
ということです

決済注文が確定した後に
利益や損失として確定するので
申告するのは決済したあと
と言うことになります

どのタイミングで損益に計上されるのかは
FX会社によって変わる可能性もあるので、

最終的な損益は年間損益計算書で
確認
しておきましょう。

スワップポイントにも注意

スワップポイントを受け取っていた場合
スワップポイントも課税対象となります。

スワップポイントは
口座に直接付与される場合と
決済取引時に付与される場合など
取引口座によって違いがあるので
どのタイミングで計算されるのか
注意しましょう。

最終確認は損益通算書で

年が明けれるとFX会社から
年間損益報告書が発行されます

その年の損益が全て記載されているので
年が明けたら自分の損益を確認しましょう

年間損益報告書は申告時にも必要なので
所得税を申告する場合には用意しておきましょう。

経費を計上してお得に申告

FXに掛かった経費を計算しよう

税金の申告を行う場合
FXのために使った経費を計上することができます。

FXで認められる可能性がある主な経費は

・FX口座や銀行口座の出入金手数料

・取引に使うパソコンやモニター、スマートフォンなどの端末代

・取引に使う通信回線の費用

・取引を行う場所の賃料

・投資メモ用のノートやペンなどの事務用品

・書籍や経済新聞等の投資資料

・FXセミナーの参加費

・遠方のFXセミナーに行くなどの交通費や宿泊費

・投資情報の交換に掛かった飲食代

等です。

手数料などだけでなく
FXセミナーや投資資料など
想像しているより色々な物が
認められる可能性があります。

経費をきっちり計算するために
FX関係のレシートや領収書は分けて保管しておきましょう。

FX専用でないものの経費計算

端末代や通信回線、取引場所の賃料等は
投資資料などと違いFX専用ではなく
プライベートと共用している場合

多いと思います。

そういった場合
全てを経費として計上することはできません

どの程度の割合でFXの取引に
使っているのかを申告しましょう。

一般的なのはFXに使っている
時間の割合を考える方法です。

全体の三分の一をFXで使っているなら
金額の三分の一を経費として計上することになります。

経費として認められるかは税務署次第

実際に経費として認められるかどうかは
税務署に判断を任せることになります。

税金の申告を行う場合は申告前に
どこまで経費にしてもいいのか
最寄に税務署にしっかり確認
しておきましょう

確認せずに申告した場合
後から経費が認められず
追加の税金を納めることになる
可能性もあるので注意しょう。

損失が出たら申告したほうがお得

取引で損失が出ている場合
確定申告を行うと税金がお得に
なる場合があります。

損失が出てしまった場合も申告を考えてみましょう

損失を繰り越せる

FXで出てしまった損失は申告を行えば
3年間繰り越すことができます。

20万円の損失が出てしまった場合
損失を申告しておけば次の年の利益から
20万円分を相殺できることになります。

申告を行っておけば
翌年利益が出た場合
損失の約20%の節税となるので
損失を申告しない手はありません

20万円分を相殺できれば
およそ4万円分の得することになります。

出てしまった損失は仕方ありません

気持ちを切り替えて、損失の申告を行い
次の年からの取引を有利に進めましょう

別の投資との損益通算

FXの損失は他の投資商品の利益と
損益通算できる可能性があります。

CDFや先物取引など
他の投資を行っている場合は
FXと相殺できるか調べてみましょう

もちろんFXの別の口座の同士でも
損益をまとめる
ことができます。

FXの税金に関する注意点

損益の確定と税金の支払日に注意

損益の計算は12月31日ですが
確定申告の期限は3月15日です。

利益が確定してから実際に税金を支払うまで
3ヶ月以上
のタイムラグがありますが

当然その間もFXの取引を行うことができます。

もし、年間で多くの利益を上げていて
年が明けてからの取引で大きな損失を出してしまうと
過去の損失は通算できても、未来の損失は通算できません

前の年の利益分の税金を請求されてしまうので
税金を払うためのお金がなくなってしまう可能性があります。

せっかく大きな利益を上げてもその後の取引と
税金で結局マイナスなんてことになってしまえば
目も当てられません

年明けから納税までの期間は税金のことも考慮して
取引
を行うことが非常に重要なので、レバレッジや
残りの資金には十分注意しましょう。

申告は忘れないようにしよう

利益の申告をわすれてしまうと
もし税務署の調査が入った場合

申告を行わなかった場合は15-20%
さらに悪質だと判断されてしまうと40%
税金に上乗せされてしまいます。

実際にはこれに年率7-14%程の利息がかかるので
発覚した時期によってとんでもない額の税金を課せられ
そのときの資金によってはお金が足りないなんてことに
なってしまう可能性もあります。

実際に数億円を請求されているニュースもあったので
利益を上げたらきっちり申告しておきましょう

忘れていた場合は早めに申告しよう

もしすでに申告を忘れてしまっている場合は
早めに申告を行いましょう

税務調査で税金を払っていないことがばれると
追加で15%-20%、場合によっては40%プラス利息まで
取られて、利益のほとんどを失いかねないほどの
税金を請求されることになってしまいます。

しかし税務調査前自分で申告すれば
5%ですむ
場合がほとんどです。

税金の申告漏れに気付いたらなるべく早く
税務書に相談して正しい申告を行いましょう。

FXの税金まとめ

・FXの利益は雑所得で税率は20.315%

・一定以上の利益を上げると確定申告が必要

・源泉徴収されている人は20万円まで申告不要

・他の収入がない人は38万円まで申告不要

・FXの利益は売買差益と、スワップポイント

・利益の確認は年間損益報告書で

・FXに掛かった経費を申告しよう

・損失が出た場合も申告しておくとお得

・別の投資との損益通算も

・利益の確定と支払いのタイムラグに注意

・申告は忘れない、忘れたら早めに税務署に相談

以上FXの税金についてご紹介しました

所得の申告はFXに掛かる税金以外にも
配偶者控除や社会保険等にも影響を与える場合があります

心配な場合は最寄の税務署に相談して
自分の状況に合わせた利益が出た場合の
注意点を確認しておきましょう。

税務署と言うと堅いイメージがありますが
電話でも気軽に相談できる上に想像以上に
親切に対応してくれるはずです

税制が変更になった場合や税務署の判断などにより
記事の内容とは違う結果になる場合があります
税金の最終確認は必ず最寄の税務署で行いましょう